16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠原⇒PECO化。

ポイント交換っす。

といってもTポイントを交換するんじゃぁないですよ、とベタなこといいつつ…
かねてより何度となく「篠原のポイントは宜しくない」と書いてきましたが書いてるだけじゃ改善にならないので実践しました。
まずはいちばんストレスになってた機回し線のポイントから。
P1060123.jpg
篠原のポイントマシンを撤去し、続いてポイント本体をカーペット面から剥がしました。
かっこいいね、2411F




当区は、システムレール以外のレールは全てゴム系クリアボンドで付けてあるのでズレることはなく
走らせているぶんには不具合ない固着具合なんですが、今回のように改修や撤去の場合
横からカッターの刃だけを差し込んで鋸のごとく動かしますと、あっさりとはがれてくれます。
なかなかいい面材をチョイスしたのかもしれません。完全に固定レイアウトとされるお方には不向きでしょうけれど。

余談でした。
PECOのサイドマウントマシンPL-11(@1890)を使えば宜しいのですが、
昔からのタイプPL-10(@1176)が2台新品未使用で在庫があるので先に使うことにしました。
PECOはポイントの方もマシンがマウントされることを前提とした造りになってるので
マシン本体はポイント枕木にカッチリと嵌まります。無論動作も確実。この確実性はほんと大違い!
P1060124.jpg

PL-10は台枠裏から取付けるタイプで、隠ぺいさせる意図としては最良なのですが
当区のように土台がスタイロフォームの場合はちょっとばかり難儀しますね。
なんせゴリゴリと掘り込まなきゃいけないもんで

ポイントマシンにケーブル線を結線し、マシンを取り付けたポイントを仮に嵌め込み、通電させて動作確認。
どこにぶつかる事なく動作したので、ポイント自体を本固着しました。
晴れて、この部分の通電不良で止まってしまってたELもスムーズに通過するようになりました。
P1060125.jpg

いいぞいいぞ~~~
この調子でヤード部のポイント(動作・通電が不安定な4箇所)もPECO化します。
こちらは数もあるし掘込みが大変なので、高いけれど複線分岐部と同じくPL-11を採用します。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

おっ

これでレオ・エクスプレス?の機回しがスムーズにできるようになるわけですな?

  • 2010/09/09(木) 00:31:25 |
  • URL |
  • おとうと312(大泉車輌区) #2IyhJcp6
  • [ 編集]

ほほう

『あの列車』は、レオ・エクスプレスというのでござりますな。
なかなかのネーミングではないですか。

アンカプラー部できちんとセパレートしますし、楽しめそうですよ。

  • 2010/09/09(木) 08:20:39 |
  • URL |
  • あに502⇒おとうと312さん #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。