16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

モーター交換するにも…押さえの「ツノ」が無いぃッ!!!



いろいろ調べてたどり着いて、455/583用のモーターは手に入れた。
そのモーターがちゃんとTOMIX動力車(モハネ582)床板のモーター部に
カチっと嵌まるかどうかも確認しました。はい。

0202 455 1

モーターは、床板側の立ち上がりモールド(両端にある)にカチっとハマって
固定されるわけです。
はい、画像↓でニードルで指してる、本来有るべき部位(ツノ)ですね。

0202 455 2
今回の画像は、どちらもモハ454、です。

もぉ、画像に見えてますけど…下の454の床板のその「ツノ」……


ない!!!!(無い箇所をニードルで指してます↓)

コレに気づいたときにはもぉどこにも見当たらないさ…_| ̄|○
0202 455 3

モーター嵌めてみたけど当然前後にガフガフに動く…
ああもぉ"ツノっこ"どこやったんだべ…と探してタイムロスするより
手を動かした方がいい。
といっても…
取り敢えず薄手の強力両面テープでやってみるしかないですね。


床板は離型剤がたっぷりで
何故かモーター筐体にも両面テープが食いつきませんでした。
モーターにも離型剤が回ってる??(だとしたらすごいね、離型剤)

0202 455 4

ので、
例によって
アルコール含有のウェットティッシュでゴシゴシ拭き取ってから両面テープで固定。
回転させてみましたが、ビビリも揺れもなく回ってくれました。
インテリア(座席)パーツ側からもサンドイッチされM位置は固まりますが
フライホイールを打ち込んで回したらモーター挙動変わるのかな……

次回はこのフライホイール抜きについてだと思います^^;


始発駅ホーム。改良前のひとコマ。

TOMIX-HO 455「急行くりこま」。
不動になっていてずっと箱の中に有り、
むしろNのTOMIX 455でくりこまを走らせたくて購入してみたりしてました。

0209 455 16

が、2018年、モーター移植(from モハネ582)というきっかけを得て
唸り音はすごいけど、16番455が久々にレイアウトで動いてます。

0209 455 22

やっぱ455はカッコイイですね。
「あの頃」のくりこまのあのMT54の唸り音にも似ていたり(笑)

0209 455 10

にしても455/6両1Mはまぁギリだとして…
583/9両1Mのままではかわいそうなのよね。
サンライズ285は7両2Mだし、常磐線用E231-0も7両2M……はぁ??何ですと??

おほん…^^;
ま、いずれ2M化すべく、これも追って記事にするとは思いますので……

このスナップを撮った後、終端駅構内の軽いバージョンアップ作業を行いました。
0209 455 13

特急乗降専用7番ホームのみですけど。

本当はホーム全体にアクリル板なりで
カバー兼ねてROOF掛けたい思いもあるんですけどね。
0209 455 9
これはいろんな考えあると思うんですけど、
実感求めるなら屋根ですけど…
見えなくなっちゃうのは本意ではないのですよ。。
というのをROOF掛けない言い訳にしておきます。。。。

TOMIX455/583系のモーターだけなんとか交換したいッ!!! (長いよ)


2/12に「動力解除」の記事を書きました。
解除したら、再度電装化を企てたくなりますよね。


ココの通販の軍門には下りたく無くて
既出ですが他の通販店から買ってたのでした……
しかし即・在庫として有るのはこの店しか無く……

------------------------------------------------------------

ん?通販?在庫?なんのこと?

TOMIX純正パーツHO-M83は流通してない(品切れ中)し、
そもそもフライホイールもラグ板もモーター損傷に関係なく
転用できるのに、M83まるまんま買うの、もったいないですよね。

0210 Layout 21

いい機会だと思ってTOMIX HOに使われているモーターについて
1/28-29に、いろいろ調べたりしてみました。

他のモーターはわかりませんが…
鉄道模型に長けたショップのひとと話出来るわけでもないので…
自分の使わんとするモーターに関して、三段論法を用いました^^;

0130 CN16
(お逝きになったモーターのなきがら…)

TOMIX 583/455で使われてるモーターのラベル見ますと…
製造元CANONプレシジョンで言う処の商品番号DN16-T52N1B
それとは別に製品番号として CN16-02801とある。
逝ったモーターの各部寸法をデジタルノギスで当たってみましたが、
CANONが公開してる諸元とピタリ。
canon CN16-06401

TOMIXでモーター単体を別売してない(公的には品番さえ明かしてない)となれば
他でCANONのモーターを使ってると言ったら…MPギア等のエンドウ。
エンドウはモーターは消耗品との位置づけで各種別売してる。
カタログPDFで確認すると、品番#5614(廃番)のところに
製品番号 CN16-02801/商品番号DN16-T52N1Bと見たこと有る英数字。

三段論法的には…
ゆえに、エンドウのこの#5614(製造終了だけど)と
逝っちゃったTOMIXモーターは"同一モーター" 。
#5614の商品名は「CN16 強力型高速用両軸」。
0131 cn16 12

四段論法ってのがあるのか知らないけど…
この5614の"商品名"やプレシジョンの品番でクロス検索掛けて行きましたら
CANONプレシジョン商品番号で02801ではなく06401てのが出てきた。
エンドウ品番#5622 商品名「CN16 高速用両軸」です。

お! 廃番5614の後継商品?!
見つけたか?!
と5622で更に絞っていくと、
在庫ありというショップがHIT!
そこには画像も載っていて、手元にあるTOMIXのモーターとも同じお姿。
トルクや回転数は違うかもだけど……
これで試してみるしか無いよね。

もし、ダメだったら授業料差引きでオクに出せばよし…
-------------------------------------------------

はい。それで冒頭のお話となるのですが…

………。
0131 cn16
IMONでした。好きでは、ないのです。経営者が。

WEBや「一部の店員さん」は丁寧なんですけどね。
過去にはモンタ?も池袋店も秋葉原店も結構利用させて貰ってたし。
てことで、まぁ…1/29夜、4台手配してみました。決済もクレカで完了、
1/31に手元に届いております。
0131 cn16 11
左が逝ったモーター& FW。右がうわさ(笑)の#5622 CN16-06401
見た目、寸分たがわぬ形状です^^ ここまでは「成功」。

え? モーターのラグ端子も違うじゃん、て?
いえいえ、コレはTOMIXが組みやすいようにハンダ付けしてるだけ。
ラグ端子の再ハンダ付けに手間取りそうなら(モーターに熱持たせれないものね^^;)
0.2銅線でやります。その方が慣れてきたので^^;
02801 202801 1


そもそも、逝ったモーター軸からフライホイールはどお外すのよ?て?
ちょっとやそっとの道具でははずせませんわな。知ってます。
ミニ四駆やってた人ならわかりますよね、あのピニオンギアは
ハンドパワーじゃもちろんペンチでも外れない(てかギア山潰すわ)。
ま。
その『道具』の原理はワインオープナーみたいなもんですが
その道具は実家にあるので、この時点で試せるのは
モーターが実際にシャーシに嵌まるかどうか…↓
0131 cn16 13

外径等寸法は同一ですがやはり一抹の不安は…ありますよね。
どこにも書いてないことをやってるんだもの。
「嵌まれ!」とばかりに、モータースペースのところに……

「カチッ!!」
0131 cn16 14

かっちり嵌りました。良かった。


今回調べるに至りましたが、知らないまんまだったら
逝っちゃったモーターはフライホイール付いたまま安置所行き…
けど、難関はギアプーラーで果たしてほんとにFWが外せるかどうか、です。。


0210 Layout 11


なんにせよ…
ネットが無かったらまずたどり着けない結論ですよね。
1980年代90年代あたりまでだったら諦めるしかなかったですね。
て、その頃はまだ「HO」にNメーカーは参入してないか。

キット組西武401系421F修繕工事も着手



着手ってほどのもんでもないですけど…

色ハゲもブラスの421Fの方はかなり見受けられますが
それはもぉもはや「ナチュラルウェザリング」…
いや、単なる経年劣化ですけど…タッチアップしてもしょうがないので
いじらず。。。。記憶はあんまりないけどLED室内灯にはしてたんだね^^;
0210 405F421F 1
(421F)

例えば405Fはロコモデルのペーパー製ですからね、
40年も経てば反りもくれば金属部分もボロッボロに…

405F Cooler
(405F すごいですよね、この劣化…)

テールもまともに仕込まないままウン十年…
Nゲージに行って戻って?来て…
…Nをいじっていて、余剰をストックしていた電装パーツが
ひょっとして401系に転用できるのかな、と思ったり。

手始めにクーラーとTN密連化を。
405F Cooler02

仕入れておいたTOMIX HO-R18 AU75Bを洗浄して乾燥させ、
乾ききったところでグレーサーフェーサーを吹き付けてみました。
2/4は気温もマイナスではなかったので、ささっと外でやってみました。
0204 405f 4

ほんとはこのあとグレーを吹くつもりだったのですが
サーフェーサー吹き上がりの艶ナシ状態が褪せた感じで
自分的にしっくりきたのでこのまま使いましょう。
0204 405f 5

完全に乾いたところでスミ入れ。
これも最近多用しているガンダムシリーズの
「ガンダムリアルタッチマーカー」アソートのGM402を使用。
0204 405f 7
(左はデフォ・右がスミ入れ後)

サーフェーサーなだけに、ペンが「拭き取りタイプ」ではありながら
はみ出ると拭き取れない(食いついちゃう)感じだったので…ちと注意しながら……
ま。グレーひと色よりはアクセントになります、わな^^

次は電連付TNカプラーへの換装(後述)。
Nのパーツ流用してテール点灯化とかもやってみましょうか。

なにより、マスターピース「NSドライブ」マウントなんですけど……
0210 421 NS 02

このNSドライブに初期的な不具合が生じており
マスターピースに対応を仰いでる処。
2/9事象発生し作業・通電中止。
速やかに連絡しましたが2/14現在ノーリアクション。
ばっくれするつもりかな。ばっくれたら
そん時は弱小ブログだけど、ココで思いっきり叩くけどね(笑)

追記:あまりにリアクションがないのでHPに記載があるメルアドではなく
2/15に通販の送信フォームから再送信したら「届いてない」と…
なので送信フォームから再送信いたしました。
購入の時と同じメルアドなのに今回のが「未着」ておかしいけどね。。。

さらに追記:営業妨害はしませんよ。
ただ「こういう処は気をつけたほうがいいよ」てのは
購入検討する方のためにも事前シェアすべきと考えます。
あたくし自身、他の方々のこのシステムについての取り扱いの注意については
大いに参考にさせていただいての発注でしたし。

顛末は……別途記しましょう………


あの大地震について、きちんとその日その時刻で投稿されるように
予約しておいたはずのものが…タイトルだけフライングしてしまってるようです。
恐れ入ります、3/11に改めて読んで頂けたらと存じます………。

進ませてます。285系窓遮光とインテリアシール施工



手順としては、
ロールカーテンの「閉め」具合をまずおよそ決めてます。
過日記しましたが…
・カーテン締め切って部屋の明かり消して就寝の部屋
・カーテン全開/少し開け/全閉で、乗客はまだ起きてて明るい部屋
・この日は空き室でカーテンは開けられたまま暗い部屋
に概ね区別されます。

0204 クーラー 1
(記事はこぉですがリアルタイムでは完成しており、クーラーもサハネはスミ入れしてみました、の画像)

富塚さんの室内表現シールは値が張っちゃうので「増結3両分」セットのみ購入。
モハネ285のびのび座席車/サロハネはその車両だけに使用が限られますが
サハネ285のは基本車両にも「分配」できそうなので、
カーテン部増やして、分け合える範囲で間引きして使おうという魂胆です。
富塚さん、基本セット分購入しないでごめんなさい。

0203 インテリア 1
シールは使い切れば、プラのインテリアパーツが全てシールで覆われる位
とことん作られてますが…概ね閉じるカーテンで見えなくなりますし、
カーテン開の部屋を外からみる限りでも、死角になるところまでは実は「見えない」。

てことで、7両やってかなきゃいかんわけだし、、
ここはモチが途切れないのを優先、と理由をこじつけておきます。

例えば、ハネの基本構造は通路が真ん中なので
通路用のシールはまったく外から見えない=貼らずに室内用に転用する、とかね。
そこは「アイディア」てことで
0203 インテリア 2
光の回り具合と部屋の(前述の)設定を鑑みながら
階下の遮光も試みてみました。右から2番目の部屋がそぉです。
例えば↑海側1F右端は乗客はいるけどカーテン開けてる、
二番目は空室でカーテン全開、とか。
いかばかりかでもその列車に「STORY」を入れ込めます^^

2Fでは、プリズムギラギラを隠すのとシースルーを避けるため
ロールカーテンは半開以下を基本としましたが
1両辺り1〜2部屋位はぜーんぶ開いててもいいかな、とプリズムを遮ってみたり。
(例えば2F 左から2番目の部屋)
0203 インテリア 3
こちらの画像は…山側1Fの「空き室」を2つ設けてみた図。
室内灯の光が届かぬようアルミテープで遮断してみました。
インテリアパーツが1Fと2Fと分解出来るので、1Fに入る光の開口を塞いだだけだけど。

このやり方はのびのび座席のモハネにも使えそうです^^
あの車両はめちゃ窓が多いので尚効果が得られるかも。
アルミテープの付き具合は汚いですが見えなくなるので。
どこかの貸しレで、他人の目に触れるところで走らすわけではないので、いいのさ〜。

けど、効果は出ましたよ^^
0203 インテリア 4
ここは、どぉ見えるかボディ嵌めて確認しましたが、
「今夜は空き室」感が出せたと思います。

壁面のシールは「通路用を切継転用」したりして節約。
これも、窓からですとそぉ解るもんでもありません^^;
ただ、上からみる機会が多くなるわけですから
ベッドシーツ(ホワイト)だけは、シールの余白部分を使って
現物採寸カットして、全室貼っておきました。
0203 インテリア 5
壁面も室内シール用いた部屋だけは浴衣表現迄有る純正シールにて。
0203 インテリア 6

シール貼っては、ボディかぶせて具合を見て…
このサハネだけはなんかボディがガバガバかも????
以降の車両はこのサハネで学習/検証出来たのできっと大丈夫でしょう^^;

0204 クーラー 2
(285のクーラーのスミ入れはタミヤスミ入れ塗料{黒]を用い、流し込み、拭き取り)


インテリアプラパーツも離型剤がシールがくっつくことを阻んできますので
例によってアルコール含有のウェットティッシュでとことん拭き取ってます。
(もちろんここは皆さんのやり方で。中性洗剤で洗浄ももちろん良きでしょう)



デュアルキャブコントロールのパネル


16番ブログは書き出してから永く経つので
まぁ、重複する記事も出てきます^^;
今回は、1/28「転線」のところで触れたデュアルキャブコンの事を。

デュアルキャブコンのシステムそのものは専門書を読み、
理解頂くしかありませんが(16番やってる人は凡そ解ってる、かと^^; )…
ウチのコントロールパネルについてです。

0105 CONPANE 01
体裁のいいBOXとTOP面は自分では出来ませんので家具製作所への外注。
内部は「あの頃の自分」が全て配線結線ハンダ付けを行ってますが
今となってはおそらく自分でもわかんないっすね。
「なにがなんだか」ってくらい箱の中は煩雑^^;

TOP面には光を透過するタイプのアクリル板+カッティングシートを奢ったので、
内部に仕込んだテープLEDによって、実にかっこよく演出されます^^;
(後方/高架本線駅には魚の骨が居ます^^; )
0105 CONPANE 02
夜間の運転もなんだか気分がいいのですが…
しかしながらポイントスイッチの操作部分になんもしてないので
中途半端。いまはテープLEDも安価ですので、ここはテープLEDを設けてみました。

あと…カメラカーは今はSONYウエアラブルカメラHRD-AZ1ですのでとても高画質。
カメラとiPadがwifiで結ばれてるので、モニタリングも手軽になりました。

ただ小規模wifiですのでモニタリング映像はちょいちょい途切れます。
ちょっとストレスですね。
ただまぁカメラ本体で録画(microSD)が完結してるので
動画データが途切れることはないです。
(映像をトランスミッターで飛ばして〜トレインスコープとかね〜それをHDD録画するとひどく荒れる)

0105 CONPANE 03

それと…
スノウプラウの記事のコメント欄から
「なぜ当区だけの仕様なのか」というのを頂きました。
公開希望ではなかったのでコチラで記しますね。

高架本線も地上線も全く勾配がないのでレールに接触しないんです。
地上⇔高架線接続線には勾配もありますが、フレキシブルレールを用い
さらに、勾配起点と上がりきった点には緩和勾配区間も設けています。
クルマでも、緩和勾配ないとフロントエアロスポイラーとかガリったりするでしょ。
(いや…緩和勾配有っても下げ過ぎてればガリっちゃうけどね)
あんなイメージですかね。
うちは、システムレールの宿命のあの実感的ではない「ガクッと折れる」ようには
なってないので、当たらないのです。

あと、ポリシーとして(カメラカーで見た時グラグラなるのは気持ち悪いので)
敷設の際、地上線も高架本線も駅構内も「不陸」出ないようには結構留意しました。

てところでしょうか^^

285系 ブラインドカーテン。遮光施工開始。


予備車クハ455を使ったりしてブラインドカーテンの遮光の方法は決まった。
車両の「シースルー」もどうにか解消できそう。
0202 遮光施工 7
(↑これはまだシースルーのデフォルト状態)

前にも述べてますが
室内灯を入れ込んでる方々のサンライズは「全開」状態。
カーテンを仕込んでいても完全遮光して『寝てる部屋』にはしていない。
ここは、他人と違えてワンオフ仕様にしたい。

なにより、
人々がそれぞれにロールカーテン下ろして就寝し
(中には眠れないで過ごす方もいるでしょう)、
それでも愛称板やデッキを煌々と点らせて夜を貫く夜行列車、
それがイイんであります^^


まずは窓パーツを黒塗り。
0202 遮光施工 6

それと、マスキングテープへの黒塗り量産(といっても1両ずつゆっくりじっくり)。
0202 遮光施工 3

富塚さんのカーテンシールを1両分切り出して、貼り合わせ量産し
全開/全閉/ちょっと開き、とかを適宜雰囲気で貼り付け。
0202 遮光施工 1
0202 遮光施工 2

あと、Tormのプリズムギラギラを少しでも抑えておくため
ガンダムマーカーグレー(黒では外から目立つ恐れがあるため)GM12で塗りました。
まぁ、ここは外から塗りムラが目立つとこではないのでラフに…
0202 遮光施工 4


0202 遮光施工 5

ブラインドカーテンの開け閉め具合と遮光テープ(マスキングテープ黒)で
どう見せるかを、実車写真と見比べつつ、施工を進めています。
手順対効果を悩むのも楽しみだけど、
やっぱ方針決まって、工作進めていく方が楽しさ倍増(以上)ですね



画竜点睛のひと手間を^^ スミ入れ。


かねてからここで述べてますが…
細密化よりも「列車」にするための加工をプライオリティに。
工作する順位ってのがなんとなくあるんでしょうね、自分にも。
(ああ、まぁ…細密化するまでのスキルもパーツの仕入れルートも知らないから、が正しい)

号車番号や種別/愛称名(電照でもサボでも)貼りもですが
窓全開の車両にブラインドやカーテン取付は「生命が入る」と思うんです。
乗客シルエット入れたら尚いいよね^^
(この記事は発売前に予約投稿しといたやつですが、いみじくもRMM271号の
P.32のキハ35写真にもそんな"見栄え"のことを記してありました)

0204 5834
( ↑ はみ出まくり…いいんです。コレで。)

KATO-HO(出し始めの頃)でオハ35?出した時かな、
窓が半開の別パーツ付けてたなぁ、と思うのはデジャブなのでしょうか……
こてはし鉄道さんにおいては、車窓から乗客が手を振るギミックを拝見しました。

ウェザリングもそぉですよね。
「現役感」がぐっと出ます。
手軽いウェザリングのポータル…スミ入れも案外インパクトあったりします。

こと、
このリアルタッチマーカーはサラサラに近いので
仕上がってるプラボディのスミ入れには向いてるようです。
0204 5837
あたくしでもサクサク楽しめるくらいですから。
水性で、こうして(TOP画像)はみ出して塗ってよしなもんで、ストレスフリーです。
半乾き後に綿棒で凹部のスミまで拭き取らないようにササッとやれば完了。

0204 5836

折戸のヒンジ部も、非常出入口の溝も、トイレメンテナンス蓋も、
コック蓋も、ルーバーも…ついでなのでみんなやっちゃいました^^;
ただ、水性ですからいつかは「弾き」で薄れるかもですね。
そんときゃまたやるか、防止のために水性クリア吹くか、です。

いずれにしたって、
ブラ完ではぜえったいに施す勇気が出なかった施工

沓摺のSUS部も銀挿ししておきました。
0204 5835

むかしだったら「カラス口」なんてゆうのでやってたわけですが
格段に作業が楽になりました。
プラ製品ですので、ほんと気軽/気楽に向き合えます。

583の屋根の銀色も登場時だけ…もっと黒にしたい^^;
屋根と下回りは、号車シールやサボ貼り後クリア吹こうかな、
とも思ってたので、併せて気候が穏やかになる春以降、考えましょう^^;;;;


窓遮光② クハ455でカーテン面の灯り具合検証



2/8の記事で書きましたが、
285系で確実に余るブラインドシールを用いて
予備車クハ455に仕込んでみました。

0131 455 06

照明装置はTOMIXの純正を持っていないので
285系で使うのを断念した庄龍さんのユニットを仮に仕込みました。
(なので暖色系ですが、色合いじゃなくて遮光の検証なのでコレでいいんです)

で、どぉ285系で遮光施工していけばいいのか検証しました。
既出ですがカーテン内貼りしただけ/黒くしたマスキングテープで貼り重ねても
照明ユニットの灯りは透過してしまいましたよね。
これでは「消灯して寝てる」状態にはなりません。

再掲しときます↓
0128 285 119S
このままでは夜のシルエットは「魚の骨」のまんま。

1Fシングルのカーテンの「ぼや〜〜〜」と窓縁から明るいのは…
窓パーツがプリズム代わりになって回折しちゃってるんだね。
Nゲージ車両ではまま有ること。

回折防止するには窓以外の部分を黒く塗ってしまえばおよそ解消されるのは
N車両で経験済…
クハでは、半分だけ黒塗りし半分は塗らないで、その差を検証。
後位の窓ひとつをこのように(↓画像で言う左端のサッシュ部)してみました。
0131 455 05

TOP画像の右端が、それね。


外も多少明るさ有りで、遮光具合を見てみました↓
0131 455 07
サッシュ以外の窓パーツをガンダムマーカー黒(GM10)で塗った上で遮光した
後位1窓(右端)はこの状態でも完全遮光になりました^^
左半分、窓パーツを黒く塗ってない処は285同様、光が回折して漏れてますな。

いよいよ真っ暗検証。
比較のため、上↑の画像と同じアングルで撮りました↓
0131 455 08

ハ座や通勤車両やサロ581のような開放座席なら、
下げたロールブラインド部はむしろ「透けて良い」のですが
285系は個室寝台ですから、ね。
右端の窓…もはや窓なのかどうかもわからないくらい「真っ暗」です。
これが意図する処です^^


幸いなのは、285系はほとんどが個室ですので、
窓パーツを全部黒く塗りつぶしても、反対窓からその「黒」が
見えずに済むということですね。
0201 455 2
どぉいう意味かは…↑画像↓見ていただくのがいいですね。

開放座席ですと、遮光施工した内壁が反対側面からかくの如く、
黒く見えて却って実感を損ねますから。
0201 455 1

遮光の方針は定まった気がします。
まず、ここまで自力でたどり着けたのは進歩としましょう。


モハネ582/モハ454 動力解除


以前も書きましたが、
tomix 583系動力車モハネ582 2両のうち1両のモーター音が
どぉにもうるさいので再度バラしてみました。

0207 455

台車内のギアなのか、
フライホイールかシャフトのブレなのか、
モーターの振動(かなり強い固定にはなってるようですが)が
床板に当ってビビリ音出してるのか、
モーター自体なのか…

モーターから遠いところから診断しつつバラしましたが
やはり以前と結果は変わらず。
0123 582 1

アウト。

モーター内で発生してますな。
これはもぉ、ど〜〜〜にもなりません。
CANON PRECISION(キャノン精密?)の工場は大陸なの??
エンドウのも同じCANONなのに耐久性も静寂性もいいてどぉいうこと?

とにかく…買った時からこぉなので、
その時「おかしい」て申し出れば…と軽い後悔をしつつ…

0123 582 2

現時点でHO-M83は…どこの通販も本家テックステーションでも在庫なし。
再生産するんだろうか。なんか2年くらい切らしてるみたい。
ともかく、一時的にトレーラー化するため
台車ウォームギアからモーターまでを外しました。

583系9両の編成で動力車1両では走行に負荷が多く掛かるかもですが
当レイアウト本線は全くの0勾配で、カーブも緩いので長編成にも優しい。

まぁ、重いようなら7両にすればよし。

0123 455 M1

実は、保有のTOMIX 455系のモハのモーターも早期に逝っちゃってから、
当時ブラスの自分は手の施しようもなく…ずっと箱の中。
こちらはもぉ、2両あるモハ454どっちも不動……

0123 455 M2

583系2Mのうち1M初期不良、455系2Mは先述の通り。
TOMIXがHOに進出した頃のモーター不具合率75%…て…

メーカーはさ、
モーターってのは消耗品なんだからさ、常時在庫するべきよね。。。

モーター本体にCN16-02801とか
DN16-152N1Bとかというラベルが有るので
これを頼りにモーターだけ見つけれたら、なんとかなるんだな、これ。
集電板もフライホイールもモーターと一緒にお蔵入りさせるのは勿体無い。
HO-M83とかはこれらがオールインワンだから高いんでしょぉ?
0123 455 M3

不動になっちゃって、HO-M83も入手困難状態で、
走らせられなくなってる人は少なくないんじゃないかなぁ。


あれでしょ、フライホイールなんかは
『アレ』使って抜けばいいんでしょぉ??^^
--------------------------------------------------------

てことで、せっかく実家に居て16番レイアウトが目の前にあるのですから
モハネ582から外したちょっとやかましいモーター、モハ454に移植しました^^
プラ6両1M、そして583 9両1Mは平坦の本線に於いては
全く問題なく走ってくれました。
(多少負荷が多く掛かってるかもなので長時間は走らせず)

え?
動画観たい????
0210 Layout 20
(2・11 撮影分)

「有るよ^^」 (田中要次さん風)

編集さえすれば…だけどいつのことやら……
次のページ

FC2Ad

まとめ