16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

サウンドボックス223系カードも試す……


0715 223 2

E231-0も出しましたが、
サウンドカードで223-2000も購入してたもんで
E231も持ってきてました。

0715 223 3

とりあえず、普通に試運転。
ちょっと腰を「やって」しまってたもんで
レイアウトの様々な角度から、ではなく…
今回はキャブ中心の画角^^;
0715 223 1

かっこいいなあ、223。
関東圏の通勤電車とは一線を画するね。
この流れで225がTOMIXから出てくれるとなおいいんですが…

0715 223 9

地域限定?の北陸特急じゃなくて…225を…

0715 223 7

だして…

0715 223 11

ほしいなぁ。

KATOサウンドカード223系も買ってたので、、、


6月のレイアウト走行会では、
サウンドカードもですが室内灯の減光施工の具合も見たかったし、
運転士さん乗務させての撮影もしたかったので、
JR-W223-2000も実家に持ち帰りました。
0609 223 Curves 1

ただまぁ…
こちらも結果としては、KM1/KC1ではうまく音が同期しなかったので
サウンドと共に楽しむ、てのは7月の走行会までお預けになっちゃいましたが…

(て、昨日の記事のコピペかいっ!!^^;)

0609 223 Curves 3
シーナリィというか、背景って大事ね^^;
貸しレが無いので自ら背景から建物から何から何まで仕込んでかなきゃなりませんけど…

とはいえ、おそらく近所に有ったとしても行かないね…。
自由気ままに、リラーーーーックスして「列車」を眺めていたいもの^^
仮に脱線しても「あ」とか指摘厨に言われることもない(これは大きいかも)。

0609 223 STRAIGHT 1
寄って撮影しても、ビル等背景にあるので、映えるなぁと感じます。

繰り返し言ってますけど、車輪リムは絶対塗ったほうがいいです!
0609 223 STRAIGHT 5
既成品のレールシステムですけど、背景があると随分印象は違うものです^^

やっぱ都会の通勤電車はビル群背景のほうが似合いますね^^
0609 223 STRAIGHT 3

引き上げ線に駐めてみた。223系4連2本



8両に組成して走らせてましたけど、
こうして並べてみてもイイですよねえ。

ちょっとでも「網干」の雰囲気になれば、と^^;
0609 223 PARK 2

ま。4両編成で駐泊されてるなんてことは無いんでしょうけど…
そこは、雰囲気雰囲気^^
0609 223 PARK 1

コンパクトに見えちゃいますが、存在感はありますなぁ〜〜。
0609 223 PARK 4


奥の電留線にも入れ込んだ223を舐めつつ、
引き上げ線の223を撮ってみたシーン。
なんてことないシーンですが、
目線下げると電車区脇の道路から眺めてる感じになりますよね。
0609 223 PARK 5

車輪のリム、グレーに塗ってホント良かったと思います。
0609 223 PARK 6

さてと明日の記事は……

223系に細かい加工を続けています……


前面(ほんとに先頭になるクモハだけ)だけ
別パーツ取り付けてみたり、行先幕変えてみたり、まぁいろいろですね、
フロントマスクだけでも^^;

クモハ1両だけですが、
運転士さんと指導運転士さん添乗ぽい構図は絵になるなぁと。
0602 231 11

それと…と或る撮り方で流し撮りもしてみちゃいました。
(むかぁ〜〜しTMSミキストに載ったやり方の応用編、か)
0602 231 12

で。加工の方は…次は、1両1箇所だけ試しの…種別/方向幕。
窓パーツを外さないとやれない処(と、RMM記事にも書いてますが)なので
とりあえず室内灯の照度でどんくらい効果が出るものかなー、とTRY。
0602 231 1
あ。貼る前(←貼ってからでは染み込んだりで不味いことになる)に黒ペンで周囲を漏光軽減対策。

デザインナイフでここは慎重に切り出して(この工程で決まると言ってもいいかと)
貼ってみて…水平でなければジリジリと調整…
圧着さえしなければ調整出来ますものね^^
0602 231 2
いいですな^^
活きます

そして照らしてみます。
スチレンボードで照度落としてますので、どう見えるかな、と。。。。
0602 231 3
N車両だとこれすら放置(貼らない)でしたけど、
16番だとさすがにクリアのままでは目立つので、貼ったほうがいいんでしょうね^^;

目についてしまう処といえば、当区入線車両に順次施してますが
車輪塗り、ですね。
最近の「波打車輪表現」のはほぼ塗った状態で製品化されてますが
リム、ていうんですかね、それが「電気的な理由?」で塗られてこない。

0602 231 13
ここは通電集電とはなんら関わらないので、是非塗って出荷して頂きたい処…


マウントして、接写。
塗ったほうが、ずっと落ち着くのは何度もココで語ってる通りでございます。
0602 231 15

8両すべてに施して、久々全車点灯させての撮影。
0602 231 14
いろいろ施しをなさっていても、このリムをヤラない作例が多見されます…
それこそ、人それぞれですが〜〜
ハイスキルな事は全く出来ないし、やろうともしませんけど
ちょっと手間かけて実感的になるリム塗りは、励行していきたいと思います^^;

0602 231 16
前から3両目モハの種別/方向幕の位置だけ、暗くは見えてますが…
まぁ周りが明るい時であれば、こんなもんでしょう^^;

本当は、サッシュ桟や方立ても塗っておきたいんですよね、外したついでに。。。。
これが塗りのみ(223や231やあれやこれや)で表現されてる車両全てに言えることですが
室内灯装備をする場合、この「塗り」が薄いため、透けちゃうんですよね。。。。
面相筆ではできそうもないので、黒ペンで塗り重ねしたいところなのですが失敗中_| ̄|○
今の処、簡易に上手く行く方法が見つかっていません。

TOMIX JR-W223系2000番台 室内灯 "減光"工事

※ 6/14追記:急行「津軽」の記事を予約投稿してあるのですが
それがなにかの拍子に一瞬だけ「公開」になったみたいですm(_ _)m
いずれUPの順番が来ますが…エントリー見ていらした方…すみません



以前、常磐線JR-E231-0番台に庄龍さんのLED室内灯を仕込んだ時に
「見上げた時にチップLEDを目立たなくさせる」という意図で
スチレンボード1ミリを切り出して、純正室内灯位置にはめ込む、
という随分とアナログでありながらも効果的な方法で減光させました。
2018FEB 231

その231系より先(2017/12月)に入線した223系。
それこそ16番へリターンしてくるトリガーとなった編成でございまして
N用で在庫してた庄龍さんのLEDをソッコーでマウントしたものでありました。

同様の通勤車両である231-0では最初から減光対策をしたわけですが
それと比較すると223-2000は随分明るい(抵抗チップさえ入れてませんものね)。
0527 223 LIGHT 3

223も同じTOMIX製ですので純正室内灯がすっぽり「嵌まる」タイプ。
前面のお化粧をするにバラしたので、とりあえず「減光なるか」試してみることに。
231-0番台では抵抗チップを1コ咬ませてからのスチレンボードでの減光。
けど223は抵抗いれずにハンダ作業してますので…今更8両も抵抗咬ませ直す気力は…0。
0527 223 LIGHT 4

苦肉の策というか…ホント思いつきでしたが…
純正室内灯嵌め込みの厚さは実測≒3㍉ですが
そこに3㍉のスチレンボードを用いては、
上から被さってくるチップLEDが干渉して屋根が塞がらないかも、と考え
ならばと1㍉スチレンボードを2層重ねにしてみました。
0527 223 LIGHT 5
ダメもとで。切り出す作業はどぉってこと無いし。

結果……
これ↓が減光ナシでそのまま取付のクハ。
0527 223 LIGHT 7

こちら↓が1㍉スチレンボードを2層にし抵抗ナシで納めたクモハ。
0527 223 LIGHT 6
どちらも露出は同じに固定してのスナップです。
(運転士背面のカーテン遮光も、効いてくれてるでしょ^^)


簡単でいながら期待以上の効果でした。
だいぶ落ち着いてくれたと思うんです。
0527 223 LIGHT 9
左が減光施し後、右がデフォ。

見上げた感じでも、チップLEDは目立たなくなり一石二鳥。
いや、めんどくさい抵抗チップも咬まさないで「済む」ので一石三鳥か^^
0527 223 LIGHT 11


前2両が減光施工車、後ろ2両が未施工車。
デジカメでの見た目もですが、実際の見た目でも案外差が出てくれました。
0527 223 LIGHT 12
「地面」のスタイロフォームへの室内灯反射の具合からも減光が効いたと思われ^^

∴ あのちっちぇくてハンダしづらい抵抗チップ咬ませずとも、
スチレンボードの厚さを以って減光は可能、てことですよね。
こぉなると室内灯仕込み工作にも弾みが付くってもんです^^

223の残り6両もササっと出来そうですし(既にスチレンボードは必要分カット済)
ハ座14系の減光(抵抗チップのハンダが上手く行かず個体差が生じてて進んでない…)も
KATOではありますが、うまくいく可能性が高まってきました^^
0527 223 LIGHT 13

当区での「標準施工法」になりそうです。
231の項でも書いてますが、LEDの発熱(熱こもり)や屋根変形等は考慮してませんので
もしももしもおやりになるなら…自己責任でお願い致します〜〜〜〜m(_ _)m
実際、ちょっと気になる屋根の「反り」が見受けられる車両が早々に出てきました……


223系 難易度高い前面ドア窓への編成表示シール貼り……



RMMさんの作例では、触れていませんでしたが…
作例ではしっかり貼っつけております前面ドアガラスの編成表示シール。

0527 223 V30 1
ちっちゃくてやりづらそうで…無くてもわかんねーべぇ〜と思いつつ
その窓パーツだけ外せたのでやるしかね〜かぁ、と。

切り出して少し大きめのテープで位置決め〜貼り。
0527 223 V30 2
入れ隅部きっちりに貼らなきゃなので、爪楊枝を用いて根気良く弱めにコリコリ。


まぁ予備も入っていたので「失敗前提」なのでしょうね^^;
一発で決めたい!と進めましたが、なんとかキメれたかな。
0527 223 V30 3

貼って無きゃ貼ってないでわからなそうなシールなんですけど…
知ってしまえば「やらなきゃ」だし…
まぁ、そぉじゃなくても妻面の表記類は一切施さないあたくしですので
(連結してたら見えないもん)、お面だけでも手を入れなきゃですよね

で、次は「お遊び」ですけど、実は案外映える加工を。
これは、RMM作例でもやっていません。

運転士乗務です。しかも指差し確認喚呼中の!(笑)
KATO ブルトレ乗務員(デッドストックだった)のを流用ですが、まぁいいじゃない。
0527 223 1

ついでですが、関西系では割と見受ける「指導運転士添乗」というか
「見習いさん添乗」なのか、そのお姿も仕込んでみました。
窓が大きい223だからこそ効果あり!て処。
0527 223 3

おお。これはイイ^^
あと、室内灯が灯るわけですので、夜間走行で支障のないように
実車でもおやりになってる運転士さん後ろのカーテンね。
言わなきゃわかんないけど、前から見ると案外効果あります。
0527 223 2


運転士さん……
ずっと喚呼してます^^;
0527 223 4

え〜っと、銀ドアハンドルとワイパーはすごく取付け易かったです。
ランナーから離す時だけ注意だね。自分はニッパーではなくデザインナイフで
すぅ…とスライドして離しました。
マスコンブロックのJRシールは位置決めが難しかったですが…
まぁ、貼れました。治具作ってないので多分4両とも違う位置になるのでしょう(笑)。


223…次は……
今後の工程で、工作スキル上、大きいメリットとなることを発見したので、そのことを。


しばらく放置だった223系に手を加える。


今月のゾロ目記事は珍しく223系。
223系をいじるのはひっさしぶりでございます。
RMMさんの記事「さまさま」でございます。
それと、KATOのサウンドカード(223系)ですね。

今週末の実家での独り走行会では223系を走らせたい!と思いましてね。
せっかくSOUND BOXを手にしたのだし^^
0525 1

バラして…前面方向幕とか差し替えばいいのですが
庄龍さん室内灯仕込み以降、いわゆるユーザー取付パーツとかやってませんでした。
購入した頃から行先は決めては居たんですけどね、やらなかった自分。
スロ62じゃないけど、どうせバラすならバラした時に出来ることしたい。

てことで、とりあえずどんなものかと先頭となるクモハ1両だけ、やってみました。
ああ、しかも、前面だけ、です。側面やナンバリングは走ってりゃわかんないんで
いずれまたまとめて………(いつなんだろう)。

まずは、おでこ。
RMMさんの記事をガン見しつつ加工しましたw
0527 223 ODEKO 1
デフォは「姫路」行きになっていますが、当区の『ならわし』として
上り方面と下り方面はそれぞれ向かう行先にしています。

上り方は馴染みも有る「米原」もアリだったのだけど、ありきたりなので
ぐっとローカル色が濃くなる方面〜近江塩津行きにしたいな、と。
近江塩津行き設定にすれば4両だけでの運用も実際あるんじゃないっけか、と。
0527 223 ODEKO 2

RMMさんの作例では別パーツにステッカーを貼って仕立てられる、とありますが
運行番号にこだわりないし、「新快速」もそのまま使いたかったので
「姫路」だけ#1000ペーパー(割り箸先に貼っつけてる〜重宝してます〜これもRMM)で
貼る面斜めに削ってしまわないように少しずつしごいていくと…
予想通り、簡単にそこだけ透明プリズムになります。

運行番号にこだわらないお方なら、この手抜き手法(笑)でいんじゃない??
なんせ工数が1/3になるのだから^^
0527 223 ODEKO 4
作例と同様、黒ペン(相変わらずガンダムマーカーGM10)で漏光軽減。
あたくしは、導光プリズムも塗っておきました(屋根上に透けぬよう念の為、です^^;)。

いったんマウントして点灯試験。
0527 223 ODEKO 6
ちょっと中央寄りが暗いですがデフォもそぉなので「仕様だな」と気にしないことに。


平日の記事なのになんかオデコごときに長くなっちゃいました(〜続く〜)。



【動画】新快速223系 前面展望。


そぉ言えばTOMIX 223系"新快速"。
半月以上前に「動画番宣」(笑)しちゃってますので
こちらを継続で読んでくださってる数少ない読者の方々は
ひょっとすると「もぉ見ちゃったよ。」でしょうけど……
0401 223 2

資料はRF/RJとたんまりあるのですが
まだナンバリングとか行先(近江塩津にしようとは思ってる)とかシール関係施してません^^;
室内灯も明るすぎるので、減光抵抗1段かませるか
例によってスチレンボードで間接照明風にするか、考え中です。

0401 223 1

入線後すぐに室内灯入れて(既出)夜間走行シーン動画(既出)もあげてましたが
日中の走行シーンも撮っていました。
ただその…編集をしておらず……ようやくやりました^^

ウチは、せっかく複線の本線があるので、いままでだってそれを使って
並走シーンとか撮れないことなかったけど
やっぱ抜きつ抜かれつを再現するなら223系でしょぉ^^
実際、JR-W京都線辺りで乗っていて、じわっじわっと緩行線列車に迫っていく感じ、
山手線と京浜東北線のソレとは違うんですよね、駅間があいてるだけに。
なにより223系、前面の眺望がイイ(視界が広い)んですよねえ、東の通勤車両よりずっと。

てことでいままで敢えてやらなかった"同発〜並走シーン"を含めた動画、
御覧くださったら嬉しいです。


それと、シーサスクロッシングをうねうねと渡っていく223系も。
エンドウのレールシステムのシーサス、フログが大きいので
8番とかにはかなわないにせよ、そこそこいい感じで渡ってくれます。
これは「あり得ないような速度」で通過させないのがコツなんですけどね^^

どしても、両渡り線や片渡りは脱線のリスクもありますし
電気的に何故か停まっちゃうこともあるので低速はハラハラなんですけど
そこはプラ車の全軸集電が、功を奏します^^


※追記(4/19)
この記事は半月以上前に予約投稿したものですが、
いみじくも今月発売RMM誌では223系インプレッション&加工記事が載るようですね。
間違いなくやるだろうと楽しみにしていました。
まぁ…いつものことながらとても模せるレベルではない作例だとは予想しますが…^^;


TOMIX 223系 室内灯仕込み、完成


1231 223 15

引っ張るなぁー、と思われそう…
けど年始行事の隙を見て、淡々と作業を続けました。
1231 223 8

細かいパーツやナンバリング/側面方向幕等はまだですが
列車は「米原」か、「近江塩津」行きにしようと考えてたので
室内灯仕込みながら、シートの向きをそちらに替えるのも行いました。
1231 223 9

ま。インテリアパーツを外して、シートパーツを反対向きにするだけだけどね。
ちなみに…全車共通ですが、車両真ん中にも立ち上がってる「集電シュー」。
なぜ目立たぬよう両端にしなかったのかわかりませんが…
庄龍さんの仕様では不要となりますので遠慮なしに外しときました。

1231 223 10
ブラスモデルでも、シート向き変更は出来ないことはないですが
プラ製のとは違い、結構面倒な作業です。

先頭車のLEDは12ケではなく11ケとなりますが光量は十分。
納めた感じは、こう。
1231 223 11

最後の仕込みは、後回しにしてたモーター車。
上回りバラしたら「結構面倒な作業」が必要かなと思ってたのですが
基本的にはトレーラーと同じで、ほっとしました。

KATOコントローラーで「走り出さない電圧」で撮ってみました。
1231 223 12

そう。つまりTOMIX純正のとほぼ同様の効果〜停車中でも点灯〜
というのが実現したわけでございます。
ブラスモデルに付けるLED(たった2ケ!)パネルライトには光軸の方向性にくせがあり
「まんべんなく照らす」にはかなり無理があったし光量も不足でしたが
さすが庄龍さんのです、停車中にこんだけ点いてくれれば満足。
(動かぬように車両を押さえてるんじゃないですよ〜)

1231 223 13

で、4両完成。
この勢いであと4両も組み込みました。
4+4の8連の室内灯点灯状況を確認するため、
とりあえず…
ひっさびさにレイアウトルームで試運転してみました。
1231 223 17

よろしかったらご笑覧下さい。
(やっぱ…16番の方がジョイント音、いいっすね^^; )
HG720で見られます。




223系 庄龍さんの室内灯仕込み〜続き〜



Nでの、庄龍さんの室内灯仕込みやら、それのはんだ付けやら
作業的には手慣れてきていたので、
今回223も庄龍さんので「まんべんなく照らそう」と目論んでました。

先頭車はこんな感じに ↓
1231 223 7
(アイキャッチのため先に載せます)

で、
12/30夜、やりやすいサハにて試したのですが、
上手くいったので残り7SETの加工を一気にやっちゃいました。

ダイオードと集電用スプリングをサクっとはんだ付けしてLEDベースに取付。
1231 223 1

作業時間としては、そりゃー純正のポン付けよりはずっと掛かりましたが
まぁ工作も楽しめて、その成果が「効果」になりますので
はんだ付けもそんなに苦にはならないです。
1231 223 2
1231 223 3

サハでもやりましたが、電気的接触は良好でしたので
金具の方も14ケ曲げ加工しました。
1231 223 4
1231 223 5

で、仕込んで、ボディ嵌合の前にこちらも点灯試験。
1231 223 6

OK^^
ここから一気に7両進めたかったのですが…ひとまず4両。
そのうちの先頭車の具合が、TOPの画像ということになります。
やっぱ、大晦日は紅白観たいじゃないですか^^


今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
そう…とりあえず今年は223系ネタで書き綴ることが出来そうです。


次のページ

FC2Ad

まとめ