16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/09 パイピング開始ッ!

この一週間、日本シリーズが見逃せないので工作はお休みしておりましたが、
週末ですし、ゆうべはいよいよパイピングの施工に取り掛かりました。
まぁ昨日も「観戦・応援」メインだったのでその間は後述しますが資料の方をやってました。

にしても、昨日のはまたまたすばらしかったなぁあああああああ~~~!!!!!

さてと。
配管押さえはユートレさんの西武用の配管押さえを使用します。
押さえ金具の位置出しは、とれいんの図面(1/80)をコピーして、屋根上の図をハサミで切り
センターをしっかり合わせて車体屋根に、テープで仮止めしてしまいます。
そしてケガキ針で押さえ金具の位置の上からボディに位置が出るよう、グリグリと印をつけちゃいます。

すべての位置を車体に落としたらまずは取付穴より小さいキリ(今回は先ず0.3φ)で開け
さらに0.5φや0.6φで開けました。この方がケガいた位置へのキリの位置が正確に出るようです。
使用する機器の足径等は実測しておくべきでしょう。開けた状態がこの写真です。
また、参考になる完成品があるので、比較できるように目の前に出しておきました。
P1020784.jpgP1020783.jpg

昨夜は空気作用管(海側)の二位側だけやりました。拙は0.3の真鍮線を使用しました。
屋根に埋まっていく部分をくいっと精密ヤットコ(これ、必須です)で曲げ、所定位置に差込み、
パイピング作業の「起点」とします。
P1020786.jpg

ここからがミソです
起点から次に折れ曲がる部分までは金具が3箇所ですので、パーツを切り出したら
3ケ「だけ」を真鍮線に通し、所定の取付穴に差込みます。真鍮線が折れないよう要注意!!
P1020788.jpgP1020791.jpg

押さえ金具はぐらぐら動くので指で押さえ、裏側からごく少量のハンダでチュンっと付けていきます。
熱いけど我慢して(^^;)。 
上手な人はまとめてハンダ出来ちゃうのでしょうけれど
拙はひとつずつ配管への取り付き状態を確認しながら付けました。
P1020792.jpg

取り付いた状態を横から見るとこんな感じ。まぁ初めてにしてはうまくいったかな?^^;
P1020795.jpg

さぁ、テクニック的には次のこの「曲げていく」のが難しいですね。曲げ間違ったらなかなか
修正するのは難しいかもしれません。
うまくいかなかったら思い切って「剥がしてやり直し」が早いかもしれません。

精密ヤットコで「折れ曲がった先の配管の位置」になるよう、じんわりじんわり曲げます。
直角にグキっと曲がる配管は無いと思うので、このへんは若干の妥協をしつつ、曲げました。
並列配管の曲がり具合を揃えつつ曲げるのが難しかったですが、うまくいくとかっこいいですね。
P1020798.jpgP1020805.jpg

同じやり方で押さえ金具を付けていきます。
ハンダ後、押さえ金具が若干曲がったまま付いちゃう時もありましたが
精密ヤットコの先で、慎重に慎重に押しつつ修正します。真鍮線が通るわっかの部分は
大変弱いので、ちょっとの力でプチっと切れちゃいます。一箇所やっちゃいました。
もちろんいったん外して取り付けなおし。

なんとかかんとか取り付いたら、お決まりの「お遊び」^^;
とりあえず、近くにあったシングルアームパンタを載せて、一枚^-^v
P1020807.jpg
ともあれ、同じ要領で施工することになります。ずうっとやり続けるにはかなり目が疲れます…
せっかくのパインピング工作が苦痛にならないように数日にわけて、じっくりやっていきます。


実は今回、さぁやるかーーーーと思ったのですが、すぐに固ってしまいましてですねえ……。
図面だけじゃぁダメですよねぇ・・
やはり実車観察は重要なことでしょう(…実車ねえ……www)。
なので工作机をいったん離れ、PCに向かいたくさんの実車資料を取り揃えました。
皆様は事前におやりになってくださいネ^^;
ある程度頭に「配管の理由」みたいのをインプットしてから取り掛かることって大事だわぁ。
web上にある、諸先輩方の実車の写真も、モニター上でただ見ながらやるんではなく
L判なりにプリントアウトして、1位側とか2位側とかと写真に書き込みました。
この作業は、大事だと思います。特に西武は面倒だし、ましてMとMcでは反転になるし(>_<)

あとは、図面でわからないところや応用は、写真をじいい~~っと見つつ
「このへんかなー」というイメージで。
ここから何ミリんとこでああなってこうなる、なんてやってたら拙では終われませんもん^^;


今回の実車考証に関しましては多摩湖さまにいろいろ教えて頂きました。
多摩湖さま、ありがとうございました!!

コメント

502さま
曲がりのところが綺麗にいってますねぇ。それにしても、配管止めいいですね。今じゃ当たり前なのかもしれませんが、私は使っていませんでした。これなら配管が暴れることもなさそうですし、ペーパールーフでも差し込んで瞬間接着でいけるかもしれません。

  • 2008/11/09(日) 14:14:25 |
  • URL |
  • おとうと312(大泉車輌区) #2IyhJcp6
  • [ 編集]

>おとうと312さま こんにちは

曲がりの処、なんとなくですがうまく取り合わせれました^^
初めて配管押さえを使いましたが、細かいパーツですけど便利ですねえ~~。
位置出し・穴あけも楽しいもんです。そしてやった分実感的になりますね。
ほとんどがランボードで隠れるんで手を抜いたとこもありますが(>_<)

もち、ペーパールーフにも応用可能ですよ、是非ご採用を!!

  • 2008/11/09(日) 15:24:34 |
  • URL |
  • 502 #-
  • [ 編集]

配管作業

こんばんは。
配管作業に入りましたね~!図面できっちりとみるのももちろん大切ですが、写真をみながらの位置決めも大切だと思います。てかこのほうがうちの場合この方が多いかも(笑)
写真を整理しながら見ていくことは大切ですよね。時々どこのやつなんだか分からなくなっちゃったり(汗)
また何かありましたらお声をおかけください^^。可能な限り資料提供をさせていただきます!

>多摩湖さま おはようございます

キマシタねえ~~!!西武ライオンズ日本一!!
てことで今朝の西武電車はいつもより俊足では?^^
図面以外の実車(実車?!)資料は不可欠ですね。そして写真見ながらなのでなんだか楽しい工程ですよね。さて今日からは野球もありませんし、じっくりとパイピングの続きを……^^

  • 2008/11/10(月) 08:28:42 |
  • URL |
  • 502 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。