16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

たまには583「はくつる」も担がないと^^ 6/9-10の走行会



現実ではアリ得なかった「上野口」でのシーン…
リアルシーンならエメラルドグリーン1色の103系というところ。
(厳密には優等列車と通勤電車~高架ホーム~が並ぶというのもそうそぅ無かったかと…)
0610 583 1

模型ならではのシーンと申し上げましょう。
レイアウトの「時代設定」とかをしばっちゃいますと、
こんなこと出来ないんで、当区はそこそこ自由に^^
かっこいいと思う車両、乗車の想い出がある列車、元地元西武……
あれやこれやが混在します(笑)。

0610 583 4
583系は以前も述べてますが「寝台使用状態」でベネシャン閉じ、です。
けど、デッキとトイレのみ常夜灯のように仕立てた時、
イレギュラーにベネシャンも一部ですが「開けて」みてます。

285サンライズ(サハネ1両しか手ぇ掛けてないなぁ…)でも行なってますけど
これをやると「列車」になりますよね、なんか^^
0610 583 2

サロのサイドビューもしかりです。
0610 583 6

地上線の構内と高架線…
思えば自分のroots的なのは「上野」なのかもしれませんねえ…

(と、勝手に想い出補正ww)

0610 583 3

583の下回りも、黒ツヤプラ色といえばそぉです…
長距離ランナーぽく、マカボニーで現役感醸すか、
エースランナーなので…果たしてよごしちゃっていいのかどうか
迷うところではあります。

0610 583 8
いずれにせよ、10系客車もでしたが
583の銀屋根時代は大して長くもなかったしすぐにヨゴレてしまってた感あるので
屋根やクーラーや、交直流機器の有る部分とかはヨゴスほうがリアルかもですな。

0609 231 28
ほぼ新作?のE231の屋根塗装は結構ツヤを落としてるので好感持てますが…
583の屋根がツヤピカなのは、ちょっと私的には「違うなぁ」なんですよねえ。

ただ…なんせ9両ですからねえ…クーラーキセやベンチレータにスミ入れするにも…
根(こん)が続くかどうか…
地道に「数両ずつ」やればいいのかな。。。。。
0609 231 30

223-2000もまだ施す処たくさんだし、
それこそサンライズ285だってまだまだインテリア未完…
14ハ座も、455くりこまも、ブラインド入れたらぐっと急行列車感でるんだろうし…
10系は室内灯(常夜灯)も入れなきゃならんと思ってますし。

義務感背負わぬよう、やれるところからやりますかぁ…^^
クルマ(いちぶんのいち)も構いたいしさぁ〜〜^^;

KATOの14系ハ座 現役感演出の、続き。


0605 14PC 13

はい、続きです。珍しく同一形式連投です。

屋根や下回りが完全乾燥するまでの間の「細かい作業」です。
12系には無い独特形状のキセカバー。
0603 14PC 13
ですが、樹脂色のままで艶ありでのっぺりで残念。

まずは洗浄/乾燥後ねずみ1号を吹き、さらに乾燥後つや消しでマットにしました。


スミ入れは…かなりの手間でしたが…(なんせ5台x6両分)
仕上がった後の実感味はだいぶ違うだろうと信じてコツコツと…
角型ベンチレータの通気口ガラリ(72面……)も全部黒スミ入れ……
0603 14PC 14



よごしを終えた屋根に、いよいよパーツを取付けました。

0603 14PC 15
(真ん中のは比較のため、スミ入れ未施工)

ちょっと強い?と思われそうですが
編成にしますと、まったく問題なかったです。
0603 14PC 16

下回りもよごしていきました。
つや消しで完全マットにした台車/床下器具(床板)に
ウェザリングマスターで、これは適宜ですが、錆色を施します。
0603 14PC 17

床下もこうやってみちゃうとなんですけど…
編成にしちゃうと「ぽく」なったので、ヨシと……
0603 14PC 18
エンジンユニット部の色合いは、実車写真見比べながら総合的に判断しました。

(さすがに製品のグレー樹脂色のまま↑ではアンバランス)

こんな表情にしてみました。
0603 14PC 26
0603 14PC 24


組み上げを急く、そんな気持ちを敢えて抑えつつ、下回りを組みました。
0603 14PC 31

おお。
自分スキルにしては、まぁまぁいいんじゃないの〜。

0603 14PC 32

デフォよりはいい、てことにしてください^^;
て、また長くなっちゃいましたね。

ああ、でも、こんな感じにはなりましたよ。
0604 14PC 9
0603 14PC 34


(まだ加工したところがあるんで続く)

10系現役感演出に気を良くし、続いてKATO 14系ハ座を。


TOMIX 10系の記事はだいぶ見られているみたいで
なんか、あんなんですみません、ありがとうございます。

0603 14PC 1
(室内灯装備以外外観は手付かずの14ハ座)

10系客車では、生産時期で微妙に色合いも違い、
それが「味(風情)」にもなりましたので、
ソレに乗じてクルマの艶やウェザリングの出具合も変えてみたりしました。

0603 14PC 2
(下回りもプラ色〜ツヤツヤの黒のまま)

今までも何度か登場してましたが、
それが14系となると事情はちょっと変わりますよね。
波動用の客車、とはいえ6両が1セットなものですから
10系とは異なり、およそ一定なよごし方をせねばならないでしょう。

(今後とっつくであろう電車編成もそぉなりましょうけれど)

0603 14PC 3
(↑屋根はメーカーで一旦塗装吹いてますがツヤツヤで不自然。クーラーは樹脂色まんま↓)
0603 14PC 6

「編成モノ」なので、まとめてやるほうが別々より統一感はでるかな、と。

てことで、まず屋根。
ぜぇんぶ分解して、離型剤洗浄して、完全乾燥させ、ベースに留め付け、
つや消しクリアを二度に分けて吹き…艶を抑えました。
0603 14PC 9

艶抑えるだけでもかなり「ぽく」見えてきます。

0603 14PC 10

下回りは、実車写真を調べますと10系ほどに「錆色」「茶色」のが無いので
14系はマカボニー吹かずに、徹底してつや消しを施した次第。

0603 14PC 8


屋根は…10系でそこそこ表現出来たことに味をしめた(と自分は思ってる^^;)ので
クーラーキセを取付け戻す前にウェザリングマスターの黒系で水流れの跡を^^;

(上の、屋根画像と比較していただくとおわかりいただけるかと…)
0603 14PC 11

青森駅跨線橋から撮った14系がたまたまこうなのかもしれませんが…
まぁ、製品デフォのツヤツヤよりはずっといいじゃない^^てことで。

0603 14PC 12

なんか長くなっちゃいましたが、まだまだ工作は続きます。

締めは……スニ40。



スニ40…多分…ですけど。
昔HOBBY MODELから出ていたプラキットを組んだもの…
この出で立ちですけど、れっきとした「客車」なんですよねえ。。
違和感アリアリですけど。

0526 suni40 2
オユ10の前位に繋げてます。
オユがテール点くので青森行きの時の最後尾、です。

何故か温存してたので「ついで」にウェザリングした車両。

0526 suni40 3

レタ貼る予定も無いので…シルバーのボディも遠慮なく
ウェザリングマスターで現役感を軽く演出〜〜。

0526 suni40 1

今日は…短い!!^^;


★注意★佐川を装うクソ怪しいメール★


もう、3週間以上前の出来事ですけどね^^;
まぁこのブログでは特にタイムリーじゃなくてもいいでしょう…
予約投稿で詰まってたもんで。


どこで携帯番号が漏洩してるもんなんだか…
まぁ20年以上使っている番号ですから…

会社用(iPhone5s)とプライベート用(iPhone8 RED)の2台持ちですが
ショートメールもLINEも使わない電話送受のみの5sに、
怪しそうな内容のがurl付きのショートメールで届きました。
もぉ、それ自体がイレギュラーなわけだけど。

ここんとこ特にどこにも通販でモノは頼んでないし
そもそも「在宅」。勝手に不在にされる覚えなし。
配送業者さんは、EV上がってきて、部屋のチャイムコールして、
返事なし…となれば「不在判断」するでしょうけど。

6661.jpg

それにしたって、ウチのマンションは管理人さんが常勤なので
不在の場合は届け物は管理人室で預かるシステム(宅配ボックス代わり^^;)。

これらのシチュエーションから誘導urlタップは尚早と考え(笑)、
ゴミ捨てついでにエントランスのポスト確認。
はい〜、不在票入ってない〜。悪徳サイト誘導確定。

てか、怪しいと思ったらまず注意喚起してないか佐川HP行ってみればよかった^^;

6667.jpg

してました
皆さんも、佐川というビッグネームは信用せず、不在票あるかどうかご確認をww

てかさ、こういう名前語ってまでなにをしたいの?こいつらは。
人を騙すなんて劣悪な人生、どこが楽しい!?

TOMIX オユ10(冷改)車にも追加工


室内灯も含め、
銀屋根再塗装/下回りよごし等、最初の1両として手がけましたが
クーラールーバー等の細かいスミ入れを、他車にしててオユにはしてませんでした。
0526 oyu10 1

なので、6/10に走らせるべく(記事UP日には走らせ終わってますけど^^;)、
スミ入れしてました。

0526 oyu10 2

あとは、
ベンチレータやクーラーからの水ヨゴレってゆうんですかね、
スハネ16でも14系ハ座でも表現してますが、それをやりました。
0526 oyu10 3


荷物室ステップとかデッキドア裾部のヨゴレとかも錆色で。
0526 oyu10 4

青森行の最後尾となるので、
もっとよごしてもいいなぁ、と思ったり。

スロ62やスハネ16共々、製品そのままの銀屋根じゃない!てだけで
よほど印象が変わる、と感じております^^


223系に細かい加工を続けています……


前面(ほんとに先頭になるクモハだけ)だけ
別パーツ取り付けてみたり、行先幕変えてみたり、まぁいろいろですね、
フロントマスクだけでも^^;

クモハ1両だけですが、
運転士さんと指導運転士さん添乗ぽい構図は絵になるなぁと。
0602 231 11

それと…と或る撮り方で流し撮りもしてみちゃいました。
(むかぁ〜〜しTMSミキストに載ったやり方の応用編、か)
0602 231 12

で。加工の方は…次は、1両1箇所だけ試しの…種別/方向幕。
窓パーツを外さないとやれない処(と、RMM記事にも書いてますが)なので
とりあえず室内灯の照度でどんくらい効果が出るものかなー、とTRY。
0602 231 1
あ。貼る前(←貼ってからでは染み込んだりで不味いことになる)に黒ペンで周囲を漏光軽減対策。

デザインナイフでここは慎重に切り出して(この工程で決まると言ってもいいかと)
貼ってみて…水平でなければジリジリと調整…
圧着さえしなければ調整出来ますものね^^
0602 231 2
いいですな^^
活きます

そして照らしてみます。
スチレンボードで照度落としてますので、どう見えるかな、と。。。。
0602 231 3
N車両だとこれすら放置(貼らない)でしたけど、
16番だとさすがにクリアのままでは目立つので、貼ったほうがいいんでしょうね^^;

目についてしまう処といえば、当区入線車両に順次施してますが
車輪塗り、ですね。
最近の「波打車輪表現」のはほぼ塗った状態で製品化されてますが
リム、ていうんですかね、それが「電気的な理由?」で塗られてこない。

0602 231 13
ここは通電集電とはなんら関わらないので、是非塗って出荷して頂きたい処…


マウントして、接写。
塗ったほうが、ずっと落ち着くのは何度もココで語ってる通りでございます。
0602 231 15

8両すべてに施して、久々全車点灯させての撮影。
0602 231 14
いろいろ施しをなさっていても、このリムをヤラない作例が多見されます…
それこそ、人それぞれですが〜〜
ハイスキルな事は全く出来ないし、やろうともしませんけど
ちょっと手間かけて実感的になるリム塗りは、励行していきたいと思います^^;

0602 231 16
前から3両目モハの種別/方向幕の位置だけ、暗くは見えてますが…
まぁ周りが明るい時であれば、こんなもんでしょう^^;

本当は、サッシュ桟や方立ても塗っておきたいんですよね、外したついでに。。。。
これが塗りのみ(223や231やあれやこれや)で表現されてる車両全てに言えることですが
室内灯装備をする場合、この「塗り」が薄いため、透けちゃうんですよね。。。。
面相筆ではできそうもないので、黒ペンで塗り重ねしたいところなのですが失敗中_| ̄|○
今の処、簡易に上手く行く方法が見つかっていません。

室内灯減光標準施工に気を良くして早速14ハ座にも施してみる。


14系座席急行列車は、深夜の走行では客室内減光をするわけですが
そんな雰囲気を表現しようと考えてたのです…
もちろん、適宜カーテンも仕込んで。

まぁ…減光されても「じゃぁ寝れるか?」てほどの暗さでは無かった、
あの寝苦しかった座席急行のしんどさが蘇ります…


無謀にも(オーバースキル…)抵抗チップを2つ直列を咬ませてハンダ付けしてたのですが、
熱が回ってしまってるのか激しくちらつく状態で安定せず、工作STOPだったのです…

まずその抵抗2段による減光状態の灯り具合。
0529 14PC 2
こと、減光用抵抗チップはパワーパックの種類にも関連するようで…
今回、標準施工法と致しました(笑)、スチレンボード嵌め込み工法で
この14系もやり直ししてみようと。

見上げれば、チップLEDがキラキラと……(これで6V))
0529 14PC 8

TOMIX程の、はっきりと「ここに嵌めろ」という型枠はKATOには無いのですが
現物合わせで屋根下地ーテープLEDースチレンボードと重ねましても
総厚は、外から窓を真横から覗いてみてもN車にありがちな、
プリズム(今回の場合スチレンボードの断面)が見えちゃうということにはならなさそう。

0529 14PC 12
通勤電車と異なり、デッキがある客車の場合は
客室のみが減光です。デッキは明るくていいのでスチレンボードも客室内だけ。
ちなみにt-3㍉x12㍉x210㍉で切り出しています。

抵抗を外して、スチレンボード3㍉モノで減光処置した車両(左)と
苦労して抵抗チップ2段咬ませて減光したオハ(右)を並べれば、一目瞭然。
0529 14PC 10
多少ウォーミィな色合いで昨今のグリーン車風になりますが…
もろに電球色まではなってないのでヨシとします。
0529 14PC 3


他の施工車同様、スチレンボードを使うと「連続照明感↓」が醸せまして^^
0529 14PC 7


随分アナログな取付方法ではございますが…
何十年もソレでもたせるなんてことは思ってないので壊れたら壊れた時、ですわ。

それと、以前触れましたが車端のトイレ窓/方向幕の電照のくだり。
デフォでは、印刷されちゃってる「踊り子」が主張しすぎで光が透過せず。
0529 14PC 14

「踊り子」のパーツを外して…同梱のプラパーツに「青森行」を。
0529 14PC 15
作った文字がちょっと弱い(明るさで「飛ぶ」?)ですが
この手の車両の特徴である『2段とも明るい』というイメージには近づけたかな、と。

0529 14PC 16
ちなみに、前述と重複しますが、
ここの部分とデッキは減光処置必要ない(客室との明暗区別をしたい^^)ので、
減光抵抗を咬ませないこのやり方に試行錯誤の末に辿り着けた事は、
抵抗チップ咬ませに失敗していたからでもあり、
ある意味結果オーライ、良かったのかもしれません^^


【動画あり】そして次の10系は…スロ62。



ん?
スロ62は載せたべや?と感じたお方も、
もし通読なされてたら思うかもですが…

先日の再掲ですが、いったん「出来たー」て時の絵がコレ↓
0520 ts62 33
(下に続く画像と比べていただけたら、と…)


一応これも下回り施したので、完成スタイルだけは載せておこう、と^^;

0526 suro62 5
屋根周りも…画像ではわからないかもですが…
こないだよりもう少しだけヨゴシを増やしては居ます。

これもオロネ10同様、ボディのエンド周りとかの「巻き上がり」のヨゴシは
今のところ施してませんで、グリーン車だけに、きれいにしてますよー的な^^;

0526 suro62 3
けど…せっかく(笑)シルヘッダーもあるのだし、
その辺りは少しよごしてもいいのかな〜、と思ってはいます。

にしても…いくら台車はロ座化された時に換装されたとはいえ…
郵便車と同じTR50系統、てのはいかがなものなんでしょうね。
乗り心地…
0526 suro62 4
乗り心地といえば、このスロ62の種車であるオハ61…
弘前(父親の実家)に帰省する時に青森から奥羽本線普通列車に乗ってたのですが…
およそ「背ずりが木」の60系の独壇場だった気が。
(牽引機はC61だったような……)

1時間程の乗車でしたが、背中が痛くなった記憶しかありません。
これ…往年の急行列車の座席車だったのでしょうね…
昔の人はガマン強すぎです……

こちらの動画はキハ110-100同様で5月の走行会のモノなので、
10系も14系もウェザリング未施工ver.です。


TOMIX JR-W223系2000番台 室内灯 "減光"工事

※ 6/14追記:急行「津軽」の記事を予約投稿してあるのですが
それがなにかの拍子に一瞬だけ「公開」になったみたいですm(_ _)m
いずれUPの順番が来ますが…エントリー見ていらした方…すみません



以前、常磐線JR-E231-0番台に庄龍さんのLED室内灯を仕込んだ時に
「見上げた時にチップLEDを目立たなくさせる」という意図で
スチレンボード1ミリを切り出して、純正室内灯位置にはめ込む、
という随分とアナログでありながらも効果的な方法で減光させました。
2018FEB 231

その231系より先(2017/12月)に入線した223系。
それこそ16番へリターンしてくるトリガーとなった編成でございまして
N用で在庫してた庄龍さんのLEDをソッコーでマウントしたものでありました。

同様の通勤車両である231-0では最初から減光対策をしたわけですが
それと比較すると223-2000は随分明るい(抵抗チップさえ入れてませんものね)。
0527 223 LIGHT 3

223も同じTOMIX製ですので純正室内灯がすっぽり「嵌まる」タイプ。
前面のお化粧をするにバラしたので、とりあえず「減光なるか」試してみることに。
231-0番台では抵抗チップを1コ咬ませてからのスチレンボードでの減光。
けど223は抵抗いれずにハンダ作業してますので…今更8両も抵抗咬ませ直す気力は…0。
0527 223 LIGHT 4

苦肉の策というか…ホント思いつきでしたが…
純正室内灯嵌め込みの厚さは実測≒3㍉ですが
そこに3㍉のスチレンボードを用いては、
上から被さってくるチップLEDが干渉して屋根が塞がらないかも、と考え
ならばと1㍉スチレンボードを2層重ねにしてみました。
0527 223 LIGHT 5
ダメもとで。切り出す作業はどぉってこと無いし。

結果……
これ↓が減光ナシでそのまま取付のクハ。
0527 223 LIGHT 7

こちら↓が1㍉スチレンボードを2層にし抵抗ナシで納めたクモハ。
0527 223 LIGHT 6
どちらも露出は同じに固定してのスナップです。
(運転士背面のカーテン遮光も、効いてくれてるでしょ^^)


簡単でいながら期待以上の効果でした。
だいぶ落ち着いてくれたと思うんです。
0527 223 LIGHT 9
左が減光施し後、右がデフォ。

見上げた感じでも、チップLEDは目立たなくなり一石二鳥。
いや、めんどくさい抵抗チップも咬まさないで「済む」ので一石三鳥か^^
0527 223 LIGHT 11


前2両が減光施工車、後ろ2両が未施工車。
デジカメでの見た目もですが、実際の見た目でも案外差が出てくれました。
0527 223 LIGHT 12
「地面」のスタイロフォームへの室内灯反射の具合からも減光が効いたと思われ^^

∴ あのちっちぇくてハンダしづらい抵抗チップ咬ませずとも、
スチレンボードの厚さを以って減光は可能、てことですよね。
こぉなると室内灯仕込み工作にも弾みが付くってもんです^^

223の残り6両もササっと出来そうですし(既にスチレンボードは必要分カット済)
ハ座14系の減光(抵抗チップのハンダが上手く行かず個体差が生じてて進んでない…)も
KATOではありますが、うまくいく可能性が高まってきました^^
0527 223 LIGHT 13

当区での「標準施工法」になりそうです。
231の項でも書いてますが、LEDの発熱(熱こもり)や屋根変形等は考慮してませんので
もしももしもおやりになるなら…自己責任でお願い致します〜〜〜〜m(_ _)m
実際、ちょっと気になる屋根の「反り」が見受けられる車両が早々に出てきました……


次のページ

FC2Ad

まとめ