16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2411F塗装①下回り

昨日も八戸に行ってきたので帰りに向山駅に立ち寄りました。運よく1本やってまいりました。
軽くですが1/50で流してみました。7011000.jpg
うまく流せたようです。当然この写真は何枚も連写したうちの1枚
特急と違い各停ですから駅進入で速度は60km/h程度まぁ、初心者にはちょうどいい速度?ですね。
練習するにも上下合わせても30分に1本しか来ないのがつらいところ。
止まらせるのはシャッター速度でいかようにもなりそうですが、流しテクは練習あるのみですね…。
とはいえ昔のマニュアル一眼レフに比べたら扱いやすさこの上ないのでそれなりの写真は撮れちゃうんですよね。
ありがたや



さて。101N塗装は細かいトコしか残っていないので2411Fにもとっつきました。
おととい、101N・801と同様、下回り先行でグレーを吹きました。ジェイズ#19です。
昨朝乾燥を確認しひっくり返してもう片方の面も吹きました。

P1020955.jpg
密連カプラーもきちんと塗りました。

そして午後に室内側吹き。
運転室のグリーン部分をしっかりとマスキングし、客室内側の色を吹きました。
といっても実車にそぐった色ではなく、アースベージュの半光沢を雰囲気で吹いてます。
イエローが吹き込んじゃうよりはいいでしょぉ。
P1020956.jpg

昨日はここまで。
今日は室内側の乾きを見て、外回りを。屋根グレー(ジェイズ#10)⇒ベージュ、かな。
完全乾燥後、後日イエローという順番でおります。

色が付く、というのはとってもいいですね。特に屋根配管のところに色が付くとニンマリしちゃいます。
101Nは生地完なので手は掛けてないけど自分で配管した801のを見たときは
アラもハンダ痕も隠蔽されて「あ、なんだか、なりなりに出来てんじゃん」と悦に入りましたよ
こと、この2411Fの配管は801より複雑ですから、期待は高まってしまいます。

屋根上で、もひとつ目立つのがランボード。
足本数が実車と違うわけですが…それよりも、足が屋根から浮いちゃったり隙間が見えてる方が
かっこ悪いと思ってるんで、すべての足を屋根にちゅんちゅんとハンダした手間がうまく報われたら、
と、ここも期待しているところです。

にしてもここまでなんだか順調すぎるなぁ…落とし穴がありそうだけど……
まぁ、あわてず、じっくり、慎重に参りましょうか。


テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。