FC2ブログ

16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

3連休は16番もNも……

といってもNは走らせたわけでもなんでもなく…
むしろ部屋にあるそのNレイアウトを「どう片付けようか」と
ぼお〜〜〜〜っと眺めていました。


0713 HO 40
(こちらはご存知16番レイアウトです^^;)


スーパー北斗も発売されることだし
まだパーツ取付手付かずの223/233とか、ブラス車の走りメンテとか
やらなきゃなこといっぱいやなぁ〜〜、と
痛感してきた3連休になっちゃいました。

単線架線柱と、高架腰壁について。

高架ホームに小窓付きのホーム壁を設置してみたわけですが
KATO高架パーツには腰壁も同梱されてきます。

N用ですからスケール的にも腰高は低くなりそうですが
Nで使う場合は高架のベースの下端から覆う感じですので
そこそこ縦尺がありまして。

文章では表現しづらいな…

0503 FENCE 1
この部分で仮に取り付けてみました。

こう↓なります。

0503 FENCE 2
高架線の雰囲気はグッと高まります。それはわかります。
けど、高架ホームでの考察と同じ考えで、
こんなに編成の半分が見えなくなっちゃうのは面白み半減以下…。
ヘッドライトも見えなくなっちゃう。

ただ…線路内側から見ると、そこそこいい感じなんだわな。
いわゆる「視線遮り効果」ですね。

0503 FENCE 3
ウチのレイアウトはこういう区間がとても多いので
全部に腰壁を設けるのはコスト的にもどうかな、とも思うし…

腰壁については、もう少し考えてみよう。

で、単線架線柱の方ですが、ちまちま作り続けてますww

0512 BEAM 1
すでに勾配線とかに設置し始めてるわけですが…
接着点面積が小さすぎて強度的に心許ないですよね。

なので…多少目立ちますが、3ミリプラ棒で強度もたせる加工をしました。

0512 BEAM 2
せめて出来ることといえば…プラ棒を黒く塗って少しでも隠蔽工作…^^;
この手のプラですから固着は流し込み系速乾接着剤でかなり強度は出てくれました。

どんくらい目立つか並べてみました。

0512 BEAM 3

相変わらず縦尺は実感的じゃないけど……

0512 BEAM 4

まぁ…説明した後だから、
気づくっちゃぁ気づくでしょうが、
自分だけのレイアウトで他人は来ませんから、この6ケはこれで…。


0512 BEAM 6
ミニカーは、好きなシボレーカマロと大好きなRANGE ROVER EVOQUE(非売品)。

透明プラ棒があればそれがいいのかもな…
けどもう取り替える気は、ZERO。

0512 BEAM 7

なので…
3〜4線用架線柱の補強は、1ミリ角棒使ってみました。
0512 BEAM 10

工作しづらいけど、コッチのほうがいいか………
けど、強度の保持は圧倒的に3ミリの方であることも、確か。。。。


その、勾配線辺りの試行錯誤と進捗。

0505 TERMINAL 8

今ではこの位「見られるように」なった「ターミナル駅」。
池袋を模した(つもり)7番線+機回し線まである地上駅と
高架ホームから本線と、その外を縫うように別れて降りていく感じが見せ場?となる
ビューポイント。


2008年頃、線路引き回した頃のこのコーナー…
2008 HAISEN 3
笑えるくらい即席な半固定式レイアウト、ですね^^;

なんとこのコーナー、高架線用の車両基地だったんだっけねえ。

2008 HAISEN 2


思い出しましたが、
2008年の時点の勾配線想定はこの位置ではなかったという……
いやはやなんとも殺風景だったんですねえ〜〜〜〜〜〜〜。

2008 HAISEN 4
え?
今もまだまだ殺風景じゃんって?
言ってて下さいwwww

バックストレートの外側だし、勾配線としては監視しづらいというのと
システムレール使ってでは「勾配の起点」が
どぉしたって『グキッ!』と折れる感じ
(写真参照↑)
いやだったんでしょうね、ここまでやって没になってます。

なんせ…設計当初
(これも再掲)、勾配線の設定もありませんもん!^^;
2008 HAISEN 1

0504 KOUBAI 3
編成モノが「多かった(過去形)」時期↑。

地上本線⇔高架本線の車両の受け渡しが大変、と感じたんだろうね、自分。


0504 KOUBAI 2

次回辺り、高架本線→勾配接続線→地上線への車載カメラ動画でも撮りますか。
大したものではないでしょうけど…いままでのエンドレスの動画と違って面白いかも。

0504 KOUBAI 1


【続】架線柱 交換。平日なのに長くなった。


架線柱交換工事。GW中にレイアウトにセットしてました。

変更前のシーンは、こんな感じ。
価格がバカ高いエンドウの単線架線柱使うしか無かったんですよねえ。

0503 BEAM 11
十数年前迄は通販も今ほどじゃなかったし、当時は津川洋行さんとかああいった、
模型店流通のものが通販には載って無かったというのもあります。


単線架線柱はずっぽずっぽと躊躇なく抜いて、工事中の図。

0503 BEAM 2
KATOの複線架線柱をアレンジした、という記事は過日UPしてますが
幅広
(3〜4線用)に加工した「残り」で単線用トラス架線柱も作ってます。
この単線用を勾配線や構内引上げ線等に使おう、と企てていたというのもあります。


0503 BEAM 3

コンクリート柱より無骨でいいっすねえ。
陽の光にもビシッと映えます^^
なんせごちゃごちゃと林立してる感じがたまらないです。

0503 BEAM 4


この、勾配線と本線の高低差具合、、、好きなんです。
当レイアウトでは本線に勾配ないので、走りは均一。

(区間区間多少の電圧降下はあるが…それは適宜ギャップ切ってCONからケーブルで直接給電)
なので唯一の勾配区間です。
とは言え、10両のブラス編成が2Mでラクラク登坂出来る勾配にしたかったので
緩〜い2%位で設定してます。その後のプラ完でも問題ない登坂です。

0503 BEAM 6
過日UPした223の動画見ていただければお分かりになられるかと^^


架線柱の「高さ」としては現既成品高では実物よりだいぶ高いのですが
土台表現もされてるので、ここまでカットしてリアルさを求めるより
「いずれ撤去した時、売れる」方を取ることに、現時点ではしています。

0503 BEAM 7

キャブコントローラーから見えるこの辺りの架線柱は出来上がり。
次回(いつなんだか…)は、
バックストレート〜S字カーブ〜鉄橋の下辺りの架線柱をすっきりさせたいと、
鋭意架線柱を更に切り継ぎ加工下ごしらえをしてます。

ホントは、一番手前の地上線構内の架線柱を真っ先にやらなきゃなのだけど…。



高架駅。1線撤去。その理由は……

0503 HAISEN 1

平成31年4月末時点の高架駅ホームの配線はこんな感じ。
当初は、この手前側の待避線が、土台であるスタイロのエッジとほぼ「ツライチ」で
それがかっこいいと思ってたのですけどね。


0503 HAISEN 2
高架ホームのノッペラすぎがずっと気になってまして。

保有車両もそこそこ整理して両数も減ったことと、
「やりたいこと」とあったので…

「やりたいこと」のひとつは、
令和元年5月頭に、コレ↓を……

0503 HAISEN 3
(西側)

大胆にも、
こう↓しちゃいました!

0503 HAISEN 4
(西側)
だって、使ってない待避線なんだもの。

線路をがっつり固定して、バラストやらシーナリィを表現する固定式ではなく
うちが半固定というかシステムレールを採用する理由は、まさしくコレ

0503 HAISEN 5
(東側)

実感は損なうけど「替えたい時に替えれる」てことです。
後付けの理由ではなく、です。
撤去・売却
(趣味を辞めなければならない時は誰にもいずれ来る)が固定式より間違いなく「楽」。

「やりたいこと」のもうひとつ。うん、こっちのために待避線撤去しただけど。
下ごしらえしといた記事を載せてますけど…
ホーム囲い壁って言えば良いんでしょうか…高架駅でよく見るアレです。

コレが有ると無いとではずいぶん印象が違うものです^^
設けてみれば^^
0503 WALL 3

待避線がスタイロのエッジギリギリにあった時は
この「壁」も設けられなかったし、
設けれたとしても高さが足りなくて腰壁にしか見えず、
開口部の位置も不自然に見えてたでしょう。

1/150のパーツですけど、そこそこ1/80でも使えます^^
0503 WALL 5

てか、ホームぽい(笑)
小田急の複々線
(ちとふなや祖師ヶ谷大蔵等の各駅のホーム)のイメージ。
西武の複々線の緩行線は内側で、ホームが島式になってるんで今回のコレとは情景が異なります。
残念ながら。


架線柱(beam)もですが、壁のタチ(垂直具合)には留意しました。
0503 WALL 7

車載カメラでここを走らせてみたら(来月予定)、
前面展望の左右のホームのこの「囲い壁」が有る方が「ぽい」でしょうけど
それやっちゃうと、運転席(キャブコン側)から高架駅辺りを眺める時
眼の前を行き来する列車が、この壁の死角になって見えなくなっちゃう。

なので、手前側の「囲い壁」は、敢えて設置するのを辞めた次第。

まだ、このN用の囲い壁はストックあるので
マンション側のホームに使うかどうか
現物合わせして、情景に合うか合わないか検討してみましょう^^



建物を置くスペースのお話でしたね




先に、
BEFORE & AFTERを載せちゃいます。

これが……
0504 house 13


アレやコレやで、こう↓なりました^^

0504 house 14

なんだ。こんだけ?
てお感じになられるかもですが〜〜
これでも半日以上は工作に費やしました^^;

0504 HOUSE 1
中途半端で止まっていた切り通し表現も延長せねばですし
延長して、その部分にスタイロフォームで「フタ(地面)」せねばでしたし
壁伝いには高架線と地上線の勾配付きの接続線が隠してありますので
その車両的なクリアランスも取るために工夫せねばでした。。。。
0504 HOUSE 2

先細りな土地形状になるんで、どぅ住宅を配置しようか、とか
結構思案
(と言ってもそれも建物の形状で現物合わせ^^;)しました。
取付道路はどぉなるのよ?てなりますけど…そこは、まぁ、いいじゃん。

0504 HOUSE 3

建物自体も実は1/80と1/87混在でしたので
どぉ当て込めば違和感ないかなぁ〜、とかね^^;

0504 HOUSE 4

まぁ結局こぉ配置するしか無かったんですけどね。
できれば多少なりとも遠近法を活かそうと思ったのですが…
ま、言わなきゃわかんなかったことかもな^^;

0504 HOUSE 5
線路上の道具類・ゴミを片付けて
列車を通してみての撮影。

殺風景だったエリアが、多少賑やかになってくれたと思っています。
まぁ道路とか路側の緑とか、やることはまだまだありますけど…
0504 house 7
ひとまず落ち着いたかな。

これら、全て室内灯仕込みは終わらせてありますから、
当然点灯試験もしたくなりますよね^^


ストラクチャーの事にも触れなければなりますまい。

今回のGW10連休では、
自分としてはそこそこ籠もっていろいろやったほうかな、と^^;

以前うぷしてましたけど
住宅関係の室内灯入れとかウェザリングとか進めてました。

ファミレスとか…

0503 HOUSE 3

AP(てか、設定的には2路線に挟まれた場所への設置なので当鉄道独身寮的な…)とか…
0503 HOUSE 7

うちのレイアウトの目玉(自慢)で中央に鎮座する最大級の建物、
宮城県内に実在する
(東北本線某駅に隣接してて展望動画とかだとばっちり映る^^;)MSとか…
0503 HOUSE 8
これ…売るときはどうやって送ろうかしらね…
引取限定、にするしかないか…
思えば、当地までの梱包運搬費がすげー高かった記憶がある。

多分…
国内の個人所有のレイアウトに於いてはかなり大きい「ストラクチャー」でないべか^^v

あと
プラスティック製ストラクチャーでは恐らく最初に組んだ建物…
目立たない保線詰所ですが、かと言って捨てれないし…置いてます^^;

0503 house 9
英国モデルだったので、AW※ はすべて窓格子入りで欧風でした。
が、その窓格子をカットしまくって日本で一番多い「引違い窓」に。
これでほぼ日本の情景に合致するようになったものです。

前段が長くなりましたが、今回やりました住宅スペース工作について書きますね。

(〜続いちゃいます〜)

※ AW(建築用語、かな)=アルミウィンドウ=アルミサッシュ

高架用腰壁


元号が「令和」になって1時間1分1秒。
浩宮様〜皇太子殿下が、新天皇にご即位なされます。


JR-W223前面用転落防止幌のネタじゃないの?
てね。思われたかもですね。。。。

けど、GW、せっかくの快晴だったので塗装作業を優先しました。
塗装作業と言えば、前っから「やらなきゃ」と思ってたのがありまして。

それが表題の腰壁等の「塗り」です。

0429 FENCE 3

とはいえここは16番のブログ。Nネタを大々的にというわけにはいきません…
Nの方は完全に閉店ガラガラなもんで…
そもそもKATOのN用のパーツですけど、16番に転用しちゃえ〜〜〜、と
ずっと思ってたんですわ。

あと、高架ホーム用のパーツだったんですけど、
これはなんて言えばいいんだろう…まぁ見れば分かります、よね^^;
0429 FENCE 2

外面はアサヒペンの汎用水性スプレー「ライトグレー」、
内側は同「グレー」で吹きました。
足りなくなってもこのスプレーなら近くのDCMで揃いますし、安心。

ただ、そのままですとツヤッツヤの光沢仕上がりになっちゃうもんで
水性のつや消しスプレーで念入りにツヤ落とし。

0429 FENCE 1

1/150パーツですからね、1/80の模型に合うかどうかはあまり考えて無く…
「まぁ、使えるんじゃないの?既成品無いし自作は出来ないんだし」位なもんで
まあ、なんとかなるんじゃないか、くらいで……



仮に、ですがこんな感じに^^
0429 FENCE 5

サイズの小ささは感じないみたいです。
雰囲気出ればいいんで。

0429 FENCE 6
外側はタミヤのウェザリングマスターで軽くよごして置きました。


そして!

0430 W233 HORO 35
あれ? 幌が!

イイ出来の現代住宅模型。室内を灯す。


遅ればせながら…

〜新年のお慶びを申し上げます〜

お正月行事もおよそ済み、それでも6日までお休みですので
少しでも、と思い…


とてもいい出来の建築模型でした。値もそれなりにしました^^;

16番でありがちな「昭和」の建物は市販されていますが
当鉄道のイメージはそぉではないので…
そもそも当時からストラクチャーには困っていました。

0102 HOUSE 1

オークションで競って持ってきた現代住宅。
まとめて置いておくだけでもそれなりの風情があったのですが
いい出来なだけに室内照明は仕込みたい、とずっと考えては居ました。

0102 HOUSE 7

薄いスチレンボードを用いてるので…
LEDテープは大量に仕入れていたものの、ちょっと照度が強くて
Nストラクチャー(特にTOMIX)で多見されますが、
レントゲン写真のように「透け」ちゃうかな、と光源どぉしようか、と
ずっと放置してたんですねえ。。。。。。。

けど、今回は「一応試すだけでも」と、NのジオコレのLED照明セットを
仕込んでみました。

こんな感じ^^
0102 HOUSE 2

1棟に1ケだけの仕込みですが、これで十分でした!!
電源は1.5V x2でLED6ケ(つまり6棟分^^ )まで点灯可能。

LEDテープを用いたほうがハードもランニングコストも安く済むのですが…
…仮に先々売却するなら既成品仕込んどいた方が楽かも…とも考えたので、
16番ストラクチャーでも基本的にはジオコレのこれを用いるべきなのかな……

0102 HOUSE 3

なんつったって、
LEDチップでまとめ売りしてるのより、ずっと高いんだよね、ジオコレのは。

先行で作ってあるアパートの方も、ジオコレのを仕込んでるけど…
でもまあ、やっぱ工作のしやすさをプライオリティにするべきかな。
じゃないといつまでもやらなそう…
0102 HOUSE 5

1棟に1灯として比較するとジオコレは8〜10倍高上がり…。
ま、ブラスの車両なんか1両売ればイイか〜〜^^;

画像撮影ではデジカメの感度が良いこともあって、透け透けに見えるかもですが…
肉眼では「気になる透け方」ではないので、ここは妥協していきます。

0102 HOUSE 4

設置する際、ベースを作ってあげるか
レイアウト側にダイレクトに設置して、細かいバラストか緑表現で
立ち上がり基礎部とベースの取り合いの隙間を隠す細工が必要ですが
これは設置時の課題なので、ひとまず「灯り具合は良し!」てことにします。
0102 HOUSE 6
数棟まとまって灯ってくれていれば、それなりのナイトシーンにはなるかな^^と思ってます。
Nストラクチャーで殆どのモノに仕込んだように、
窓のカーテンを表現すれば16番では更に効果はあるんでしょうけど…
ちょっとそこは手抜きしようかな、と…なんせかなりの棟数になるもので…


はい。久々の16番の記事でしたww^^;

丘の上エリアの住宅たち。


16番の住宅製品とかってのはNレベルの品揃えでは全くなく
まぁその辺がレイアウト製作に於いて挫折〜スピードダウン〜
モチベーション保てず…とゆうことはままあると思います。

かといって自作スキルもないもので…

いまは便利な世の中でございます、オークションで持ってこれます。
0915 16 24

住宅キットは昨今出てきてますがまだまだ高ぉございますし
そもそもデザインが昭和の前半というか…走らせる列車たちの時代背景と違いすぎるのもね…

てことで、アパート(寮)の電照に気を良くしたアタクシは、
この住宅たちもライトニングして行こう、という暴挙に……
0915 16 26

以前「難題が…」と申し上げましたが
これら、作りは素晴らしいのですが、そもそも建築模型ですので
素材そのものが「薄い」んですよね……
遮光しませんとLEDが透けちゃう可能性があるわけです…。

ひとまず、レイアウトでの配置を俯瞰で撮影しておいて、
箱に閉まって、仕込み準備です。
0915 16 34


次のページ