16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

ユートレ西武3000系キット

昨日到着したばかりのホッカホカのキットに着手しようか、
ここは気分を変えてやはり惚れてる東武50050系にしようか。
50050はブラスキットでは、構造が業界初?とも言えそう。作り甲斐はありそうです。
けれど残念なことにまだ床板がリリースされてないんですよね。
(12/04追記:リリースされたようなので12/08引取り予定)

箱にするにもアングルの位置をどうしようか、現物(板)を見てから始めたいと思ってた。
そんな折、コッチが届いちゃった。P1030360.jpg


3000は8両。50050は10両。製作は新規構造と工数的を鑑みても50050の方が掛かりそうですよね。。
資料集め(撮影や雑誌)ももう少ししたい。
3000は資料も揃ってるし、知識もあるので直ぐにもとっつける。
とっついたらひとまず箱にするまではコッチ(3000)でしょぉ。
P1030352.jpg
(このサイドビューを見ていると901を重ねてしまいます。てかまさにおんなじなんすけど)

思えばユートレさんのキット組はお初なんですよね。
ユートレ完成品は101N2コテと、生地完で手に入れた101N4コテ(塗装工事が終わった所)があって
特に生地完のほうは構造的にかなり眺めれたので、なんとかなりそうかなーーと思ったり(あまいかなぁ)。
いままでは屋根に配管穴とか開けまくったり埋めたりしてきたのですが
このキットはそぉいうのは全て施されてる。

実は予約は入れたもののパンタ6基分の配管孔開けるのとランボード製作って
ハンッパじゃねえなぁ~~、組みたくないかも~~~というのが正直なところだったんです。
けど、どちらもあっさり解決されちゃってるんで、組まないで眺めてるだけという理由が無くなっちゃった。
配管引き回し自体は段々実感的になってくので好きな作業なんです(精度は別で)
けどなぁ…8両にパンタ6基って…えらいコストだぁ…6000も50050も3基でっせ。


おもえば、27年ぶりにしてほんのブラス2作目となった901に着手したのが昨年10月。
いままでおよそ一年強。
我ながら、なにか「タガ」が外れたように、いわば堰を切ったようにとっついたもんです(笑)

901(8両)はフェニックスのだったしそもそもアウトソーシング率高し。
801(4両/エンドウ101初期型をアレンジ)はお面と車体の合いの良くなさに四苦八苦したなあ。
かなりの屋根上の孔を埋めたり開けたり…でした。
6000(10両/花園)はアングルとドアの取付や妻面の合いのよくなさに苦労。
2411F(2両/コダマ)はそれまでの練習?を経て意外に自分としてはうまく組めたなぁと思うけれど
特修仕様にしたため結構改造を余儀なくされたけど配管や行先方向幕開口は出来るようになってた。
101N4コテは生地完だから半田作業はありませんでしたが塗装と艤装は他車同様ある。
すごいね、ここまで28両(驚)
そぉいや生地完では
東急5000(8両)も出番を待ってる状態だったわぁ…。パーツは全て揃ってるんだけど。


よし。
ここはやはり101N4コテの前面残工事と6000の配管だな。やっぱ(ええ~~~ソッチ?)。
編成ででかさないと上回り塗装工程に回らないし、全車輌とも艤装あるし
ある程度仕立てないと、ね。せめて年内に何本かはレイアウトデビューさせたいじゃないですかぁ。

キットは開けなければ酸化しないし、組まずとも開けてはニヤニヤ妄想大会もこれもまた楽し。
P1030361.jpg


そぉいいつつ、まずはこいつで
P1030358.jpgちょっとお遊びしたいね、ひひひひひ。


テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ