16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三沢「梅吉」さん。

夕べは親友と三沢で会食いたしました。「梅吉」さんという料理屋さんですな。
ここに行くのは久々でしたが、大将(といっても私らより若い若い)はちゃんと覚えててくれ
今回も、実に美味しい「おまかせ」を提供してくださいました。

鍋が凝っていてね、寄り付いた頃は食べたい鍋や魚介類をメニューからオーダーしていましたが
ここ数年は私らは「座って待つ」だけ。でも決して高くないと思うんです。


まずはイカでしたな。
細~く包丁をいれてきれいに仕上がってて見た目もいい。もう、プリップリとしたいい歯ごたえ!

HI3F0006.jpg
右下に見えるの、「腑」なんですよね…私は苦手だったのですが…試してみることに。
腑にも下味がしっかりつけてあるので味を足さずに刺身に絡めてどうぞ、と…。

はい。好きになりました。てか、この梅吉さんでそれまで苦手な食材がどんだけ克服されたか(笑)。
食感からヤリイカかと思いきや、なんと「スルメイカ」とのこと。
最初から舌を巻きました。

次にあなご。
HI3F0007.jpg
炭火の焼き台が出てまいりまして…大将いわく
『身の方から焼いてください。透明っぽさが消えたらひっくり返して皮をパリパリっとなるくらいに焼いて…』
生身のあなごにはほんのり塩と、あれは胡椒かなぁ…それだけ。
あとは、レアというかミディアムというか、その状態にわさびをちょろっと包んで召し上がれ、と。
HI3F0009.jpg
フワフワで味がしみわたって…いやいや、筆舌にしがたい上質なお味でございました。
ワサビ効いてるはずなのに、い~い感じにまろやかに。
あと5枚は行けたな(笑)


そおしているうちにてんぷらが。
HI3F0010.jpg
コチラにもあなごがありましたが違う太さのあなご、ということで…いやもぉ「これでもかッ!」
てくらいにヤラレまくります。サックサクの衣とやわらかーい白身のハーモニーってんですか?
それにハゼと、スルメイカのゲソ。特筆すべきは「たらきく」もてんぷらに。
や~~~、思えばたらきくも食べれなかった私。
これも以前ここでたらきく鍋を食して、以来、好物に変わりましたもの。
もちもちといい食感。最高っすね。
てんつゆも出てきましたが、私は殆どお塩で食しました。
そぉだそぉだ、あなごの骨も揚げてありました(おろしの隣に写ってます)


そして次に大将は箸休めに「ちょっとおあそびで」とイカの身の方を焼き台に。
HI3F0011.jpg
厚いんだよなぁ、身が。半透明が白ぉく変わったら、そのままどうぞ、と。味はつけてあります、と。
これもスルメイカ。お知り合いの漁船が岸壁に着いたところを仕入れてくるんだそうで。
だから腑も使えるんだねえ。
そして歯ごたえを楽しませるため、しっかりと皮ははいでおく心遣い。


そして酢味噌もの。実は酢味噌も苦手分野だったのですが…
「アジの酢味噌和え」といわれて、アジ好きな私としてはここはトライ。
HI3F0012.jpg
まぁ全く大将と来たら…今回も苦手克服…おいしく頂きました。
友人は「苦手なら、食ってやるぞ」と。じょじょじょじょジョーダンじゃねえぜ、と言うことで
ぺろりと平らげました。鮮度のいいアジじゃぁないと生では和えられませんよね。

少々時間が空いてラストのお品。
土瓶蒸しでした。
秋ですのでマツタケかと思いきや…マイタケでございました。
どんだけ旨いダシがでるんだ、てくらい、美味しく頂きました。
HI3F0013.jpg
他には、アナゴ・ニンジン・エビ等が最高の調和で土瓶の中に入っておりました。
ほんっと美味しかった。風味が高い一品だと思います。

これで締めなのですが、ちょっとだけ足りない。
ふと…ケースの中においしそうな「たつ」(タラキク)が…。
なので「たつ刺」(新鮮なタラキクをさっと熱湯に通し、さらに冷水で締めて出す)にして頂きました。
HI3F0014.jpg
ぷひゃ~~~~~~!
友人とふたりして「なんじゃこりゃぁ!」て感激しつつ、その食感を楽しみました。
まったくクセが無く、マジで美味かった。


料理に、友人が生ジョッキ3杯、私がウーロン茶2杯で、料金は1万円足らず。
安いでしょ。こんだけの食材と味を提供してくれて。
美味しいものを食べるとひとというのは幸せを感じるんですな。
気さくで、シャレの効いた大将のおしゃべり。ちょっとした手の掛け方。
この辺も味にプラスされてるのかな。

大満足でお店を後にしました。
次回はいよいよ牡蠣本番か?! ここで出る焼き牡蠣美味しいんだよなぁ~~~~~。
『寒くなればまたおいしいもんが出てくるからね~』
とあおられたのは言うまでもありません。

思えば最初に梅吉さんで「ヤラレ」たのは、鴨だんご鍋、という逸品でございました。ひと味違うんだよなぁ。

あそこはね、ほんと「はずれ」が無いの。だまっておまかせで頼んでも。
場所は…あんまり知れちゃうと困るし…行って見たい方はお調べになってくださいな。
あえて、申しあげないでおきます。
(まぁ、そんだけの影響力があるブログではございませんが)


テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

コメント

うわっ

懐かしいっすねぇ、梅吉(笑)。
あの時のコース料理を思い出します。
それにしても良く撮れてますねぇ。画面に手を伸ばせば食べられそうな感じですよ。これもデジイチの技でしょうか?
私も行きたい!

  • 2009/10/16(金) 19:16:35 |
  • URL |
  • 312(大泉車輌区) #2IyhJcp6
  • [ 編集]

梅吉にデジイチは持っていかないっすよ^^;

ご一緒したときは牡蠣とか牡蠣とか牡蠣…づくしでしたっけ??e-330
この画像は携帯電話のカメラ機能.800x480マクロ撮り、す。手ぶれに注意すればこのくらいは撮れるかと…(しらふだしねw)
ともあれ、美味しかったよ。冬はもっとおいしいぞお(誘惑)。

  • 2009/10/16(金) 19:26:28 |
  • URL |
  • あに502⇒おとうと312さま #-
  • [ 編集]

おいしそうですね

自分も仕事で数年に1度は三沢に行くので、このお店のことは覚えておこうと思っています。
明日、三沢に行きたいなあと思っていましたが、いかんせん、山口県からは遠すぎて断念しました。

  • 2009/10/17(土) 08:43:16 |
  • URL |
  • まこたん #-
  • [ 編集]

さすがに遠いですよね^^;

「食。」の方にもコメント頂きまして、ありがとうございます。
山口からですといったん福岡へ行って青森空港へ飛行機で、ということになりましょうか…v-356
けれど数年に一度でもいらっしゃる事があるのでしたら、どうぞ梅吉もルートにお入れになってくださいませ。
北の味覚をおいしく味わって頂ける事請け合いです。

  • 2009/10/17(土) 15:09:34 |
  • URL |
  • 502⇒ まこたんさま #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。