16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

鉄本。鉄ピク臨時増刊&別冊到着。


引き取りに行ってからだいぶ空いてしまいましたが…


鉄ピクづいてるわけでもないのですが
「この形式や系統について知りたい!」とか
「この鉄道についてもっと掘り下げて知りたい!」てなると
やっぱり鉄ピクだと思っています。

前にも書いた通り、
特集に充てるページ数からしても、裏切らないんで。
時間が有る時、もしくは就寝前にベッドライトでゆったり眺める…
(いや…文字が小さいから、ゆったり、ではないか…)
その情報量の多さから、その形式や線区にどっぷり思いを馳せる事が出来ます。
ベッドライトといえば…
国鉄時代の寝台列車(客車も電車も)の枕元灯には格別の風情がありますなぁ^^
特に10系の「頼りなさ気なちっこい電球」はいいですなぁ〜。

おっと。

版元に在庫があるものは、本屋さんに取り寄せ頼めば
日数は掛かりますが、送料かからないし確実だし、
てのは前にも記しました。
今回の取り寄せは6日間でした。早いもんです^^
むかーーしは数週間〜1ヶ月とか掛かったっすよ。

てことで、3/3に引き取ってきたのは
鉄ピク「2015/12 臨時増刊 東京急行電鉄」と
鉄ピク「2017/02 別冊 10系軽量客車」です。
170303 tetsuhon

相変わらずカラー写真は少ないですけど
記録やデータ・一応多少は気にする時代考証等、
模型に役立つ内容盛りだくさんでした!
もちろん、読み物としても十分の中身。

読み込んで行きたいと思います^^


鉄本。  追加(笑)



寝台急行ってのは夢がありますね。

「急行はまなす」Bネやドリームカーも乗車しましたが
1970年代の急行津軽等当時乗車した列車も忘れられませんで
そぉした特集の本を読んだりしていると、懐かしく想い出せたり^^

(↓ 例えば今も読み返す「愛読書」。もうぼっろぼろになってます読みすぎて)
170228 RF
…いわゆるブルートレインってそれほど興味ないんだよなぁ。
凸凹編成美が、好きなんだなぁ。

(なのではまなすとか宗谷、あとパンタ部が凸凹の583も好きなんだね)


RFやRJって、特集という割にページ数が大したことなかったりしません?
消化不良というか、知ってることを再々書き直してるなー的な。
鉄ピクも過去のと重複や写真の再掲載はありますけど、
視点が違う記事の作り方するし、内容もマニアック。
特集となると大半それにページを充ててますしね。

鉄道会社に特化した特集増刊だとその内容はご存知の通り。

( ↓ こういう増刊)
170228 TP

カラーページが少なく、文字もぎっしりの鉄ピクは
苦手としていたのですけどね…歳を重ねたからなのでしょうか。

(といって、模型誌はRMM誌のようにカラー写真が多いほうがいいし)


けど、人気の特集号って、比較的新しい鉄ピクでも
版元の電気車研究会でも売り切れ、とかもありまして…
版元に無きゃ、書店での取り寄せも先ず不可能。

そぉなるとAMAZONなりオクなりで見つけることになります。
立ち読み出来るわけじゃないので中身が外れだったら…て思うと
定価やそれ以上のぼったくり@で買うのものなぁ、て。
レビューを参考にするしかなくなります。
170227TP.jpg
けど、今回読みたかったのは
AMAZONのマケプレで、1円+送料ってのを見つけたので迷わずポチ^^
「2016 1月/客車急行」と「2016 5月/津軽海峡線」。
津軽海峡線の方は版元でも在庫ありますが、
1円+送料(267円)にはかないませんわな^^;


ときに…あと2冊ほしいのがありまして。
発売を楽しみにしていたのですが、
これらは両方共「増刊」だったからなのか、
発売時期に「J堂」には入荷しなかったんですよ。
だまってAMAZONで予約しておけばよかったのですが…
その後、マケプレで、定価より高い設定で販売されてます。
当然ですが、いまも売れ残ってます。
て、買うバカいないだろぉて。
版元に在庫あるっちゅうのに。

てことで、
このバックナンバー2冊についてはこないだ鉄ピク(阪急京都線)を
J堂で買った時、在庫問合せてもらったら「有る」というので
お取り寄せをお願いしてきました^^
徒歩5分なんで、入荷連絡くればすぐ取りにいけるので。
こういうことがAMAZONでは出来ませんからね、
やっぱ実店舗展開の「本屋さん」の存在って小さくないですね。


さて、その2冊とは??(笑)



FC2Ad

まとめ