16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

回送前点検モハ901-2&サハ1902



引き続き中間車の点検・修正を行いました

同じく、車体アングルの全体へのハンダ流しと屋根の余計な孔埋め工事です。
昨日も書きましたが、車体は下端のブワブワ感がなくなったようです。丈夫になった気がします。
いかばかりかでも、始めた当初よりコテさばきが良くなっている自分に驚きました。
『雨どいとアングルが厄介なんだよなぁ…』とずっとうん十年も思っては尻込みしてたのにね、
今は「あ~ちょっと流しとこぉか~」に変化してるんですから不思議なもんです。

(うまい下手は別にして、でっせ)
P1000704.jpg

毎日、ちょいちょいとコテを使ってるんだけど、やっぱコテ先メンテは必須ですな。
ちょっとサボると、テキメンです。うまく流れないというか、半田は正直ですわ。
コテ先温度も、他の作業で使わないで放置中ん時は下げとくくせも付きました。
なんか、コテ先が早くいかれちゃう気がして。
キサゲもその通り。便利なのでアングルの押さえやハンダするときの押さえにも使うので
先端が尖がらなくなる…コイツもこまめな「油研ぎ」が必要なもんですね。
P1000706.jpgP1000707.jpg

んで。
サハ1901はすでに屋根上の孔埋めは完了していましたから、これで4両終了。
あと、クモハ901-1、モハ901のアングル補強をやって
前面テールライトの開口を(一発勝負ですが…)コリコリと広げて…てとこですか。
これら両パンタ車のベンチレータ孔埋めは屋根上造作が終わってしまった今からでは
拙のスキルでは無理なので、FREEであることをいいことに、
ベンチーレータは残存させたことにしちゃいまーーす(実車的には残存根拠は皆無)。

それと、SIV装置が到着したのでM'車へエポキシで接着しました。さまになりました
P1000705.jpg
なんせ歯抜け状態だったのでね

で、回送させて…
回送先でさらなる補修・加工を受けている間にこちらの工場では
サハ1971-1972を素組して…追加回送…て段取り(あくまで段取り)。

あ、サハの台車とかパーツ頼んでないや…

P1000708.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ