16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアポケット取り付けから開始

お面の取付けは「意外と面倒だよーー」という国立工場長さまのコメントを聞いてしまったので
お面付けはあっさり先延ばしし、キットで一番最初につけるパーツであるドアポケットを始めましたの。
P1010901.jpg

ところで。
フラックスって……原液で使っちゃだめだったんだね。
約10倍のお水で希釈していいそぉで……いやいやいや、とんでもない話だよね…
901はすべて原液で半田してました……

で。
その希釈したフラックス「溶液」で始めたところ、すきまにススス~~て入ってく。
なんだい、全然違うじゃんよぉ~~~~~。
ドアポケット、コテが意外に入りづらく少し苦労しましたが…
この位置・角度へのコテ当ては6000のドアの固定の時も用いるので、熱くしないよう、
されど必要部分にはちゃんと半田が流れるように…練習を兼ねて習得しておかねばなりません。
けれど裏側から半田流して表にちゃんと出るくらいの半田をするって、難しいですぅ…
P1010902.jpg

しかも久々の半田作業…ただでさえ下手なのにさぁ…あ~~うまくいってないなぁ。
熱っしすぎなんだよね…調整器で60%くらいのパワーでやったんだけどなぁ…
幾箇所か…半田吸取りテープで吸いましたもん……。
あ、もちろんお言いつけ通り、作業終了後は水洗いいたしました


課題は…とにかく「熱しすぎないこと」だな…。

気をつけなはれやッ!! (←自分)   
(by Wエンジン)

5/19追記
ドアポケットのハンダはアングルのところまで極力流す事、というアドバイスを頂き
なんとかかんとかやってみました…。
P1010922.jpgP1010926.jpg


コテの当て具合が良くないようで…むむ~~~~難しいですね                                         

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。