16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カワイモデルカタログの写真を添付し忘れましたー

前記事に、アトランダムに挟み込んで
アップロードしましたーーー。

文字や驚きのプライスは、
画像をクリックして拡大して、見てみて下さいね。

パンタグラフ、PS16が185円って……
作りに違いはあれど……にしても。
P1040942.jpg

あと、模型車両カタログに似つかわず?電気的なことも記しています。
思えば、Dualキャブコンの勉強は、これでしていたのかもしれないです。
P1040943_20161026231434cc6.jpg


スポンサーサイト

カ…カワイモデルのおよそ50年前のカタログが出てきた!!!

国鉄時代の形式について調べたくて
本棚を物色していたら…
すごいカタログが出てきました。
P1040936_20161026231411e61.jpg

塗装済完成車、2500円って……(中間車であるにせよ)

P1040938.jpg

おそらくは1970年より前?のカワイモデルのカタログです。
モーターやライトのつなぎ方、動力の調整の仕方まで載っていた、
模型鉄道を始めるにはなんとも心強いバイブルでしたね。
「あ~有った有った」と思われるご諸兄もいらっしゃるでしょうから
ぼっろぼろですけど載せてみますネ。
P1040937.jpg

カタログは基本「あれこれ書き込んだりしない」のですが
なんやかやとその少年(歳バレ~自分です^^;)は
きったない字で(しかもマジックペンで!)書き込んでおりますな。
P1040939_20161026231415b3c.jpg

SL(確かC56、C59。 C11なぞは「タイプ」て謳ってた気が)や
EDなんちゃらとか機関車のページは破れてなくなっていましたが
電車関連は載っている。
てか、
びっくりなのはその価格です。
P1040940_20161026231416cd5.jpg

およそ半世紀経っているのだから、て言われりゃそれまでですが…
できることならドラえもんのタイムマシンで
当時に遡って、爆買い大人買いしてきてしまいたいです。

いまのNゲージより安かったのね…
コーヒーやラーメンはいくらの時代だったのかとちょっと調べたら、
スーパーの食料品単価ベースで行くと3~7倍程度ってとこかしら。
モノによるけど。


思えば…
カワイモデルさんもですが、他につぼみ堂さんとか出始めのカツミとか、
こぞって真鍮製の「塗装済」のオールインワンキットを出していましたね。
模型店のショーケースの中に『中身』を見せて置いてました。
到底お小遣いが及ぶ(お年玉ですら及ばない)価格ではなかったので
買えもしませんでしたから、
カワイモデルのこの価格も、当時としては高かったのでしょうか。
P1040942.jpg

いやいや、それにしても高騰しすぎでしょ、16番ゲージ。
極々細部まで拘った編成完成品になると、普通に60~70万って……
Nにシフトしてからというもの、Nのプライスに慣れちゃったからなのか、
いやはや、とてもじゃないけど老い先を考えると
なおさら「所蔵しよう」て気持ちにはなれませぬ…

その他、機芸出版社刊「楽しい鉄道模型」やら、
これまたボッロボロの「レイアウトモデリング」なんてーのも発掘。
モデリングなんて、どんだけ読み込んだんだろか、昔の自分。
幸いにして、デュアルキャブコンの知識とかは
カワイのカタログやこのレイアウトモデリングで
当時頭が柔らかかった時代に、インプットされたと思っていますが。。。。

しばらく眺めなおしてましたけど…
「逆・浦島太郎」気分になりました。





電留線見学(笑)~本線引き上げ線から機関区へ



当区に於いては、終端ホーム7番線からのみ
電留線へ入っていける配線となっています。
電留線10本(だったかな)は機関区を横目にみつつの奥となっています。

機関区に待機する西武の機関車群も見るより、
奥に佇むE851に目が行ってしまいますね。
IMG_4036.jpg
エンドウ製初期製品に、あれこれ手を加えたモノです。
新しいロットのものには到底かないませんが…
キャブ表現、パンタ・スノウプラウ交換、窓まわりHゴム塗りetc…
なにより縦型2MからMPギアシステムへの大工事がメインでした。
極上新ロットには施せませんが、こちらはスカート・台車も少しよごしてあります。
走りもかなり良くなり、手も加えたので愛着のあるロコです。

手前に目を戻すと…
IMG_4033.jpg
いますいます^^

往年の名車達。
汚せば現役感出るんでしょうけど、高価なもんでそれもさすがにもったいなく…
ちらっと写ってますが、E61はなんとなんと1960年代のカワイモデルからの塗替えです。
古くなっちゃってる縦型モーター+インサイドギア…
これはさすがに調整できないしプッシュプルの協調運転も出来ないので
ディスプレィモデル化…。

E52は、かのムサシノモデルキット組立品(を購入)、
走りは缶モーターですがめっちゃくちゃ静かです。
旧型機では唯一デッキ外付けのちっこいテールランプが点灯します^^
製作者様が素晴らしいんですねえ、これは。
IMG_4032.jpg
E71は、こちらも絶版品しなのマイクロ謹製です。
こちらは深いひさしがエレガント。
E52と共に美しいロコだと思いますねえ。
インサイドの動力がマウントされていましたが、
シナノさん、その納めがうまく処理出来なかったのか
他の機関車よりとても背が高く(というか、腰高)みっともなかったので
ボルスタ辺りに加工を施し、腰を落ち着かせる調整をしたものでした。
まぁ、そのため動力は収まらなくなったので無動。
したがって、E71はプッシュプル、もしくは重連の「補機」て役柄になってます。
(実際には旧型電機の重連の本線仕業ってのは無かった気もしますが…そこは模型^^)


さて、電留線の方へ行ってみましょうか。





元気に暮らすんだよー、ワフ101~^^


西武貨車というカテゴリを作っていなかったので
時代的に似つかわしいところで「赤いほう」としましたがー。

東京→当区に在籍していたものの、あまり出番がなかった西武ワフ101。
ご縁ありまして、東京へ回送~里帰りということになりました^^
IMG_3973.jpg

その回送先は「はにたらう」さん。
乗り入れ(リンク)のご依頼がございましたので
喜んで相互乗り入れさせていただきました^^
はにたらうのウラニハ」というブログ・サイトです。
当区とは逆に、Nから16にご転向なさったお方で
16番ゲージ模型や、行かれた旅のことを綴られておられます。
こと、西武鉄道101系(旧、と呼ぶのは抵抗有るので)のインテリア仕込みの記事は
興味深く読み入りました^^
エンジのシートが映えます。


当方なぞもはや疎更新の零細ブログですのに、
乗り入れ案内くださり、感謝いたします^^

ワフくん、
"親方"E851とおててつないで、元気に暮らすんだよーー^^

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。