16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

【動画】新快速223系 前面展望。


そぉ言えばTOMIX 223系"新快速"。
半月以上前に「動画番宣」(笑)しちゃってますので
こちらを継続で読んでくださってる数少ない読者の方々は
ひょっとすると「もぉ見ちゃったよ。」でしょうけど……
0401 223 2

資料はRF/RJとたんまりあるのですが
まだナンバリングとか行先(近江塩津にしようとは思ってる)とかシール関係施してません^^;
室内灯も明るすぎるので、減光抵抗1段かませるか
例によってスチレンボードで間接照明風にするか、考え中です。

0401 223 1

入線後すぐに室内灯入れて(既出)夜間走行シーン動画(既出)もあげてましたが
日中の走行シーンも撮っていました。
ただその…編集をしておらず……ようやくやりました^^

ウチは、せっかく複線の本線があるので、いままでだってそれを使って
並走シーンとか撮れないことなかったけど
やっぱ抜きつ抜かれつを再現するなら223系でしょぉ^^
実際、JR-W京都線辺りで乗っていて、じわっじわっと緩行線列車に迫っていく感じ、
山手線と京浜東北線のソレとは違うんですよね、駅間があいてるだけに。
なにより223系、前面の眺望がイイ(視界が広い)んですよねえ、東の通勤車両よりずっと。

てことでいままで敢えてやらなかった"同発〜並走シーン"を含めた動画、
御覧くださったら嬉しいです。


それと、シーサスクロッシングをうねうねと渡っていく223系も。
エンドウのレールシステムのシーサス、フログが大きいので
8番とかにはかなわないにせよ、そこそこいい感じで渡ってくれます。
これは「あり得ないような速度」で通過させないのがコツなんですけどね^^

どしても、両渡り線や片渡りは脱線のリスクもありますし
電気的に何故か停まっちゃうこともあるので低速はハラハラなんですけど
そこはプラ車の全軸集電が、功を奏します^^


※追記(4/19)
この記事は半月以上前に予約投稿したものですが、
いみじくも今月発売RMM誌では223系インプレッション&加工記事が載るようですね。
間違いなくやるだろうと楽しみにしていました。
まぁ…いつものことながらとても模せるレベルではない作例だとは予想しますが…^^;


再び移籍してきたキハ110(エンドウ)。連結器とか。


ENDO PLUS(モデモコラボ)のキハ110系統。
安価でGET出来たのはいいのですが、
密連とスノウプラウが片エンド破損(紛失)しています(承知の上札入れ)。

キハ110は分割併合増車減車をしやすくしているのか
ジャンパ栓接続ではなく地方のJRにしては珍しく?電連なんですよね。
0322 dc110 0
(こちらは破損してないエンド)

なにせ古い製品ですし、現在このカプラーパーツが流通してるのか知るよしもなく…
幸い片エンドだけ破損なので、キハ111等連結面に入れちゃえば
まぁスノウプラウ無くても目立たなくて済むかな、と思ってたり。
連結面はほとんど手を入れない自分なので(実際、走らせてれば気にもならない)。
「言わなきゃ気づかれないレベル」かなと(ココで言っちゃってるけど)
0322 dc110 1

KATOから200番台リリースされればASSYパーツも出るでしょうから
都会であればそんなパーツもモノを現認して購入して、
コイツに転用出来るんでしょうけど田舎では簡単ではありません…

プラ板で作れるわけでもないし、ウレタン?でコピーするスキルもないので…
ましてや「3Dプリンタって何ですか?」なもんで^^;
0322 dc110 2

手元にあったTN密連がなにやらフィットしそうな取付けスペース……

TNのスプリング部分が台車側のなにかに当たってしまう場合、
そのベースはカットしちゃうあたくしですが…
少々の加工で「ハマる」ならカットせず納めてみたいかも。

0322 dc110 4
床板は二層になっていて、上層(インテリア側)がプラ、
床下側が真鍮床板(ここがプラメーカーとの大いなる違いですね)。
真鍮床板にいくらかTNのベースが干渉しております。
ブラスキットを組んでいた頃のヘラクラスの糸鋸使えば、なんとか切り欠けそう??
けどこれ…動力台車ではMPギアボックスが干渉しますな。

ベースにTNが今ん処ぶつかってる分、連結器は上向いちゃってるけど
デフォのカプラーよりは見栄えいいかもです。
ただ…
胴受け形状がストレートじゃなく弓形になりますけど。
0322 dc110 5

前面器具箱のところをSUSパイプ3段まとわせて(それはそれでハイスキルですが…)
無骨(けどカッコイイ)な0番台の快速はまゆり仕様にしたいところだったのですが…
側窓割付が似て非なるモノなのであっさり断念。

けど、KATO200番台から変身加工する猛者サマは出現しそうですね。

【動画】 E231-0番台 夜を往く。


前回3月帰省時に走行デビューさせたE231〜煌々と明るくない室内灯Ver.
間接照明ぽくなって影の付き方がマイルドになり
窓のピラーが影として線路上に写ることもなくなって満足。

0310 E231 13

夜景の場合多くを語らない方がいいのかな。
しいていえば…
被写界深度をMAXにして、背景や後方をぼやかさないように留意したため
撮影はスローシャッター速度になる=ぶれないよう三脚を用いました。

マンションの灯りと比較しても
列車の方がやたら明るくないので、良いかな^^
0310 E231 16

お面だけにピント合わせてAUTOで撮るのは簡単ですが…
編成も背景もなるべく「みたまんま」でぼやかさないよう撮るのは
案外難しかったりするのでした^^;
0310 E231 17

まぁ、その甲斐はあったとは自己満足してますけど。。。。。
ウチのブログの画像は、パーツアップ画像以外は
なるべく被写界深度MAXで撮ってます^^

夜バージョンの走行シーン。宜しかったらどうぞ。

[情景] 大カーブを行くコンテナ列車


コンテナ列車とはいえ、主になるのはフツーは牽引機ですが
あまのじゃくなあたくしは、コキ編成にスポットを当てちゃいます^^

0310 KOKI104 4
陽を受けて走りゆくコキ。
コキは絵的にどぉなんだろぉとも思うのですが
ずっとしまっていたので、それこそ日の目を見させてあげないと、です。

ウェザリングは10両中4両施してありますが、
それこそこれは使用感だすためには10両とも施すべきところでしょうねえ。

0310 KOKI104 3
このコキに載ってる両端のコンテナのみ、ウォッシング風でよごしましたが
実車を見ても、コンテナ自体施すのがいいかな、とも感じています。

通勤車両のサイドビューの統一感も好きですが(奥に写っていますE231が如く)
コンテナ列車の場合、載ってるコンテナが様々(種類は少ない方でしょうけど)ってのも
趣きがあります。


0310 KOKI104 1

キハ110系列 100番台の事も語ろうかぁ^^;




2010 dc110 3
(ほんとはキハ100がいいのだけどねぇ〜100の200番台は戸袋片引ドア)

KATOでキハ110 200番台を発売しますけど…
既出ですが、格安ですしポチっと予約はしてますが…

細かい事を言えば…
そぉ、JR-Eのだとしても
北東北には"居ない"(一度も)タイプなんですよね、200番台。
KATO…なんで200番台にしたかなぁ。
100番より若干両数多くて中央に近いからか??
塗色変更とか改造しやすかったりバリ展しやすかったからか?
ENDOハイブリッドモデルに配慮?
110 134
(キハ110-134 @宮古 2013/01/16 )

なんにせよコチラに"居る"100番台、ではないわけです…。
大きな?外観上の差異はプラグドアか否か、ですが…

何度か書いてますが、そんな事「呑み込んじゃえば」済む話なんですが…
200番台購入して、前面おでこに堂々と
「110-139」とかって貼るのはさすがに気が引ける…

実乗し、慣れ親しんでるのは100番台やキハ100なんだよなぁ。。。。
2010 dc110 1
(山田線「快速リアス」乗車時。盛モリ所属/プラグドアでクロスシート=100番台。動画切出し)



むかしエンドウPLUS(MODEMOコラボ)でキハ110-100番台出してて
キハ110は好物だったのでフツーに2両(両運/MとT)飛びついて購入…
しかし、どぉにも非力で走りも悪く(初期ロットでM車が片台車駆動だった…)
2両走行もかなり厳しく…当時のスキルではどうにもならず、
手放してたんですなぁ。思えば4軸駆動化すれば良かっただけの話なんだけど。。。
2010 dc110 7
窓形状も、実車は隅にRが付いてますがモデルではスクエアなんですよねえ……


どなたかのブログにございましたが
「いったん整理(保有車両群を売却等)したにせよ、やっぱり持ってたい、て車両は
巡り巡って戻ってくるもんです」的なことを記されてました。
個体は違うにせよ。

禿同です^^

てことで…
2010 dc110 6

出戻りです。バツイチ?です。110,111,112今回3種GETです。
100番台ノーマル色は絶版品ですしこと111-112編成は模型ではONLY。
KATOの『200番台』はキハ110両運のみですので。

あちこち損傷してますが…まぁ「工作しがい有る」てことにしておきます。
110は前後の台車色も違いますけど、
前作例のオユ10のように
いったん一律錆色吹いちゃってヨゴシを入れれば気にならなくなるでしょう^^
2010 dc110 5
画像のキハ110は山田線。いわば山岳線。
キハ100は大湊線。ほぼむつ湾沿いを爆走。
(表定速度はまっちがいなくほぼ平坦線である大湊線が速い。)

塩害?なのか分かりませんが100はかなり赤茶ですね。いい感じです。
2010 dc110 4

まずは簡単そぉな処から…前面下部器具箱にフタをしてみるとか
損傷カプラー交換からやってみますかー。

KATOは前面おでこの行灯も点灯するんでしょぉなぁ。。。
あの頃のブラスメーカー(最近は違うかもですが)のはホント点灯省略するよねえ。
量産品ですらこだわって点灯仕様にしてくるのにね、
なんでそれが出来ないのか。そしてなんであんなにクソ高いのか…
(ん? 話脱線?)


オユ10にウェザリングをしてみる。


TOMIX10系客車をお持ちの方ならお分かりかと思いますが
オユ10はギンギラ屋根/クーラーも銀キセです。
近代化改造直後のがプロトタイプ、かな。
屋根面にクーラーキセが反射するなんてさすがにオカシイですよね。。。。。

0324 OYU10 0

実車写真を検証していくと
だいぶ手入れされてない状態になってるものが多いか、と…
まぁそれは10系客車全般に言えることですが…

てことで、室内灯も電球色/蛍光灯色と表現しつつマウントしてみてたので
オロネ10・スハネ16に取り掛かる前にオユ10に「現役感」を与えてみました。
0324 OYU10 7

なによりも、この日3/24はほぼ風もなく気温もぽかぽか。
休みの日がこんなシチュエーションなんて…「塗れ」て言ってるでしょ、お日様^^

0324 OYU10 6

ブラスと違い、プラは屋根だけ外せるので
ひと工程、マスキングの必要が無い分手軽です。
ブラスだと、いきなり「まっすぐ水平」なマスキング精度を強いられます。

0324 OYU10 1

銀屋根・屋根パーツ・床板床下器具・台車を各々バラして
塗装ベース(て…腰のあるダンボールのことです)に浮かせて両面テープで貼り付け、
ミッチャクロンマルチを数回に分けて吹いて1時間乾燥。
特に銀屋根は食いつき悪い懸念があったので乾いてからもう一度。

ひとつ「試して確認したいこと」がありましてね。
N車両では、現役感出すために、RMMさんの記事を大いに参考にして
「マカボニーサーフェイサー1000」を案外愛用してました。
0810 IGR7000

1/80の車両はNより面が大きいわけですので
それで一気吹きして、大味な色味にならないかな…というのを確かめたくて。
0324 OYU10 3

自分が見た感じでいうと、全然問題ないじゃん、てイメージ。
単調になりそうなら、ウェザリングマスターで輪郭付けてきゃいいと解決。
0324 OYU10 4

10系はオユを含めて3両のみ(スロ62だけは再発売されたのでそれはポチっとしといた)ですが…
屋根の色を揃える必要性はありません。
丸屋根のブルトレ系統なら塗色も揃えなきゃでしょうけど
ウチでは敢えて3両とも色は変えてみようかな、と。
その、凸凹編成美が好きなもので^^
実車の色見本にこだわること無く、進めました。

屋根がヘイズグレイTS32、屋根パーツはミディアムグレーAS28。いずれも艶消し。
0324 OYU10 5
かんッぜんに乾いてから、ウェザリングマスターで屋根パーツをヨゴし
屋根も全体に軽く掛けてから、屋根の肩をちょっと強めにぱふぱふ。


下回りのマカボニーは、黒の樹脂色ん時よりはだいぶ現役感出せたかな、と。
0324 OYU10 8
車端の消化器入れ?と思われるケースは銀でいったん塗り、ウェザリング。
車輪は黒メッキが標準仕様でそのままでもいいのだけど…
まだ光るのでいさみやの黒染液に浸けて、あと流水洗浄〜乾燥してからハメました。
0324 OYU10 9
車輪の黒染めをやるだけでもだいぶ下回りは落ち着きます。

クーラーキセやベンチレータもよごしています。
屋根もいま以上やってもいいんでしょうけど、
取り敢えずはこんくらいにしておきます。
0324 OYU10 10

ま。屋根にパーツが反射しなくなっただけでもよごし効果アリ、てことにしております。

0407 10PC 2





14ハ座 室内灯結線策と、言わなきゃわかんない色挿し(笑)


この画像でわかります?
言わなきゃわかんないレベルよね^^;

0318 14PC 4
ここまで寄っても気づかれるかどうか…

さて、そこはちょっと考えてもらっといて…
KATO車両の上下(ボディ側と下回り)の結線の方法です。
考えあぐねましたが、第三セクターの意味とは全然違いますけど
上下分離方式はどうにも採れない構造(それなりの加工をすればいいんだろけど)と判断し、
こぉしちゃいました(爆)。
0318 14PC 1
思えば…
高級品と言われる?ブラ完でも、室内灯線はセンターピンラグ板直結じゃないすか^^;
(ここ数年改善されたかは知る由もないけど)

今後の下回りの作業や、上回りのなにかの加工/塗装等に差し支えありますが…
そん時はそん時ってことで。どーせ自分しか見ないやらない車両ですので
ま。電気的にはなにより確実です^^

で、TOP画像で「何が変わってんの?」てネタですけど…
デフォが、こぉ。
0318 14PC 5

なんとなくだけど、色挿ししたくなっちゃいました。ほんの2両分だし。
0318 14PC 3
乗務員室ドアをシルバーに塗って、Hゴムと突き当てゴムに黒を。
「そこ?!」て位なもんですけど。
シート色、黒く潰れてみえますがいちおーブルー塗りました。
(けどこれは窓ごしにほぼ見えないので手を加える必要あるのかどうか…省略出来ることはしたいので)

引っ張っちゃったかな……
室内灯が点ってると、案外分かったりするんで、やっちゃいました。
0318 14PC 6

あと、お面の下部にちょこっと左右に出てるジャンパ栓?のちっちゃいやつ…
実車の写真を見ていると…ホースがハマってるんですねえ。
見つけなきゃよかったんだけど……

0318 14PC 7
改めてパーツ買うのもなんなので(ちっちゃくても送料も掛かるし…)
手元の10系寝台車のホースを転用。
あたくしは、連結面で隠れるところはまず手を入れないので余ってるんす。
ホース側の径をデジタルノギスで測り、ハマる径0.4ドリルでコリコリ孔あけ。

取付確認。
0318 14PC 8
左右の栓に…孔、開いてますでしょ^^;

そこに、艶消し黒塗ってウェザリングマスター施しといたホースを
少量Gクリアで接着。
まぁ、気づかずに取れちゃってた時はまた考えよう。

0318 14PC 9
それこそこんなトコにロストのパーツ奢ったとしても
知らぬ間に取れちゃってたら泣きじゃないすか、もったいなくて。
プラで十分!
ちょっとは賑やかになってくれてかな、て位ですかね。。。。。

けど、なんか、
ぶーちん(クワガタのメス)の触覚に見えないこともないね

[情景] 西武レッドアロー5000系


想い入れの深ぁい車両として
もぉ何度も取り上げてますけど…

やっぱかっこいいですね。

当レイアウトの線形をよもや把握してらっしゃるお方は少ないでしょうけど…
7番線の特急車引き上げ線(2本)から一旦7番線に送り込み、
折り返して構内シーサスをしずしずと渡らせ、
さらに折り返させて1番線に入れ込み、そこから電留線への引き上げです。

0310 seibu 12
すべて、ワンキャブで制御出来るのがデュアルキャブコンの良き処^^

幾つものポイントを転線していくときって、
脱線しないべか、て息を呑んでしまいます

奥の引き上げ線に583見えちゃってますけど…
そこそこ西武線の車両区ってテイには見えるかと^^;


お次は、出庫待ちの絵。
被写界深度最大で、シャッタースピード1秒で、三脚で撮りました。
0310 seibu 13

この感じ、好きです。

レイアウトルームへの階段。

えーと、
レイアウトルームを建造する…というステップ的な意味の「階段」ではなく
ホントに「階段」ネタです


4両在籍していたE851…
いまは2両に減じています。3重連は無いにせよ重連運用には就かせたいので残してます。
それは、4/8の動画の通りでございます

0311 0011
て、E851は単にアイキャッチ…
ネタがないわけではなく…「階段、しんどいのよ」てのを書いておきたくて(笑)


ウチのレイアウトはガレージの2Fに設けたため
とにかく2Fに上がらないとならないんですな。
最初の設計では外部階段にして「ドア」から入室を考えたのですが
雪国ですからね、屋根も掛けなきゃ危険だし(模型を携えてる事が多そうだったし実際そう)
ドアを開けたときレイアウトルームに雪吹き込むのもイヤだったし…
0311 001
てことで、
1Fガレージの一角に設けた物置部屋(風除室用途にもなる)からの内部階段にしたんですな。

急勾配のテッポウ(まっすぐの階段てこと)タイプ。
急な階段もですけど(将来のため手すりは最初から設けたものの)、
難関は、これ。
0311 002
ハッチタイプの床開きの扉なんですわな。
ハッチ閉じてる時は「床」として機能しなきゃなので(耐荷重)重い扉↓
この開閉がね、結構この先結構しんどくなるんだろうなぁ…て思う。


階下がガレージとはいえレイアウトルームの床は隙間の発生しない断熱材を。
じゃないと足が冷えて大変です。
しかもの、この断熱は一般住宅の倍以上の機能のモノ。
0311 004
で、この扉の中にも(さすがに床組部より薄く仕上げた)断熱材を。
床同等の性能が欲しかったのでかなりの密度のヤツを…。
床面強度も当然「ひと」が乗っても歩いても大丈夫な仕様。
重さ有るのと簡易エアタイト仕様にしたのでひやひや隙間風も皆無。
ROOMの断熱等スペックは「高機能性能住宅」レベルに。

が…
これ、建造時はなんとも無かったのだけど
この齢になってきますと…重い

更に難儀なことがウチのレイアウトにはございまして…
動画や画像でも何度も登場してますが、大きいSカーブの築堤を設けてます。
これが、キャブなり奥へ行くのを阻むんですねえ。。。。。
0311 003
実は最初は着脱式で考えており、画像にも見えてますけど
合わせ金具も台枠も築堤も準備工事してあります。
で、いざレールをどぉ脱着可能構造にするか…で脳が考えることをやめてしまい…
固定したままになっております。

ここを、膝をすりすり(つまり四つん這い)でくぐり抜けないと行けない。
跨ぐには足短い&架線柱間違いなく破損させる…
この築堤のとこだけじゃなく、更にもう一回「駅構内」の下もくぐって
ようやくキャブんとこにたどり着くという…

この、四つん這いがね、この先出来るのかどうか……
"イチぶんのイチ"にどうにか予算つけて「外から一発でキャブんところへ」
にしたいのですが……これには予算は回ってこないでしょうなぁ……

そうか。
健康を心がけていれば四つん這いも苦にならない、か???


いやいや…10年先…キツイと思うぞ、自分。


【動画】急行八甲田(14系ハ座編成)



棚に、簡易にレールを置いて、そこで撮るのと違い
やっぱシーナリィがありますと車両が"列車"に見えてきます。

ん〜〜やっぱNでは味わえない雰囲気が、ココにあります。

0310 14pc 1

エンド妻面の下部の辺りとかはヨゴシを入れてますが…
やっぱもっと現役感表現してみたいなぁ。

いつまでーーも「新車回送」(前にもそぉ書きましたが)のままではねえ。
こと、スハフの屋根はスス汚れが結構なはずですものね。
発電機もきれいすぎますし…

まぁ、ゆっくりじっくりやってくしか無いですかね^^

0310 14pc 2

ホームに乗客…これ、大事ですね^^;
もっと増やさないと、ですわ……

急行八甲田14ハ座は学生時代に何度も乗りましたので好物ですが、
「津軽」も小学生ん時は乗っています、と過日記しました。
そぉか、「津軽」のつもりになればEF71牽引もアリなのかー。

そう……TOMIX、板谷のナナイチリリースするつもりなんですなぁ…
(天賞堂のEF71を手放してから20年位経つなぁ…)
ずいぶんナローターゲット仕掛けてくるなぁ。
だってナナイチて板谷だけでは??
それよりも
ナナゴのひさし付きプレステを再発売ラインナップにして欲しかった…

発売になる自社DC181を「つばさ」に見立て、
『峠』を征く「つばさ」を再現しようとするひとが果たしてどんくらい居るのだろう…
(その辺は市場リサーチしてるのか、単に『いんじゃね?』てことなのか)


-----------------------------------------------
【動画】とタイトルに入れましたが…
以前アップしたE231のサウンドエフェクト入りのショートカットヴァージョンです^^;
SE部分メインにカットしたので編成のウネウネは前作で把握していただくとして…
音の部分を、ご視聴頂けたら……(ゲインはだいぶ低いですけど…)
次のページ

FC2Ad

まとめ