16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

【動画】本線2本跨ぎ〜からのスイッチバックシーン



在籍するどの編成に於いても、
この大カーブを往くシーンは好物でして
映像もどうしても多くなります。

0310 E231 3
いいんです。自分のレイアウトですから^^;
そんなに撮影名所が有るわけでもないので_| ̄|○

ウチのレイアウトでは、
地上本線には終端駅と電車区機関区があり、入替え運転等も"たまには"楽しめますが
シンプルなオーバルの高架本線にもちょっとしたお楽しみ運転は、あります。

こんだけでかきゃもっと複雑な配線にすりゃよがんべ、という向きもいらっしゃるかもですが
そもそもあそこを通してこぉして、というよりは
走りゆく列車の「音」を『手放し』でゆったり楽しんでいたい方なので…
てか、これ以上複雑にしたら電気配線がえらいことになるし
運転/ポイント操作も複雑になって、運転が楽しめなくなる…とマジ思いましたので。
なので、ウチでは無理っす^^;
なんでも詰め込みゃいいってもんじゃないっす。

0310 E231 4
ん? テールライト? 向きが違うのでは?
そぉですね。駅停車後いったん戻らせてみました。
客扱い後そのまま前進して、片渡りをスイッチバックさせる配線にもなってますが
(TOP画像が如く)
今回は「撮影」のため、こちらの渡り線を。

0310 E231 5

本線から、対向本線を片渡り2本跨いで、
手前側退避ホームまでスイッチバックさせます。
さしずめ上野東京ラインの御徒町駅ホームの上野寄りの片渡り線(副本線⇔本線)を
徐行進行してくるE231のイメージ、ですかしら^^
0310 E231 6

反対側から更に俯瞰しますとこんな感じ。
片渡り線/シーサスを編成モノが渡る時って、ちょっとドキドキですよね。
動力車2両に挟まれたトレーラーの台車が追従出来ずに脱輪…てこともまま有るので^^;
TOMIX等プラ動力車は「全軸集電である」てのがこと渡り線では強いですな。
いまのブラ完がどう進化してるか(なんせ新品購入は5年前?の阪急9300がラスト)わかりませんが
1両当たり2輪集電は、渡り線渡るのは…弱点だったりします0310 E231 7

このあとさらに向きを変え、バックストレート向こう側にある電留線に入るため
勾配線を下っていきます。
ホームから勾配へのレールは、緩和勾配も入れてるので実に自然な下り具合、
と思っています。システムレールでは絶対に出来ませんので。
キャブの眼の前でもあるし、ここは気遣って作りました^^;

スイッチバックの実際は…
動画で続きをどうぞ〜^^;


【動画】 E231-0番台 夜を往く。


前回3月帰省時に走行デビューさせたE231〜煌々と明るくない室内灯Ver.
間接照明ぽくなって影の付き方がマイルドになり
窓のピラーが影として線路上に写ることもなくなって満足。

0310 E231 13

夜景の場合多くを語らない方がいいのかな。
しいていえば…
被写界深度をMAXにして、背景や後方をぼやかさないように留意したため
撮影はスローシャッター速度になる=ぶれないよう三脚を用いました。

マンションの灯りと比較しても
列車の方がやたら明るくないので、良いかな^^
0310 E231 16

お面だけにピント合わせてAUTOで撮るのは簡単ですが…
編成も背景もなるべく「みたまんま」でぼやかさないよう撮るのは
案外難しかったりするのでした^^;
0310 E231 17

まぁ、その甲斐はあったとは自己満足してますけど。。。。。
ウチのブログの画像は、パーツアップ画像以外は
なるべく被写界深度MAXで撮ってます^^

夜バージョンの走行シーン。宜しかったらどうぞ。

【動画】E231-0番台。明るすぎない室内灯ユニット。ひとまず完成。


先行3両の「間接照明具合」が自分的にウマく行った感じなので
残り4両分の室内灯/減光抵抗Ver.作っちゃいました。
0226 E231 2

この記事がUPされる日よりずっと前に
全7両編成での、当レイアウトでの試運転は終えておりますが…
(一番下に動画埋め込みました^^)

0310 E231 1


チップ抵抗入れは、ブリッジダイオードにも熱をやっちゃいけないし
LEDテープ側もそう…
なかなかコテ先(小手先、ではない)の扱いがデリケートになります。
いままで50ダイオード位やってきましたが…1割はダメにしてますから^^;
0225 E231 10
こと、例の「梁」と申しますか、
ここで一旦CUTして跨いで、ホルマル線で繋ぐという工程も増えたもので…
そこそこ時間はかかっちゃいました。

にしても上手くならないもんですわ…
まぁ、うまくならないままなんだろうけどさ〜〜。
0225 E231 12


棚上線路での感じは、こぉなりまして^^
まぁまぁ7両、ほぼ均等(動力車はしょぉがないもの)に灯ってます。
0225 E231 18

これがレイアウトの上となりますと^^
いや〜〜〜、かっこいいっす。

あとは…
苦手なインレタ系ですが…
ナンバリングは元・三鷹車の118編成にしたいんですけどね、
製品には有ってもマト118編成実車には外部スピーカーの表現が無いとか、
連結器胴受形状が異なるとか…細かい処に差異がありまして…
呑み込んでしまえばいいのですが…ちょっと先延ばしにしてます。
(加工できないから多分呑み込むとは思う〜笑)
0310 E231 12

理由は外観ではございませんで…
118編成、ドアの開閉がスクリュー式で静かなんですよね^^
リニアタイプのは「ガラガラ〜〜バンっ!」て乱暴に閉まるもので……
自分の中でのBESTドアエンジン(笑〜何のRANKINGよ)は
1969年登場の西武101系の、ですね。
とても上品ですよね^^

0310 E231 9

時代の流れか…ドア開閉の速さまでせっかちになっちゃいましたね。
いくらでも速い開閉をしたいが故なのでしょうけど。
10系客車以前の列車のホーム(車内でも)のアナウンスが懐かしいです。
「列車がよく停まるまでお待ち下さい」て(笑)。
フツーに走行中もデッキのドアが開けられてた時代でしたから。


ということで、
TOMIX E231 7連、明る過ぎない室内照明〜コンプリート、かな^^
よろしかったら走行動画、ご笑覧くださいm(_ _)m


E231-0番台。明るすぎない室内灯ユニットを作ってみる③間接照明w


そのチップLEDの「ぴっかぴか」が見えないようにするに
どぉやったか、て話したよね。

0216 e231
クハ1両だけやった絵がこれなのですが…
チップLED本体のピカピカは「間接照明ぽく」解消されます^^
(ま! 既に7両の完成画像も掲出しちゃってますけど)

TOMIX車だから仕込めたと書いてたと思うのですが、
種明かしとしては…こんな感じです↓
0217 cover 1

見ただけでわかっちゃいますけど
レイアウトに使うために仕入れていたt-1.0㍉スチレンボードを
純正室内灯がハマる処にピッタリ寸法(ここは0.25㍉単位までしっかりと)にカットして嵌めただけ…
0217 cover 2
完全なる思いつき工法^^;

ちなみに画像↑のクハだけは、ボディに渡ってる「梁」(と言っておきます)の幅が狭いので
チップLEDはカットしなくても隠れないんですねえ。W233と同様で。

ブリッジダイオードとチップ抵抗の部分がちとテープLEDから出っ張り
屋根パーツの間のクリアランスには納まらないので、現物合わせで適宜カット。
0217 cover 3
まぁ、点灯具合には支障ないので。

点った感じは本体の状態で、こう↓
0217 cover 4
デジカメ画像ではちょっと暖色系に見えますが
ボディかぶせてみても、TOP画像や↓のごとく、
特に暖色系には見えないのでヨシとしました。

チップLEDとは言え熱がこもるんじゃね?て思いますよね。
はい、思いました。
けどまぁ長時間走らすわけではないし
もし発火したとしても…運転中でありましょうから
すぐに気づいて消火は出来ましょうし、大火には至らないでしょう。。。。
(もしこの方式を行う場合は〜無いでしょうけどw〜当然自己責任でどうぞ)

動力車も含めて、まず3両仕込んで、灯り具合に差異がないか検証。
0225 E231 2
2両目が動力車ですが、視覚的に大きな差異はなさそうですので
残り4両もこの方式で進めていきましょう。

少し抑えられた照度が、
夜の帳に却って映えそうな、そんな灯り具合です。
0225 E231 8

側面の方向幕部がW223と比べますと暗いですが
ここ、ちょうど例の「梁」の陰になる処でして…
シール貼ったらだいぶ暗くなりそうですが、コレ以上の細工は出来ませぬ^^;


ところで常磐快速マト車なら、5両か10両でしょうよ、と思われるかもですね。
0226 E231 1

サハを3両足すのは簡単ですけど…


理由は…
そもそもフル編成を、大きなカーブでその曲線美を眺めたいと
大きくしたレイアウトですけど…(実際フル編成で走らせてもいましたし)…
12両編成とか15両とかって…先頭がコッチのストレートに入ってきてるのに
後部はまだバックストレートに残ってるんですよね。
不自然さを感じるようになっちゃったんですわ。

0225 E231 15

模型的には6〜7両、長くても10両位がいいんじゃないのかな、と
あたくしは感じているんです。
はっきり言って、長きゃいいってもんでもないしフル編成にこだわらなくていいな、
て思うのであります。
0310 E231 10

既製品カーブレールを用いない大半径のカーブを設けている貸しレとか
長〜いストレートがあるとこだったら「似合う」だろうけど。。。。
ま。
近所に貸しレなんちゅうハイカラなモノがないので「作った」てのはあります^^;



E231-0番台。明るすぎない室内灯ユニットを作ってみる②


W223(左)とE231(右)の違い。
こんな感じにしたのでございます。
0217 LED 20

TOMIX純正室内灯取付位置に庄龍さんテープLEDを仮合わせしてみました。
TOMIX純正ですと1両に2枚アクリル板を取り付けますよね、
この、中間部辺りの梁みたいのも純正でしたら邪魔になりませんわな。

W223(↓画像の上の車両)とE231で、この梁の大きさが違うんですねえ。。。。。
0217 LED 2
このことで、ちょっと面倒くさいハードルがひとつ増えちゃいました。

そう。
そのまま取り付けるとチップLEDがちょぉど2コ隠れてしまい
車内中央部が暗くなってしまったんですねぇ。

(純正の場合も…ここの幅が広いとなると暗くならないんだべか。。。。)

しかも…223(2017)では干渉しなかったのに
E231(2015)ではそのままテープLEDを通して屋根を嵌めると……こう↓
0217 LED 6
ビミョーに屋根が浮いちゃって…明かりが漏れちゃった。

プラですからね、この辺は285とか583とかでもちゅうちょなくやりましたが
干渉部分をデザインナイフで(勢いでボディ『ヤッ』ちゃわないよう注意しつつ)
削っておきました。
0217 LED 12
0217 LED 15
↑写ってますけど、この幅広の梁にLED発光部がかからないように
案外カット自在の庄龍さんの長所を活かして、梁をまたがせ
そこは面倒でしたけどホルマル線で結線しときました。

結果、LEDはほぼ均等に見え掛かるように^^
0217 LED 16

そして、切り欠いたことでクリアランスも取れたので
屋根からの光漏れも皆無となりました。
0217 LED 19

ちなみに……
テープLEDは屋根に両面テープで貼っつけるわけですけど
屋根裏側、すごいっすね離型剤。
画像の屋根の右側の黒く見える処がアルコール含有シートで丁寧に拭き取った部分、
左側の白っぽい処は離型剤っす。このままの面には「何にもくっつきません」です。
0217 LED 5

長くなりました。続いちゃいます。

E231-0番台。明るすぎない室内灯ユニットを作ってみる (リアルタイム画像追加有り)



vlcsnap-2018-03-11-09h42m30s639.png
(リアルタイム〜3/10〜では実家レイアウトで快調な走行をしております)

年末年始のお休みの間に仕込んだW223-2000の室内灯。
16番では初採用ですが、庄龍鉄道さんのモノでございました。
0225 E231 23
(3/3 UP画像に引き続き、太陽光下のE231)

ブリッジダイオード8両分のハンダ付けはそこそこ大変でしたが
その他の部分はストレートで使ったのでそれほどの工数ではなかったかな、と。

が…走らせてると…随分と「明るい」のが気になってきます。
明るきゃいいってもんでもない〜純正をそのまま使ってもあっかるいものね^^;

(再掲動画埋め込み〜^^)

実車E231の客窓は光を通しづらいのか昼行でも案外「黒い」ので
TOMIX E231では非常に手間は増えますが減光用チップ抵抗を挟んで
さらに或る方法でチップLEDがピッカピカに見えない方法を試みました。

0217 LED 21
これ↑がW223の明るさ。
上からとか遠目ですと室内が明るく点っているのしかみえないので
アクリル導光のタイプに比べれば格段に均等に点っているわけですが…
目線を下げ↓見上げますとチップLED(20㍉間隔)のピカピカが見えちゃう。
0217 cover 5

じゃぁ、チップ抵抗でどんくらい減光になるのか、
同じ画角・露出で比較しておきます。
デフォ(W223マウント)。
0217 LED 3

減光抵抗330Ω入れ(E231に予定)。
0217 LED 4

数値的なことはわかりませんが、見た目半減してる位かしらね。
デジカメのこの画像より実際の灯り方はとてもいい感じです。

では、各CHAPTERに入ってまいりましょう(続く)。

vlcsnap-2018-03-11-09h42m58s509.png
リアルタイム(3/10)画像をもう2枚。
ストレートを爆走していくさまはなかなかです。

この「明る過ぎない室内灯」編は続きますが^^;走らせた感じは、こう↓
ヘッドライトの明るさの割に室内は落ち着いた灯り方で走ってくれます。
減光対策成功、と言っておきます^^;
03110e231.jpg
シャッタースピード1秒開放でもこんくらいですから(対w223 )



と……普段の暮らしをしているときに…


常磐快速線用 E231-0番台


3月3日3時3分3秒UP^^
今日はおふくろの誕生日。ん?もぉ何回目の誕生日なんだっけ…^^;

030304 E231
(太陽光を浴びてアンダー気味に〜実感的ですね)

28日の記事の常磐快速E231画像は2/4に届いていました……
届いた時点では2月末までブログは予約投稿分でいっぱいだったので
Anniversaryのタイミングで28日にUPとしていた次第。

0225 E231 27

妙な(絶妙の?)タイミングで常磐線熱に火ぃ付けられたもんで…
今では上野東京ラインで品川まで南下してるということもあり
品川の車両基地でサンライズ285系と並んでもおかしくねーべや
ということで
もう画像出てますけど、あっさり入線を果たしております。

0222 E231 3

まぁ、並んでもおかしくねーぞ、たら
E231とW223との並びはどないすんねん、て話ですけど
まぁ好きな車両をあれやこれや弄っていたいので…ええ、並ばせますよ。
車両収集でもレイアウトでも「◯◯時代の△△線を再現…」なんてことはなく
走らせたい列車を走らせるのがイイもんで
"入線の傾向"はノンポリです^^;

0222 E231 6

西に行けば、サンライズ285と223-2000だって思いっきり並ぶし
夏の早朝ならサンライズ海側車窓から
223らが休息する車両センター(旧称・向日町?)も望めるわけだし
それはそれで「アリ」ですよね^^

0222 E231 5

なににせよ常磐線は好きです。
詳しくはないですが、Favoriteてヤツかな

あそこでしか見られなかった401系、EF80。
(455もそぉだけど、ローズレッドも好きなのかしらね^^ )
0222 E231 2

蒸気牽引の名残から常磐線は東北方面への特急/急行街道!
かの東北特急のKING「はつかり」ですらそもそも常磐線経由。
少年時代(学生時代の帰省もか)大好物の急行十和田も……

0222 E231 1

KTM ED75もちょいちょい特修(笑)して保有してますがtomixの初期製品もあります。
同一形式を2両、てのは西武の電機以外ではナナゴだけ。
ED75も大好物。中でも一般後期型つらら切り付きの顔ね。2両ともソレです。
そぉいや、今回再生産?されるTOMIX ED75にそのラインナップがないのが残念です。

0222 E231 8
(室内灯〜新しい試みをしております。わからないだろうけど^^; )

おっと…この辺りはまた後で、でしたか。
E231、
まずは室内灯を減光仕様にして加工をやりはじめました(画像2両目モハM車/最後尾クハが)。
減光仕様は、パワーパック交換??にまで話が行くお勉強になりました。
減光抵抗のその作用とパワーユニットの絡みはまた別稿にて。

交流機ナナゴと直流車E231の並び…あり得ないシーンですけど模型なのでスルーで。

(今年は今のところ連続投稿出来るほどネタがありますがそろそろ息切れネタ切れかと…^^; )

FC2Ad

まとめ