16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の鉄本。時代はTMS→RMMなのかな。。。



おおよそ、毎月購読はRMM誌としているのですが、
例によってあとは特集によって、買う買わないを決めています。

こと、RMM今月号は「レイアウト」!
楽しみでしたねえ~。
なんと北市先生の「新諸国鉄道」レイアウトも
RMM誌にシフトしていたのには驚きました…。

宮崎師匠(勝手にそう呼ばせていただいている)の
「こてはし鉄道」もそうでしたが…
…そもそもがどちらもTMSに掲載されていたレイアウト。
こてはし鉄道レイアウトは「とれいん」でも特集されましたが
新諸国鉄道もRMMさんに掲載されるとは…
記事の中には、少年時代にTMSで「すげえなぁ~」と眺めていた
ジョン&アレンレイアウトについても
「TMS誌に掲載されていた」とあっさりと記述が。
170222 01

そうそう、あと、当16番レイアウトにも愛用しておりますが
PECO線路の小特集とカタログ。
PECOもそもそも「機芸出版社」。
その扱いが何故か停止し、プラッツさんに代理店が代わって…

これを機にもっとPECOが知られ、使われるといいですね。
機芸出版社扱いんときはなにかと
「ウチしかないんだから、『ワンプライス』で買いなさいよ」てゆう
上から目線的イメージが有りましたからね…。

とはいえ…
50年近く前?からPECOを推し進めて広めたのは
TMSの功績であることは記しておかねばなりますまい。

水野良太郎氏もそうでしたが、
その先輩諸兄のシフト具合からしても。。。
それと、RMM誌はカラーページがとても多いので
眺めやすさやページをめくるときめき感~
そぉいう面でも、TMSを引き離してるような気がします。
(実際の購読シェアがどうなのかはわかりませんけど~~)

鉄模誌のパイオニアTMSが担ってきたものは既にレガシーとなっているのでしょうか。


もう一冊は、「いつか間違いなく特集するはず」と考えていた、
鉄道ピクトリアル阪急京都線特集。
神戸線(神宝線はあまーり興味がない^^;)に特化して
特集してくれていましたからね、京都線もやるはずだ、と。


てことで、迷わず購入しました。

スポンサーサイト

元気でね、西武501F ^^



かねてよりオクで「嫁ぎ先」を募っておりましたが…
この度ご縁が有り、この地から関東へ「里帰り」して行きました。

あの701顔に前パンという特徴的なスタイルの三代目J…
いや…三代目501系は数奇な運命を辿った形式でもございますな。
SEIBU 501F 03

701系6連化で余剰になったクハ1701を廃車にせず、
まだ車歴も古くないし、と「ブツ2」にしてしまうあたり、
さすが西武!! といったところですね。
省エネの時流の中で1M1Tどころか全電動車にし
なおかつ過剰?にも出力を101側に合わせちゃったため、
120kwの701/401との併結ではギクシャクを生じさせ、余り好まれなかった、と…
短命でした。。。

当区に於いても、
黄色の701系6両編成が在籍していた頃は頻繁に2+6+2等で
活躍しておりましたが…先んじて701x6が旅立ってから
もっぱら休車状態でした。

SEIBU 501F 02

ならば…
活躍させてもらえる処に…ということで
この度の甲種回送となりました。

501で前パンをかざし、ぶら下がりでは401がパンタをかざす…
そうですね、501と401ではパンタ車の向きが逆なので
どっちも前パン状態を演出出来るのでありますな^^
SEIBU 501F 01
この421Fは、確か…
1981〜82年頃奄美屋?のブラスキットに初挑戦して作った記憶が…
素人のキット組み車なんてオクでは値もつかないでしょうから、
こいつは譲渡されることなく…棺桶まで一緒かも、です^^;
とはいえ、屋根上パイピングはかなり実車観察したので
結構やり込んだ作品では、有ります^^(自己満足ですが)


501系転出と入れ替わりに、
本日赤色冷改701F6連+731F 4連が入線いたしました。
0222 701F
不思議なタイミングを感じます。
あ、マイクロエースのですけど^^ww

やっぱ、銀車より、鋼体車が面白い^^




FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。