16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

T2 6700組み

駅のホームからぴょんって飛び込んじゃうってのも大迷惑ですが
飯能市で橋の欄干から、駆けつけた警察署員の説得にも応じず飛び降り自殺した者がいるようで…
52歳だって…「一生懸命やってきたのに、人生がいやになった」とかって。おいおい勘弁だぜぇ~
みんなもがきながらも必死に生きてるっつうの。苦しんでもその向こうには光があるのに。
意地悪されたら自分でなんとかやってくしかないじゃん。やれるもんだよ。相談する人居なかったのかなぁ……
なんにせよそういう人生の見切り方は…しちゃぁいけませんよ…まだまだ先がある歳じゃろが(そぉ思いたい)

てことで、
【“T2 6700組み”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

801系ぶらさがり試運転

801は現在非動力。なので試運転の牽引車は、完成後も相方になる701を起用。
801F.jpg

今回は動画で。

なんとなんと701系のLN14-1Mで8両走行。いやいやいけるもんですね。
ころがり、いい?? う~~む、801は全プレーン車輪。PLだけどちゃんと軸受メタルがはいってるから??
こちらも問題なく試運転走行を終えました。

時間が取れるなら・・これからは『塗り工程』…ですかしらね。
301と一緒に塗ってしまいたいですね、天気が良いならば、だけど。
ま、そぉ言っててもまた違うことやってますからね、その日の気分でやります。趣味なんだもの。


細かい話ですが上の画像のシーンのあたりで、「フラット」の音が聞えます!
なんか『あ。なんか、ぽいじゃん』と思ってました。偶然ですけど。音、大きくすると聞えますよ


テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

MP動力化改造

昨日は長男の東北大会出場試合を観戦しにいき……

                                         P1020257BB.jpg


夕方あたりから工作を始めました。例によって「コレをやろう!」てことではなく…
席に着いたときの気分で…「よし、MP化をちょっとやろうか」てな感じで
【“MP動力化改造”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

毎朝の光景

十和田でもこんなおもしろい幼稚園バスが走ります。
さつきバス2

ほぼ毎朝、通勤時こうしてキティちゃんに見下ろされています(笑)
となりの八戸市ではバス全体がトーマスとか、ネコバスとかD51とか…さっまざま走ってます。
昨夜は801の下周り~IMONさんからパーツが届いていますのでその交換等をしました。
【“毎朝の光景”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

マイケルが……

とっても悲しいですね…

すばらしきアーティスト・マイケルジャクソンが亡くなってしまいました。
朝一番の報道では「うそだろ?」と信じてませんでしたが…
時間が経つにつれ、それが事実である事を思い知らされました……。

今日は朝から車で移動していたのですが、普段だとCDやTVなのですが情報が知りたくてAMラジオにしたのでした。

ショック…。
【“マイケルが……”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

ひと晩、ひと箱?

未組立分は3両のみとなりました。今夜は打ち合わせ&飲食があるので出来ませんが
まぁ日曜日までには10両箱組みだけは終えられるんではないかなぁ、と算段してみたり
P1020238B.jpg

あとはまとめてランボードを         
【“ひと晩、ひと箱?”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

6000系中間車4両目。

ゆうべは…まぁ2両は無理でしたが1両は形にできました。こなしてくると、コツも得てきますな。手順が良くなるというか。

P1020234BB.jpg
【“6000系中間車4両目。”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

6000系中間車にも台車入れ

日曜日にキサゲを終えたモハ1両に入れてみました。ちなみに夕べはもう2両のキサゲを完了
1両1両カタチになっていくと、モチが下がらなくていいものですね(今んところだけど)


P1020233bb.jpg


【“6000系中間車にも台車入れ”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

6000系中間車の組立

いよいよ難関の6000系の「組み」に立ち向かうことにしました。
幾度となく、ああしてこうして…というシミュレーションは行っていましたが
なんやかや言ぅても、              
【“6000系中間車の組立”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

初・シンナープール

以前入手していたユートレ生地完成101N(池袋線スカート付239Fの予定)の塗装準備として
以前からやろうとしていたのがサッシュ・ドア等接着剤で取り付けられているパーツの「剥がし」。
仕事柄シンナー等は良質のものが安価で入手できていたので、いよいよ本日容器にシンナーを入れて行いました。
まず、車体のプラパーツなどは事前にはずし…    
【“初・シンナープール”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

センターピラー他雑工事

今まで、上手く行かないんじゃないかなぁとためらっていたセンターピラーの取付けに向かいました。

材料は……西武電車製作でお馴染みの森田さんの記事を読んで「洋白線0.4」を用いる事にしました。
焼付塗装をするわけでもないんで、取付けには低温半田を使用。
少しだけ長めに切断し、小口を少しずつ油目のヤスリで整えつつコリコリ…所定の長さに持っていきました。
まぁ 
【“センターピラー他雑工事”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

センターピン、解決!

またまた助けていただきました。バッチグー(わざと使ってみた)なアドバイスであっさり解決。
どうして気付かなかったんだろう…自分ってば。いろいろここんとこ病んでたからか…

さて。台車センターピンの話です。
エンドウキットの床板には自社台車+MPボルスタがぴたりとマウントするよう孔があいています。
801はFS067で軸距が26㎜。エンドウ372では軸距が27.5㎜になってしまいなんとなく使えない。
せっかく26㎜のFS372が日光にあるのだから当然それをチョイスしたわけですな。
【“センターピン、解決!”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

うまくいかない。

夕べは所用があったのでその前に作業。難所である乗務員ドア上部の雨どい補正…。
うまくいかないですな 何度か低温半田を盛っては細かいペーパーで…。

P1020147.jpg

もぉいいや。
何度やってもうまくいかないってことはそれ以上の技量を持ってないってことだもの……
いじりすぎて他の部分まで傷めたら被害は甚大になりそうだし。精神衛生上もよろしくないもんね。

てことでゆうべは時間切れ。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

組みたい症候群

E61塗料関係と一緒に発注してあったパーツ類が揃ったので気分転換にコッチにも手を掛けようかな、と思ったり。
どうやら自分は、複数の形式を並べつつ今日はコレ、とかって工作するほうが性に合ってるような気も。
ドレに気が向くかわかんないんだよねえ。もち、全然気が向かない日もあるしね。急ぐ必要無いからいいけど。
ま、だから週末は完全切替でE61[TYPE]を塗ってみたりしたわけだけど。
艤装云々より、今は『下手のままでもとにかく組みたい症候群』なんだよなぁ。
P1020144.jpg

レイアウトの方も進めたいんだけどね、駅~ヤード周辺の大改造を計画してるので
アッチはアッチできちんと時間が取れる時にやらないと、と思うし…なので車輌工作に偏重してます…。

301のサッシュとかも取り外さなきゃいけないなぁーーーーーー。塗装にじゃまよね。


てゆか、趣味に没頭(集中)すると、嫌な事とかも忘れられるから良いよね。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

ほんのちょっとだけ

モハにPS16を載せてみた。塗るときはずすんだけど付けてみたくて。
屋根上の『画竜点睛』ってとこですかね、パンタは。

P1020124.jpgP1020125Q.jpg
なんかかっこいいっす。

この801も雨どいのとこきれいにして手摺つければ(後でもいいんだろけど)ほぼ生地完成。
床下器具の洗浄とかでもやっておこうか。。






テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

金曜夜⇒土曜深夜の工作

5月の末からいろいろ下準備と知識吸収し、ある程度『整った』ので二日続けて休みのこの週末にTRYした。


ネタはコイツ。カワイED14。この日のために購入してあったのでした(過去記事参照)。
ed14.jpg



そいつをバラバラ~~~~~に。
P1020123.jpg

あとは酸洗いして、乾燥させて、メタルシーラー吹いて、下塗り吹いて、マスキングも適宜行って……













出来た!!!! 塗りなおしはせずになんとかなったな、初めての塗装にしては。E61.jpg
下回りを少しよごして…『愛着仕様』がまたひとつ登場した次第。
あとはレタとカプラ。パンタはカワイのは貴重なので敬意を表してあえてデフォルト。

ま、こぉすると失敗するとか実地で学習したことは今後に生かそう。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

LSE & 9000

P1020118.jpgP1020119.jpg
KTMじゃない9000。こいつは縦型1Mで台車の転がりも悪くいつかMP化してあげないとと思いつつ…現在に至る……


P1020115.jpg
LSEにこの色の通勤電車を並べると、ぐっとまた小田急線らしくなる(嬉)。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

27年ぶりに手摺に挑戦…

P1020102.jpg簡単に治具(とりあえず1.75㎜)を作って……

P1020106.jpg差し込んでみた。



これはテストだけど……ん~~~裏からのハンダ付けに難儀しそうだけど、まぁなんとかなるかな。
ホンチャンの治具は真鍮板から切り出しましょう。その方が甘くならないみたいだ。


MP化 Complete!

MPギアをSS125台車にまたまた組む…。これは、実験。
あるパーツ(画像参照)をお譲りいただいたのです。厚さは0.3と0.4。上手くいけばオナグサミ。

HI3F0083.jpg
手順としては「軸端が深く入って車輪がシューに接触せぬ程度にメタル軸受圧入の深さを慎重に掘る」…
しかし、どうしても自分のスキルでは高い台車を台無しにしちゃいそうで…
で、このワッシャをお分けいただき、「だめもと」で軸端に入れてみようと思っていたのです
まず、0.3…まだ深い。  0.4も重ねてみる… ん、なんだかいい感じ。ブレーキシューに車輪当ってない!
台車単体をEN22で回してみた段階ではなんら問題なし!
しかし集電が出来なきゃしょうがないんだから、モハ301の1台車をSS125に交換してレールへ……。


HI3F0082.jpg
大成功!
ギクシャクすることもなく、ワッシャを嵌めた事で特に負荷が増えた感じでもなく実にスムーズに走り出しました!
一部用途外使用ですが、まぁ結果オーライってことで。いやーーーうまく行ったぁ~~良かったぁ~。


台車の総巾は、花園ボルスタが実測で21.6㎜、MPが20.8㎜。
台車フレームとボルスタの間にかませたワッシャが0.4 X両側=0.8㎜。  ∴数値的には同巾。
多少「遊び」をつけないと3点支持になりづらい台車なのできも~~ちビスは緩めたからちと総巾は広がったか…

車体裾との関係はこんな感じ↓
HI3F0084.jpg
みたところ「ツライチ」ですが…まぁなんとかなるでしょう。





このたびは貴重で有用なパーツをお分け頂き、本当にありがとうございました。助かりました!

雨どいをキレイにした。

P1020089.jpg 気持ちが向かなかったのでやっってみたのは1/4箇所だけ。




太い帯板しか手持ちがなくてソレを使ったけど、まぁ削ってヤスってどうにか摺りつけた。
気楽に気長に

状況


P1020091.jpg土曜日はもう1両のTcお面取付と雨どい延長。

P1020096.jpg日曜日はモハの屋根上配管を一気に。まあまあいい感じ。


自分のペースとスキルでラフに進める、と

6000系。高さの結論

夕べはIMONさんへのパーツオーダーの最終確認も踏まえてまたまた台車をいじりました。
801のも6000のもいろいろいじってみました。

オーダーに際し、車体高さをきちんと吟味しないとなりません。
前回計測ン時はちょいと高かったのですが……もーーーー一度しっかり計ってみました。



P1020072.jpg
P1020079.jpg

17㎜
枕木&レールの厚みが4.5㎜なので17-4.5=12.5㎜。
これは鉄道ファン添付図面(1994年の)と、キットに付いて来た図面の、レール踏面から車体裾と同じ
図面寸法上はピタリの高さに。図面での屋根最高高さも同じになりました。
いわゆる701系列の屋根というのが「なで肩」で、この6000は側面が切り立つ「いかり肩」。
それも錯覚させられた要因だったのでしょうね。あと台車の表現と。

なぜ前回と同じパーツ使ってるのに下がったかというのは、拙が魔法を掛けたから、と申しあげておきますね


ま、ともかく、高さが決まったとなればセンターピンやボルスタもキット添付のでOKとなる。
ならばMP動力車のボルスタもドレを使えばいいか決まる。ヨシヨシ、見えてきたぞ。

てことでその実測数値からオーダーを最終決定しメール送信して就寝。本日お昼には連絡が来て振込み手続きも完了!!
なんかやっとホッとしましたな。
さてそぉなりますといよいよ6000もリスタート出来ますね。でも801のもう一方のお面もやっちまいたいですね。
今夜は早く帰って一気にお面接合、と参りましょうか……

そうだ、とあるハンダの練習もしたいなぁ……。あ、屋根配管も全然だし手摺も作らないと、だね。
なんだ、まだまだ801も細かい作業あんじゃん…。

田舎と通販。もちろん愚痴(笑)


人の愚痴はききたくないって人は読まないでくださいよん。最初にいいましたからねーーーー


鉄道模型を扱うお店の対応というのはさまざまですな。


特段、高価な完成品を買うわけでもないのに
一回の買い物が1万にも満たないような拙なのにねえ
細かいことを質問させて頂いても、おそ~~~くとも翌日朝(ほぼ1時間以内)にはお返事頂ける。
ポリシーなんでしょうかね。うちらもありますが「会社方針」てゆうやつなんでしょうか。
リアルレスポンスは大事なんじゃないすかね。なんのカテゴリの仕事でもそぉじゃないんですかね。
うちらも商売してますから大事にしてますし、スタッフらにも言ってます。
信用・信頼なんてーのは一瞬で失う事もありますからね。


田舎に居ますとね、ここがストレスなわけですよぉ
ショップが帰宅途中にあればひょいっと寄って実際のパーツ形状から入れ数から
ぜーーーんぶその場で確認できて、お買い上げぇ~~~…それが普通なのでしょぉ?? 
拙にとっちゃぁ ほんと理想
カラー1瓶足りなくてもどうにかなりますでしょぉ。コッチは全てにやり取りと送料。


ひと昔前なら尚の事「鉄道模型の『パーツ』の通販」なんて、
こっちで一生懸命調べて品番指定して「ありますか?」てなもんでした。
そしてそれは既に売り切れてたりね…。
パーツも増え、どのパーツのチョイスが正しいのか迷う事しばしなわけです。
メーカーのサイトみたって詳しく寸法や用途が載ってはいないのが多数。
寸法図やちゃんとした写真を親切に出してらっしゃるのはフクシマさんくらいかしら。


インターネットの普及で田舎に居ても、時間距離というのは相当縮まりましたけれどね。
結局、ひとだよね。ひとがやらなきゃいくらインターネット回線が光になっても、ね。

あと、メールアドレス有ったっていっこうに返しても来ないとことかね。いままで何店あったろう…。
返して来ないならアドレスなんて載せるな!て言いたいですな。
返してきても用を成さない返事とかね、がっかりしますね。
あとサイト持ってて「最新在庫状況載せてます」…て…2002年更新とか…。
「無いです!!」て言われるの覚悟でドキドキしながら電話したって出やしない。タイミングだけの話か?


旧態依然としたスタイルの模型店ってぇのはみんなそぉなんでしょうか。
な~~ぜか、上から目線なんだよね…売れなきゃ売れないでいい、みたいな。
どっちが客なんだろ。いつか大きい買い物するかも知んないじゃんか(負け惜しみww)
電話応対でむっちゃ腹立った某メーカーの某直販店もあったな…そぉいえば。

まぁ随分前にも同じような事記事にしましたけどね、どうせ反響もないブログなんで
商売ってそぉじゃねんじゃねーの?て意味では店名匿名じゃなくてもいいんじゃないか、て思っちゃいますけど…
ま、そこは飲み込みぃ~」と。

不況不況と言われていますが一部のアパレルと16の鉄道模型業界は不況知らずな気がします。
お金がいくらあったとしてもついていけないよう…と思いつつ、いろんな完成品が出るのはいいことよ。楽しみだし。


けど、工作を再開してみて思ったけど…ぃやっぱ田舎はアカンわぁ…かなんわぁ。
作ってる電車と向き合える時間は完成品の比ではなくたっぷりで楽しいんですけどね、
失敗しちゃったとこだって技量が伴わないところだってソレがその時点のアニバーサリィだから。


ただねえ、パーツとなるとね…もの見て買えないのが一番つらい。品物知らないんだもの。
ただの教えて君じゃあねえ…


てゆか、模型以外のWEB通販をみなさんは利用したことないですかい? 
ダントツに対応違うよ、ほんと。
あそっか…都会のひとは模型を通販で買う事ないんですものね……わからないですよね………
「田舎人のヒガミじゃん」て思われてるだろけど、それよりも大事な事は書いたつもり。

自分がした同じ事を、他人から自分がされたらどんな気分よ?て話ですよね。
一事が万事、一期一会。千差万別、焼肉定食。


むはは。。だから『愚痴だかんね~~~』って最初に言ったじゃん

801下回りひとまず完成

ゆうべは「気分転換」で、コテは持たず、もっぱらドライバーを持ちました。
801非冷房車の床下器具取付です。
701床下器具セットは当社標準のEN22モーター用ではなくLN14サイズを前提に作られてまして…
といって床板の方はそもそも101なのでEN22開口。
なので101床下器具と701のソレをトレードした時、取付板はトレードしませんでした。
キットの床板と同梱の床下器具取付板なら文句なしで加工無しで行けるので

器具取付用の穴も差異はあれども開いているし、901ん時みたいにエポキシ接着剤を多用する事もない。
ゆうたら、イージーキットになっちゃってるセットだし
内容が冷房車用とはいえ、そぉんなに変わらへんやろとタカをくくってました
P1020067.jpg

結果的には思いのほか時間が掛かっちゃった。
非冷房の801の「当時」の床下器具配置の写真や資料は手持ちのもの以上は
収集出来ませんでしたので、手持ちのエンドウ701非冷房車を並べつつ作業したんだけど
少なくとも冷房車とは随分と異なりましたな……
取付位置や出入りは取付板の101用の穴を使えるものは最大限使いましたが
開け直しもそれなりにありまして………最後は「まぁ、雰囲気で…」と付けちゃいました。
P1020068.jpg

6000のTc車の床下は四角い箱がたくさんで、にぎやかなんですけどね…
801Tc車なんてーのは…「え? こんなもんだった?」てなもんで…。


で、その後台車。
実車FS067は製品化されていませんがあの特徴的なボルスタアンカはご好意で入手済み。
(まぁ、この存在がなかったら801にはとっつかなかったと思うほど、貴重なパーツ)
軸距が26㎜なので今回はあえての日光FS372を迷わず購入。
ここでエンドウの買っときゃよかったんだよなぁ…
保有の西武車で日光(エンドウが未発売の頃)のを履いてる車輌あるんだもの、トレードすりゃよかった。

日光の台車は、エンドウキットになかなかマウントしづらいボルスタ形状でしたな…
ボルスタと車輪の関係については小手指さまのブログに丁寧な解説があるのでそちらをご参照頂きましょう。
問題はセンターピンですよね…。

床板にはエンドウのセンターピン径(5.8φでしたっけ?)の穴が開いてる。
けど日光のは径に合わない。日光のセンターピンなんて「金属床板用」としか表記がありません…
要はそのまま使うとユルユルするはず…てゆか、センターが決められない、というか…
うまく説明できませんが…それは工作する側で工夫せえや、てことなんでしょうかね…


とにかく台車を履かせたかったので、エンドウ方式で上からビスを通し、
エンドウみたいにタップを切ってない日光ボルスタをとりあえずナットで押えました
どんぴしゃのパーツがないようなのですが、こりゃぁ床板の加工が必要か、という課題を残したまま
とりあえず下回りは完成ということになります。
あ、MP動力は801は増結用前提なので今回は搭載しません。いつでも載せられるようにはなってますけど。
10両編成に3Mなんてのは昨今のエコの時流に合わないので(言い訳)。
P1020071.jpg



あと大きい所は、もう一両のTc車のお面と、雨どい継ぎ足しと、屋根上配管……かな。
来週以降は……下回りの  にいけるかな(謎)。

お面接合!!

6000の下回りの「方針立て」は出来ました。
上回りは床高さの兼ね合いもあるのでいずれまたやることにしまして…
ゆうべは仮止めで中断させていたクハ1801のお面と車体の本接合を行ないました。

拙のキットだけなのかわかりませんが、既述したように、車体下端を揃えませんと
乗務員ドア手摺の位置も変わってしまいますので、裾揃えで間違いないと思うのですが
そぉしますと肩の部分が画像のように、かなり合いません。
肩をあわそうとするとお面のおでこが変に膨らみ、車体屋根の方にハンダ盛りすることになって
横から見るとそこがもっこリにみえるかも知れませんし。
P1020053.jpg
ここを丁寧に、ごく丁寧にやすって行きます。

こんな感じにまでどうにかなりました。
P1020055.jpg
まぁちょっとヤスりすぎたきらいはありますが…
テープは雨どいと戸袋Hゴムのプレス表現を間違って削ってしまわぬように、です。

車体側の雨どいは車体端っこまでプレス表現されてますが、
この雨どいは乗務員ドアのほうまで別途帯板で延ばしてあげなきゃいけないので、
肩をあわせるにはむしろ車体側の雨どい表現は作業上じゃま。
なので「合わせる」ほうを優先して車体の雨どいは5㎜程削りました。雨どいは「足せば済む」んだし。

次に屋根接合部の裏側に帯板を添えて半田でしっかりと固定し、その後表側も半田を流していきました。
屋根部は国立工場長の言われるように「表面張力」で半田を盛るような気持ちで、
側面部はサッという感じで流しましたが…果たして…
側面部はいずれにしても乗務員ドアで補強されると思ったので。
そしてその乗務員ドアを、位置がずれないように注意しながらこちらもサァ~ッと半田を流して固定しました。
ちょっと表に出ちゃいましたが……キサゲでなんとか修正…。ツライチドア/埋め込み手摺形式はめんどいですね…

一旦ここできれ~いに車体洗浄し、乾燥後ひたすら油目やすりとペーパーでシャカシャカスリスリ。

P1020057.jpg
P1020059.jpg

どうにかカタチになったかな…


あと、お面が届いた時はこんな感じでしたが…        それらもキサゲ刷毛で丹念にひたすらにシャカシャカしました。  
P1010893BB.jpgP1020064.jpg
P1020065.jpg

今日、もう一両のクハもやれるかしら…いやいやそんなに根気は続かない…
ここはまたまた気分を変えて屋根上の配管ケガキでもしようか。よさげなケガキ針も購入したし
なんせパンタ1基だから気が楽。いやいや床下器具とか台車とか下回りの組立ても楽しいじゃないかぁ

今週中に塗装直前車体になりそうかな…ワクワク(爆)

あ。
大きい正面窓のセンターピラーはどぉすればいいんだっけか…………

Blue sky of June in the mind

いろいろ試行錯誤しましたしこれからもするんでしょうけれど…
下回りというか駆動方式はまだクリアせねばならない課題もありますがMP(もしくはFM)方式とすることを決意しました。

ゆうべ、届いた車輪を台車に嵌め、Tc車に履かせ、ACEカプラーを取り付けてROOM502へ。
10両編成ですのでEN22ならば2台で済む事は当鉄道に所属する10両編成で実証済みですが
6000は床下器具が容積的にエンドウ・KTMのソレより重い。1両の重量もTcでも案外ずしり。
なので果たして頭と尻尾が重い編成で普通に走行可能か、試運転をしました。
より重い荷重で試そうと思い、101系モハ3両(内1両がEN22搭載車)に6000Tc x2の組成です。
しかも6000はPV軸ではなくPLでメタル軸受も圧入されていません。

HI3F00020001.jpg
結果は、超スローから高速域、及びR1550/R755共に実になめらかで一定、そしてなにより静かな走行音でした。
数周回させ、前後進も試した後、当鉄道では数少ないLN14搭載車(モハ701)に取り替えて試験を行ないましたが…
んん~~~~、カーブでちょっと苦しそう。走るには走りますが若干余裕が感じられない走りでした。
EN22採用を決断した瞬間でもありました

まだハードルはありますが、床板の件もクリア
つきましては…ありがたきご助言を多々頂きましたこと、ここでお礼申しあげます

奥行きの大きい床下器具の切削もあります。が、M車は3両ではなく2両で済むので
気持ち折れずにどうにかやれそうです。901系ん時もやりましたしね。その分の成果もあったし(主に「達成感」ですが)。
ま、ウエイトは上乗せですのでウエイト部分の切削はしないでいいし。

くだんの、MPをマウントする台車枠と軸端におけるショート回避策に関しては
やはり軸受けメタルを圧入することに。軸が深く台車軸穴に入り込まないようにすれば接触はしません。
これも2両で済むので、気持ちの負担は軽くなった。時間を掛けてじわじわやればなんとかなるでしょう。

もうひとつ。
軸が深く入り込まないようにするってことは台車枠内のりも広がるってことです。
すなわちボルスタの巾も規定より広くせねばなりません。
しかし…そうです、広くしますとあの揺れまくらってんですか?あれが裾に当ろうとします。
P1020050.jpg
(揺れまくらの車体側面との出具合~未調整状態)
さて、ここをどぉするか、だな。

んでもまぁ、心と頭の中のモヤモヤは晴れてきましたな。

いよいよ上回りだ!!
一瀉千里に進めたいけれど…ここは気分転換で801を………

悩みもまた楽し?!

P1020031.jpg
P1020030.jpg
パーツが届きました。これで当面の工作は大丈夫、かな。応対が丁寧ですね、IMON池袋店のSさま。

田舎に住んでますとね、とにかくパーツに見て触って確かめて買うことがまったく不可能。
通販でパーツ買って過去に何度も「がっかり」があるので、それが面倒で完成品にシフトしたきっかけもあります。
軽工作は出来る"つもり"なので、あとは工具と『的確なパーツ』の確保、だった。
ここ何十年、細密ドライバーとチープなピンセット、汎用接着剤とカッターと30Wコテだけでやってたんだからある意味すげえな(爆)
ホビダスとか、WEB上ですべて画像とかがあると購入判断しやすいのだけどね。
あ、先般「ある物」をホビダスさんで買ったけど、こちらも発送とか早かったなぁ。
P1020037.jpgP1020033.jpg



昨年、工具はお陰さまでひと通りそろった。技量はなかなか伴わないけどさ…まぁいいさ。
やれることをゆっくりやってくさ。背伸びしたってしょうがないしねえ…「身の丈」って大事よ。


くだんの台車SS125だけれど、今回KTMのピボット軸の車輪も買ってみたのでそれも帰ったら嵌めてみよう。
要は軸端の長さがそれなりに長ければ台車枠にあたらないはずなんだよなぁ。

MPギアを履かせたいけれど、何度か書いてるけど、台車枠内で左右に車輪がブレると
ブレーキシューのモールドに車輪リムが接触し、ショートの原因となる。狭くすると今度は車輪が回らない。
SS125台車には軸受メタルが圧入されてないので、それを介して台車枠に車輪があたらないよう
「ふかして」やればいいのだろう、という想像はつくのだけれど…その加工の深さってのは
目見当にしかならない予感…おおいなるリスクですねえ…

高額な台車枠の軸孔にドリルを入れるというのは自分のスキルから言って相当勇気が要るわけで…


台車の揺れまくらってんですか?あれはこないだの試運転の結果、キットに入ってきたセンターピンを使っても
R805で車体裾に干渉して、脱線まではいかずとも、カーブに差し掛かる度に「カチッカチ」て当たって
車体が揺れる。揺れまくら、てそぉいう意味じゃないよねえ(爆)
現状で当るってことは…他より1ミリ広い「FM幅広ボルスタ」だと揺れまくらが車幅よりはみ出そう。

まだまだ課題山積だぁ……。



気分転換に801の屋根配管の孔開けや、クーラーの穴埋めでもしようかな…

P1020041.jpg
(今回購入したパーツ/素材関係)

FC2Ad

まとめ