FC2ブログ

16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

キハ110。いよいよRMM 10月号に記事が載りましたね^^


0826 DC110 2

5月末の当ブログで書いていましたった。
233系も載ったからキハ110-200(KATO)も加工記事載るだろうから
ウチのキハ110加工等もその記事参考にしてからでも遅くない、的な事を。


バラすところまではやってたんですけどね。
0617 DC110 3
TOP画像の如くで…せめてLED室内灯に交換しようかなとは思ったのですが
記事が出てから、と中断してました。

まぁ、そもそもウチのは100番台でエンドウPLUSですから
構造とか、最新のKATOの200番台は参考にならないかもですが
ウェザリング法とか主に外観的なね、そぉいうところを待っていたのですが…

んん〜〜、残念だった。
もう少し、ウェザリングはこぉした、とか情報ほしかったなぁ…ぶっちゃけ。。

0617 DC110 1
こちら、デフォの電球室内灯。外すのもすげーめんどくさい構造なのです。

それを外さず、使う予定のTOMIX 室内灯を被せてみた。。。。
ローカル線車両なので特に煌々と内照されなくていいからTOMIXのでいいかな、と。
すなわちテープLEDじゃなくていいな、と。
0617 DC110 2
けど、だ。

「夜間走る」シーンは特に要らない編成だな〜、とも思いまして。
快速リアスは明るいウチに運行されてますし、ね。
急行くりこま TOMIX455系に室内灯敢えて入れてない理由と同じ、です。
なんでもかんでも仕込まなきゃいけない、てもんでも無いと考えています。

あと、前面行灯。
0826 DC110 3
KATOは「明るく点灯する」構造で、エンドウPLUSはデッド。
点きません。もちろん点灯加工は難しい。。。。。
点かないもんをあがいても、仕方ないですよね。
KTMのあんなに高い完成品でもつい数年前まで通勤車両は点きませんでしたから。

とはいえ、一応こんなのは購入しておきました。
内照されなくとも…「列車」の息は吹き込んでおきましょう^^;
0422 DC110 1
現行の幕(LEDになってますので)とは違いますが…ま、雰囲気だから^^
0422 DC110 2


【動画】キハ110 100番台レイアウト走行シーン。

KATO キハ110 200番台の記事が出てきてますので…
前も云ってますけど…敢えての200 100番台の走行シーンを
動画にしてみました。

よろしかったら、どうぞ〜〜〜^^;




発売になりましたか? KATOキハ110-200番台。


予約投稿なので、こんなタイトルになりますが…
5月末発売、て告知じゃなかったでしたっけ。


構内に佇むキハ110-100系列。
キハ111+112は、何度も書きますが^^;110との差異もあり、イイです^^
0408 DC110 YARD 5

10系客車や455系とは時代的には同居してないはずなんですが
並んでいても違和感を感じません。

0408 Twilight 6

JR時代のDCとはいえ、やはり「匂い」は似てるんですかね。
国鉄っぽさというか…。

0408 DC110 YARD 7

もっと整備しなきゃですね。
いや、整備というか「よごし」ですなぁ。
発売から4ヶ月越しでRMMに223系の加工記事も載りましたからね、
KATOの110系も年内には掲載されるでしょ?(笑)

0408 Twilight 7

掲載されてから、工作の参考にさせてもらってもいいですよね^^
イイ情報は、マテリアルが異なっていても使えるはずですもの。

にしても、100番台ご購入の御仁はこぞってUPするんだろぉなぁ。
インプレッションより、"自分ナイズ"しようよぉ〜量産品なだけに^^

そろそろKATOのキハ110も発売かな?


何度か記してますが…北東北〜盛岡口に居るのは100番台。
プラグドアタイプ。
0408 DC110 SCENE 4

KATOで追加発売するかは知るすべもありませぬが
キハ111/112の設定がいまのところ無いので、
KATOのが増殖してもちょっと「えへへ」かな^^

0408 DC110 YARD 1

発売の時代の差といいましょうか、
エンドウPLUSのは前面種別幕の点灯しませんけどね^^;
構造上、点灯加工もあたくしのスキルでは難しいので
あっさり諦めてますけどね^^;

0408 DC110 YARD 2


なかなかカメラを入れない角度からも撮ってみました。
「動き」を感じられるスナップのような気がします。
0408 DC110 YARD 3

KATOさんといえば…
キハ110よりずっと気になりますね、「スマートコントローラー」。
Bluetoothの通信範囲が気にはなりますが…
サウンドボックスも手元でワイヤレスで操作できるとなると…
これは、TOMIXのワイヤレスコントローラーより使い勝手がいい、
てことになりますね(TOMIXのを導入しているので分かります)。
0408 DC110 YARD 4

TOMIXのワイヤレスコントローラはN使用ではポイント切り替えも出来ますが
TOMIXのレールを採用してない側にしてみたら余剰/無駄なコストですから。

ENDO PLUS プラス TNカプラ〜キハ110-100番台〜


以前ちらっと触れましたが、TNカプラーへの換装のことを。
未施工112-121(左)と換装済111-121。
先に申し上げると…
実際の連結器高さに近似なのは左(デフォ)。
TNの方は実車より少し下がっています。なのでツッコミなしでww

0408 DC110 105

あと効果の確認としては、3両組成で中間をMP車にして前後走行させましたが
両面テープ固定にもかかわらず、剥がれ取れる事なく周回致しました。


見た目、違和感はないのでそのままGO。
真鍮床板を切り欠けば元の高さで納まったかもなのですが
その為に切り欠く工数を考えた時、
プラバン挟んで床板とゾロになって取付け易くなるならそちらがいい、と
0.8㍉下げた次第でございます。他車種と連結することは当方ではないのでOK。
0404 dc110 1
先に「本付け」の加工例↑を載せましたが、
前回の「仮付け」と異なるのは
連結器胴受けが実車と違う「弓形」だったのを実車同様ストレートのに出来た、てこと。
これも言わなきゃ気づかないことですけどね。自己満の範ちゅうですな^^

別にMODEMOハセガワカプラーもままでもいいじゃん、て思いますよね^^;
既出ですが入線時既に110-100の1ケが破損していたのが全取っ替えのキッカケです。
それに…デフォは胴受け(バネ)表現、ほぼ有りませんし…^^;
0401 DC110 14
面白いことに?なーぜか取り付けやすいスペースがある、このモデル。
トレーラー車は前述の理由で、切り欠かずプラバンをスペーサーにしてペタリと取付。

0404 dc110 14

ただ、動力車ではMPギアのボックスがTN復元スプリング部モールドに確実に当たる。
てことで、
ここは復元力は「捨て」で、ためらわず(多少ためらった^^;)CUT。
(前例としてはTNを採用したキット組FREE901でも切り落としてます)
0404 dc110 2

シルエット的に見ると、こんな感じ。
0404 dc110 9
この辺りはカプラエンドを現物合わせでデザインナイフで切削…
0404 dc110 10
ギリ、当たらなくなって台車は旋回するのでOKかな、と。

電連付き同士の連結シルエット。
0404 dc110 11

実車は電連付きかもしれない、連結面側のシルエット。
(気にする範囲ではないので弓形/電連無し〜手持ちがこれだった〜を流用)
0404 dc110 12

さすがはTNです。
ACEカプラでは当たってしまう連結面間クリアランス。
0404 dc110 13

冒頭で、胴受けをストレートタイプのに出来た、と記しましたが
これは、電連付きのTNが弓形胴受けで
電連なしのが何故かストレート胴受けだからでして
連結器本体だけパーツ入替えしたところ「ストレート+電連付き」に出来たので
これはラッキーと、普段それが見える前面に据えたのでした。

0408 DC110 112

TNの床板への取付は冒頭既出ですが、5015両面テープで。
負荷が掛かる渡り線でも外れること無かったのでOKでしょう。
取れたら、またつければヨシ。

キハ110系列 レタ・車輪・シール等

やれること、やってます^^
せめてせめて、5月?のKATOキハ発売前に、一応の加工完了に持ってきたいものです。

アンダーで狙った「絵」を載せてみます。
0401 DC110 17

左側キハ111がMP動力車、右がトレーラー112。
MPギアのグリス等その辺を調整したくてMPギアをバラしたとき
コキの時に用いた「GM12(ガンダムマーカー平芯グレー)」を使い
サクッと塗っておきました。
これは何度も記してますが、お手軽に下回りが落ち着く軽加工です。
0401 DC110 18
112が未施工ですので、その差はわかりやすいかと思います。
こと、この手(DT50とかSS系ね)の車輪結構見えちゃう台車だと効果ありかと。

これが……
0401 DC110 13
 ↓
 ↓
こうなる感じ。
0401 DC110 12

それから、過日のおでこのレタ貼り続きですが、
側面も、121番でやり直しました。
0401 DC110 19
 ↓
元貼ってあるのがちょっと斜めってたので「キハ」から全部…
 ↓
0401 DC110 20
です。
あ~~苦手だ。

それから、
今までの在籍車では施してないし
そのシールも無ければわざわざ送料掛けてまで、とは思いませんでしたが
ふと気づけば、「同じJR東日本」の車両があるじゃないですか^^
0401 DC110 124

ま。あたくしの事ですから、窓の何ミリの位置にきっちりと、
なんてことは致しませんww
実車写真参考(RF 2018年2月号 NO.682)に貼りました。
裏側からの貼付け、なんて心憎いシールじゃないですか〜^^
0401 DC110 125
優先席シールのことでございました。

次回はTNカプラーへの換装、ですかね。

再入線したキハ110…バラすのが大変。


これは仕方のないことなのですが
オク等で中古(未使用/試走後無走行等以外)をゲトした場合
どぉしても前オーナーさんの施しやら、
自分にはない「クセ(工夫とも言うか)」というのが有るものでして…

0401 DC110 16
(キハ111-112 イイですなぁ〜)

プラとブラスのコラボにTRYしたENDO渾身?のカテゴリだったのでしょうけど
(今も再生産されてるところを鑑みると、そこそこ需要はあるのかな〜200番台じゃないしね)
いろいろ試行錯誤あったままGOしちゃったのかしらねえ、
(といってもプラ部はMODEMOなんだしエラーは無いはずなんだが…)
窓パーツのハメ固定方法や床板の留め付け・屋根納め等、
どうにかバラしてみましたが(バラす必要がどうしてもあったもので〜後述)
プラに手慣れたTOMIX/KATOとかとは勝手が違う構造でした。

0401 DC110 11
(上回りと床板はプラ完よりだいぶ楽に外せます)

窓パーツは、外れやすかったのかボディに接着(恐らくオーナーさんが)されていまして…
薄いピンセットでじわじわやって"ひっ剥がす"のも至難の業…
どうしてもバラしが必要なキャブ周り以外はバラし断念。

0401 DC110 113

客ドア/窓プラが外せない=クリアは吹けないかな、と。
窓ガラス1枚1枚外面からマスキングしてまでクリア吹くのも、ね
思えば、ブラス完で外装になにか施そうにも"窓セル"はまず外せない(接着)ですからね、
それに比べたらまだイイほうなのかも知れないですね。

0401 DC110 114

プラの屋根は6本のビスで室内側から留め付けられてました。
これを外さないことには辿り着けない施工箇所があるのでした。。。。

0401 DC110 115

屋根をはがすとようやく前面おでこ部分(ライトユニット部)が露出。

0401 DC110 116

で、このライトユニットを一旦慎重に取り出します。
それをしませんとこのライトケースパーツと前面窓ガラスが外せないんです。
はい、ですので分解工程をスナップしておいたのでした(自分用)。

0401 DC110 117

前面窓ガラスの嵌め込み精度は大変高く、良くも悪くもッタリでございます。
これを取り外すのはかなり注意を要しました。
なにがしたかったか…ようやくですよね、ごめんなさい。
前面種別幕んとこの施しのためでした。
0401 DC110 118
外面のインレタが貼られていても、前面種別幕を施してなかったのは
おそらく…窓パーツをバラすのを断念されたのではないかな、と察してみたり…
メーカーもさ、こんな難しい構造にしなくても良さそうですけどね。


最近は盛岡区のもLED表示に変わっちゃってますが
そここだわり始めると(市販されてない、ということももちろん有る)キリないので
製品に入っていた「快速」を用いることにしました^^;

0401 DC110 121
貼ると貼らないではずいぶん印象違いますしね^^

おそらく、
KATOの200番台はここも照らしてくるでしょうね。
このキハもこの種別んとこうまぁ〜〜く切り出せば光は回るんでしょうけど…
そこまでのスキルはないので…

しょぉがないんですよ、ブラ完やってるENDOもKTMも
最近まで(これからも?)種別/方向幕はGMが如くで点灯せずな残念な完成品多し、なので。
MODEMOは照らしたかったかもですが、
そこはENDOとの力関係?で製品企画段階の会議で負けたか、と想像してみたり。

0401 DC110 122

おでこむかって左の車番レタですが…
これは既出ですが何故か側面用のが貼られていたので、こちらもコリコリ剥がして
慎重に、ちいちゃーいレタを貼りました。

0401 DC110 110

盛岡在籍車にするため111-112系ユニットは121番を選んでおります。
いわゆる「ラスナン」です^^

0401 DC110 111

【REAL 車上音】俊足キハ110-100番台。


0401 DC110 9

快速リアスに乗車した時の「車上音」を置いておきます。
台車上というよりエンジン直上収録、です。
前位後位のジョイント音とエンジン音、どちらもちゃんと聴き取れるかと^^;

( ↑画像は山田線上盛岡駅付近 )

就寝時、イヤホンでこれを聴いてるとすぅぐ寝られるんです^^
いろんな列車のいろんな車上音は多数youtubeにupされていますが…
「こん位の速度」、「車内遮音が効いてるエンジン音」、
サミット(区界)から宮古へ下っていく「惰性走行時の静かな車内」、
「25mレールのリズミカルで一定のジョイント音」、
とかの要素が寝入りやすくしてんじゃないかなぁ、と自分で思っております。

20180320214535ff0.jpg
( 遠目ですが…撮影時間からして"快速はまゆり"用の0番台111+112かもなぁ)


ただ…自分用とは言え
上盛岡手前から区界過ぎ辺りまではやむなくカットしたんですよ…
DVカメラを窓ヘリに置いての録画だったんで
上記区間での力行時の振動を直接拾ってしまって(カタカタカタカタ〜〜とカメラが揺れてる)
大変聴きづらく、この連続音がずっとあると逆に気になって寝れないのでした…

上り坂の力行音を記録したかったのに……残念、自分。
元の音源はもぉ少しクリアな音質なんですが…
UPしたのを聴くとこもっちゃうんですねえ…UPの仕方なのかな。

0401 DC110 10

ローカル線用とはいえ、キハ110はパワフルっす。
こちらのエリアですと、
盛岡⇔花巻、盛岡⇔好摩、八戸⇔野辺地の俊足っぷりは電車並みと言っても良いかと。
野辺地から先の大湊線は本線レベルのレールサイズでも保線状態でもないのですが
キハ100は本線同等の走りっぷりを体感させてくれます。
特に「快速」ですとその足回りの良さを実感出来ますよ。

キハ40系統は…車長や車内装備とか当時の最新だったのでしょうけど
重装備が故の車両の重さに型の古いエンジン……(パワーウエイトレシオが悪いってことよね)
平坦でも加速は重い、勾配に入るとガクンと速度が落ちる…
八戸線久慈発の陸中夏井→侍浜の鈍足ぶりは、
正直チャリで追いつけそう、と乗車時に感じたものです。

0401 DC110 6

(手元の110…室内灯も「バルブ」なんですよねえ…さすがにねえ…)
まぁそんな八戸線も40系列から"一足飛び"にキハE130になりましたからね、
心地よい速さに改善されることでしょう。
今更だけど、なんで110登場後に40と入替えなかったんだろ。
結構な勾配がある線区なんだけどね。

銀色E130より、剛体でありつつも本線で爆走出来る110系列が好きなアタクシです^^


キハ111+キハ112 (片運転台車〜KATOでは製品化されない)


引き続き、
出戻り(別個体ですけど)ENDO-PLUSのキハ110系統のことを。

0408 DC110 SCENE 1

キハ110+キハ111+112(100番台)。
山田線でもキハ110単行運転は実際に日中は有るわけですが…
朝夕時折目にする編成は3両以上なので
やっぱレイアウトでも110+111+112、となりますわな^^
まぁ…再入手のキハ110両運が非動力車であるということもありますが^^;

0328 dc111 1

片運転台の111-100番台にMPギア(動力改良型〜4軸駆動にバージョンアップ)が仕込まれてます。
既出ですが、保有していた初期ロットの2軸のみのMPギア車はマジ非力だったもの…
せっかくのMPギアシステムなのにね、さすがに苦情行ったんでしょうね。
既製品カーブレールで2両で走れなかったもの。

0328 dc111 3

製造から丸7年(2010年製、とあります)のこちらのMP車は
実に、実に静かでスムーズであります。TOMIXさん見習ってくれぇ〜い。
ただ…FW入りの挙動のTOMIX車両に見慣れていて
FW入ってないMPギア車の挙動に多少違和感を感じてしまいました。

0408 DC110 SCENE 3

止まるときとか「すう…」と停まるんでなく「ビタ…」て感じですね。
ブラ完やってた頃はそれが普通だったのにね。

ヒトというのは勝手なもんですww

0328 dc111 2

この片運転台のサイドビューは軽く優越感(?)です。
KATOでの発売は両運だけなんで。
実際にも両運3両とかの編成は少なくありませんが…
やっぱ変化は欲しい。
(しかも…KATOで3両編成組成するにも動力車が2両も入るんでっせ。いくら110が俊足でもパワフルすぎよね。)
「売れ行き」を見て片運車出すのか全く分かりませんが
当面は「ごっつり」していられそうです^^w


今回縁あっての入線3両、いじれる処はたくさんありそうですね。
一番の「ありゃりゃ〜」は↓おでこの車番。
前オーナーさん、側面に貼るやつ、ここに貼っちゃったかい^^;てね。
0327 dc111 4
まぁインレタの残りは幸いたっぷり付いてきてるので(中古品でコレがないのが一番つらかったり)
盛モリ所属車車番にしつつ、このおでこのも貼り直せばいい。
他にも、車高揃えとかウェザリングとか室内灯色/シート色変更とか
前面下部器具箱フタ取付・車輪黒染め等々、
かなり工作が(下手なりに、です)楽しめそうなモデルではございます。

0408 DC110 SCENE 3

あ。こんなワケで200番台で発売のKATOの予約は3両とも取り消しました。

再び移籍してきたキハ110(エンドウ)。連結器とか。


ENDO PLUS(モデモコラボ)のキハ110系統。
安価でGET出来たのはいいのですが、
密連とスノウプラウが片エンド破損(紛失)しています(承知の上札入れ)。

キハ110は分割併合増車減車をしやすくしているのか
ジャンパ栓接続ではなく地方のJRにしては珍しく?電連なんですよね。
0322 dc110 0
(こちらは破損してないエンド)

なにせ古い製品ですし、現在このカプラーパーツが流通してるのか知るよしもなく…
幸い片エンドだけ破損なので、キハ111等連結面に入れちゃえば
まぁスノウプラウ無くても目立たなくて済むかな、と思ってたり。
連結面はほとんど手を入れない自分なので(実際、走らせてれば気にもならない)。
「言わなきゃ気づかれないレベル」かなと(ココで言っちゃってるけど)
0322 dc110 1

KATOから200番台リリースされればASSYパーツも出るでしょうから
都会であればそんなパーツもモノを現認して購入して、
コイツに転用出来るんでしょうけど田舎では簡単ではありません…

プラ板で作れるわけでもないし、ウレタン?でコピーするスキルもないので…
ましてや「3Dプリンタって何ですか?」なもんで^^;
0322 dc110 2

手元にあったTN密連がなにやらフィットしそうな取付けスペース……

TNのスプリング部分が台車側のなにかに当たってしまう場合、
そのベースはカットしちゃうあたくしですが…
少々の加工で「ハマる」ならカットせず納めてみたいかも。

0322 dc110 4
床板は二層になっていて、上層(インテリア側)がプラ、
床下側が真鍮床板(ここがプラメーカーとの大いなる違いですね)。
真鍮床板にいくらかTNのベースが干渉しております。
ブラスキットを組んでいた頃のヘラクラスの糸鋸使えば、なんとか切り欠けそう??
けどこれ…動力台車ではMPギアボックスが干渉しますな。

ベースにTNが今ん処ぶつかってる分、連結器は上向いちゃってるけど
デフォのカプラーよりは見栄えいいかもです。
ただ…
胴受け形状がストレートじゃなく弓形になりますけど。
0322 dc110 5

前面器具箱のところをSUSパイプ3段まとわせて(それはそれでハイスキルですが…)
無骨(けどカッコイイ)な0番台の快速はまゆり仕様にしたいところだったのですが…
側窓割付が似て非なるモノなのであっさり断念。

けど、KATO200番台から変身加工する猛者サマは出現しそうですね。

次のページ

FC2Ad

まとめ