16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

鉄本。鉄ピク臨時増刊&別冊到着。


引き取りに行ってからだいぶ空いてしまいましたが…


鉄ピクづいてるわけでもないのですが
「この形式や系統について知りたい!」とか
「この鉄道についてもっと掘り下げて知りたい!」てなると
やっぱり鉄ピクだと思っています。

前にも書いた通り、
特集に充てるページ数からしても、裏切らないんで。
時間が有る時、もしくは就寝前にベッドライトでゆったり眺める…
(いや…文字が小さいから、ゆったり、ではないか…)
その情報量の多さから、その形式や線区にどっぷり思いを馳せる事が出来ます。
ベッドライトといえば…
国鉄時代の寝台列車(客車も電車も)の枕元灯には格別の風情がありますなぁ^^
特に10系の「頼りなさ気なちっこい電球」はいいですなぁ〜。

おっと。

版元に在庫があるものは、本屋さんに取り寄せ頼めば
日数は掛かりますが、送料かからないし確実だし、
てのは前にも記しました。
今回の取り寄せは6日間でした。早いもんです^^
むかーーしは数週間〜1ヶ月とか掛かったっすよ。

てことで、3/3に引き取ってきたのは
鉄ピク「2015/12 臨時増刊 東京急行電鉄」と
鉄ピク「2017/02 別冊 10系軽量客車」です。
170303 tetsuhon

相変わらずカラー写真は少ないですけど
記録やデータ・一応多少は気にする時代考証等、
模型に役立つ内容盛りだくさんでした!
もちろん、読み物としても十分の中身。

読み込んで行きたいと思います^^


鉄本。  追加(笑)



寝台急行ってのは夢がありますね。

「急行はまなす」Bネやドリームカーも乗車しましたが
1970年代の急行津軽等当時乗車した列車も忘れられませんで
そぉした特集の本を読んだりしていると、懐かしく想い出せたり^^

(↓ 例えば今も読み返す「愛読書」。もうぼっろぼろになってます読みすぎて)
170228 RF
…いわゆるブルートレインってそれほど興味ないんだよなぁ。
凸凹編成美が、好きなんだなぁ。

(なのではまなすとか宗谷、あとパンタ部が凸凹の583も好きなんだね)


RFやRJって、特集という割にページ数が大したことなかったりしません?
消化不良というか、知ってることを再々書き直してるなー的な。
鉄ピクも過去のと重複や写真の再掲載はありますけど、
視点が違う記事の作り方するし、内容もマニアック。
特集となると大半それにページを充ててますしね。

鉄道会社に特化した特集増刊だとその内容はご存知の通り。

( ↓ こういう増刊)
170228 TP

カラーページが少なく、文字もぎっしりの鉄ピクは
苦手としていたのですけどね…歳を重ねたからなのでしょうか。

(といって、模型誌はRMM誌のようにカラー写真が多いほうがいいし)


けど、人気の特集号って、比較的新しい鉄ピクでも
版元の電気車研究会でも売り切れ、とかもありまして…
版元に無きゃ、書店での取り寄せも先ず不可能。

そぉなるとAMAZONなりオクなりで見つけることになります。
立ち読み出来るわけじゃないので中身が外れだったら…て思うと
定価やそれ以上のぼったくり@で買うのものなぁ、て。
レビューを参考にするしかなくなります。
170227TP.jpg
けど、今回読みたかったのは
AMAZONのマケプレで、1円+送料ってのを見つけたので迷わずポチ^^
「2016 1月/客車急行」と「2016 5月/津軽海峡線」。
津軽海峡線の方は版元でも在庫ありますが、
1円+送料(267円)にはかないませんわな^^;


ときに…あと2冊ほしいのがありまして。
発売を楽しみにしていたのですが、
これらは両方共「増刊」だったからなのか、
発売時期に「J堂」には入荷しなかったんですよ。
だまってAMAZONで予約しておけばよかったのですが…
その後、マケプレで、定価より高い設定で販売されてます。
当然ですが、いまも売れ残ってます。
て、買うバカいないだろぉて。
版元に在庫あるっちゅうのに。

てことで、
このバックナンバー2冊についてはこないだ鉄ピク(阪急京都線)を
J堂で買った時、在庫問合せてもらったら「有る」というので
お取り寄せをお願いしてきました^^
徒歩5分なんで、入荷連絡くればすぐ取りにいけるので。
こういうことがAMAZONでは出来ませんからね、
やっぱ実店舗展開の「本屋さん」の存在って小さくないですね。


さて、その2冊とは??(笑)



リゾートみのり号 @仙台駅


皆様、こんにちは。
生きています。

仙台在住の長女が時折送ってくれる仙台地区の列車たちシリーズ。
(いつシリーズ化されたんだ?)

Nの方は数ヶ月毎日更新ですが
こちらはネタがございませんで…

リゾートみのりですな。
見たこと有る意匠だなぁと写真を見て、思ったら…
これ、青森の五能線のと兄弟なのね?
陸羽東線の鳴子温泉方面への列車か。なるほどなるほど。

五能線のリゾート列車は乗りたいとは思わないけれど
これは乗ってみたいなぁ。
Resort minori



E5 & E6 流して撮ってみた!



と言っても、駅を発車してすぐの速度ですし、
連写機能使ってですので難易度は低い、か^^;

とはいえ、
光学ZOOM MAX(x30)での連写ですのでね、
手ブレ機能も効いてるもんなのかどうなのか…

まあでも、止まってはくれました。
0724 E5
0724 E6

さてと久々に「表紙買い」してしまったTMS 8月号でも眺めましょうか^^;

八戸ー青森がまだ東北本線だった頃の「485-3000」!!




皆様、お久しぶりでござります。


生きてます。


HDDの画像ファイルを整理していたら
こんなの出てきました。
まだまだ懐かしいのが出てきました。
それでお茶を濁そうかな。


数メートル先を疾駆していく485-3000を流して撮ったものですが…
先頭サイドのエンブレムが止まってくれてました。
485300001.jpg

どれ、模型の方の485-3000のメンテナンスでも行いましょうか。
(といってもマイクロエースのN、ですけど)




ようこそ、東北へ! 北海道新幹線H5 &いつものE5

3/26、北海道新幹線開通ですからね、追加でこんな写真を。
IMG_0788.jpg

上りの一番列車は撮れなかったのですが…
次の盛岡以南上りH5使用列車は「はやぶさ22号」という情報は得ていたので
バルコニーから狙ってみました。
発車直後ですからさほど速度は出てない地点での撮影ですが
なんせ望遠、流して「車体を止めてみせる」ことにトライしたらさらにブレそう。
瞬間を逃したくなかったので、固定して撮りました。

まぁ、H5であることがわかればよしとして…。
ロゴマーク(北海道がモチーフ)とラベンダーのラインカラーは確認できました…
いずれ、きちんと止めて撮れたらなとは思います。
にしても、このラインカラー、クールですね。確かに「北海道」を感じます。

下の写真は一本前の20号です。
ピンクのラインカラーですのでE5ですな。
IMG_0787.jpg

H5 !!
ようこそ、東北へ!

2016年3月26日。北海道新幹線開通。

ただいま東北新幹線上でも新青森以北でも
旅客を乗せた「新函館北斗」行きの新幹線列車が走り始めております。

新函館北斗の行先表示は今後普通に見られるでしょうから
今回は敢えて、
「新青森」行きの方向掲示板をダイヤ改正前の3/24に撮っておきました。
ま。全く消えていくわけではないのですが、日中時間帯のは概ね無くなるので。

IMG_3906.jpg
@ morioka

IMG_3908.jpg
@ sendai

IMG_3910.png
on E5
これは新幹線0系運転台を模した速度計測アプリです。
GPSを使って計測しているようです。
320キロ走行区間では当然メーター振り切りですが
駅到着4分前でもまだこんだけ速度ってあるんですな。
(実車にブレーキが掛かると電気ブレーキ"ランプが点灯するという芸の細かさ)。
駅近郊のアンダーパスや高架橋で走行列車と遭遇することもありますが、
外目より実速度は速いんですね

(ま、それだけの話ですが)。




鉄道ファン HB特集を眺めて判明^^;(HB-E210)

鉄道雑誌「鉄道ファン」は毎号店頭で斜め読みし、
内容によっては購入というスタンスなのですが
年末発売の号は連続でカレンダーが付くので
立ち読みはせず、無条件で毎年欠かさず買い求めています^^;

まぁ、HB特集は大して興味無かったのですが…^^;
帰宅後に眺めていたら…


8月の当ブログにて下掲載写真について
「さよなら北斗星より向こう側の車両に興味が…」てなことを書いてまして。
仙台エリアでいままで見たこと無いカラーリングでしたのと、
それこそRF誌等を斜め読みしかしないもので知らないでいたのですが…


20150822 hbe210
(写真は8月の記事のものを再掲)

どうやら最新鋭車両だったようで(汗)。この車両。
仙石東北ライン用ですって。
どんな「サウンド」で走るのか、乗ってみたいですねぇ。
パンタは無いので基本ディーゼルサウンドのほうが主かしら。
クルマではHB車にしてもそれなりに踏めば
概ねエンジン回りますからねぇ(ゆるーく踏むとモーター駆動だけれど)。
ただ、鉄道車両ってのは転がりがたいへんよろしいので、
ほんとどんな音で走るのか、切り替わりはドコなのか、気になるところ。


RF誌を、なるほどなるほどと読ませて頂きました。

青い森鉄道701系と「とりめし」

天気も良いし、クルマのシェイクダウン?もしたかったので
家内と浅虫温泉の道の駅まで行き、戻り道途中の野辺地駅で、名物「とりめし」を購入して来ました。
701101.jpg
本当は新造車703系が撮りたかったのですが…
7010102.jpg

やはり「とりめし」は美味しかった!

701103.jpg

北斗星ラストラン。

本当に本当の「最期」のブルートレインラストラン。

仙台駅では、上野駅のような叫びまくるおかしいやつらもおらず、
とてもおごそかなお見送りで、感動した、とのことでした。

ワタシ的には、向こう側の塗色の電車がなんなのか、気になってしまいましたが…

20150822_001151.jpg
次のページ

FC2Ad

まとめ