16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

レイアウトルームへの階段。

えーと、
レイアウトルームを建造する…というステップ的な意味の「階段」ではなく
ホントに「階段」ネタです


4両在籍していたE851…
いまは2両に減じています。3重連は無いにせよ重連運用には就かせたいので残してます。
それは、4/8の動画の通りでございます

0311 0011
て、E851は単にアイキャッチ…
ネタがないわけではなく…「階段、しんどいのよ」てのを書いておきたくて(笑)


ウチのレイアウトはガレージの2Fに設けたため
とにかく2Fに上がらないとならないんですな。
最初の設計では外部階段にして「ドア」から入室を考えたのですが
雪国ですからね、屋根も掛けなきゃ危険だし(模型を携えてる事が多そうだったし実際そう)
ドアを開けたときレイアウトルームに雪吹き込むのもイヤだったし…
0311 001
てことで、
1Fガレージの一角に設けた物置部屋(風除室用途にもなる)からの内部階段にしたんですな。

急勾配のテッポウ(まっすぐの階段てこと)タイプ。
急な階段もですけど(将来のため手すりは最初から設けたものの)、
難関は、これ。
0311 002
ハッチタイプの床開きの扉なんですわな。
ハッチ閉じてる時は「床」として機能しなきゃなので(耐荷重)重い扉↓
この開閉がね、結構この先結構しんどくなるんだろうなぁ…て思う。


階下がガレージとはいえレイアウトルームの床は隙間の発生しない断熱材を。
じゃないと足が冷えて大変です。
しかもの、この断熱は一般住宅の倍以上の機能のモノ。
0311 004
で、この扉の中にも(さすがに床組部より薄く仕上げた)断熱材を。
床同等の性能が欲しかったのでかなりの密度のヤツを…。
床面強度も当然「ひと」が乗っても歩いても大丈夫な仕様。
重さ有るのと簡易エアタイト仕様にしたのでひやひや隙間風も皆無。
ROOMの断熱等スペックは「高機能性能住宅」レベルに。

が…
これ、建造時はなんとも無かったのだけど
この齢になってきますと…重い

更に難儀なことがウチのレイアウトにはございまして…
動画や画像でも何度も登場してますが、大きいSカーブの築堤を設けてます。
これが、キャブなり奥へ行くのを阻むんですねえ。。。。。
0311 003
実は最初は着脱式で考えており、画像にも見えてますけど
合わせ金具も台枠も築堤も準備工事してあります。
で、いざレールをどぉ脱着可能構造にするか…で脳が考えることをやめてしまい…
固定したままになっております。

ここを、膝をすりすり(つまり四つん這い)でくぐり抜けないと行けない。
跨ぐには足短い&架線柱間違いなく破損させる…
この築堤のとこだけじゃなく、更にもう一回「駅構内」の下もくぐって
ようやくキャブんとこにたどり着くという…

この、四つん這いがね、この先出来るのかどうか……
"イチぶんのイチ"にどうにか予算つけて「外から一発でキャブんところへ」
にしたいのですが……これには予算は回ってこないでしょうなぁ……

そうか。
健康を心がけていれば四つん這いも苦にならない、か???


いやいや…10年先…キツイと思うぞ、自分。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ