16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

その野辺地でのランチ。

2年ぶりになりますかね、野辺地と言えばココ。
「舟宿」です。

ここはほんっともんのすごい量で盛りつけられてきます。
GWでしたしね、10卓くらいテーブルがありますが、満卓でした。
ラッキーな事に1席だけ空いてて着席することができました。
ウチらが着席した直後も何組も来店…外で(車で)待っててもらう感じでした。

前回ご紹介したので詳細はそちらをお読みいただけたらと思いますが、相変わらずすげえ量でした。

はやってるんですねえ。前回はランチタイムを外れていたのでお客さんはまばらでしたがこの日はすごかったなぁ。

あたしはあのとんかつ定食をなんっとか完食リベンジしたかったんで「カツ定食」にしました。
11050311.jpg
これ、ホンット2枚分だよね。箸の大きさでその量の多さ、おわかりになります、よね?
てか、箸袋が小さく見えるって!
右上のご飯は…これ、茶碗じゃないっすよ。「おひつ」ですもん、もう。2合以上入ってるでしょ、これ。

家内にはその量の多さは言ってあったので、軽めに「カレーランチ」にしていました。
祝日ですが、ランチもやってくれてるんですな。
「コーヒー・サラダ付き」て位ですからランチ、なんですな。定義としては。
11050312.jpg
びっくり……。

真上から撮ったのでそれほどでは無いように見えますが、カレーの器…平皿ではなくどんぶり…
ご飯は家内いわく「1合半は入ってる!」と。でもしっかりカレーのルーも足りなくならない分、入ってる。
スプーンのサイズからドンブリのデカさが伝わればいいのですが…。

リベンジはあっさり諦めました。
カツはテイクアウト出来るのは知っていたのでテイクアウトすることにして、
カレーどんぶりの方を夫婦協力して食べきりました(カレーはさすがにテイクアウトはしのばれる)。
ちなみにとなりのテーブルではナポリタンやチャーハンが運ばれてきていました。
すごいよ、ナポリタンもチャーハンも富士山盛り!あれで600円だぜ、商売になるのかなと心配してしまいました。

と驚きつつも、懲りずに「次回はあれを食べようこれを食べよう」と言いながら家内と店を出たのでした。

ここね、県外の皆さんも是非行ってみてくださいな。(て…読まれてもいないけどね…)
BGMも相変わらずこだわりの選曲でした。
う~む、すばらしい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
十和田市に戻って来て、そのまま帰宅でもよかったのですが、官庁街のサクラも見ようと。
昨日のISの写真でも桜写ってますし、おそらくは全国のニュースでもお分かりかもしれませんが、
東北地方、特に青森県はだいたい毎年GW時期が桜満開となります。
息子なんぞは友達らと弘前へ行ってきましたな。フットワーク軽いですなぁ。すごくきれいだったそうで。

過日の十和田湖の県外ナンバーの多さにも驚きましたが、官庁街通り付近の他県ナンバー車にもびっくり。
なにより、この官庁街通りにある「十和田市立現代美術館」の入場者の多さに市民は驚いてしまうのでございます。
11050313.jpg

美術~まして現代美術というカテゴリはさっぱり造詣がございませんで
なにがいいのか…わからないんでございまして…恐縮です。
ちなみに5/4の昼ごろのこの美術館駐車場への車の列の長さにもびっくりしちゃいました。
十和田市は現代美術館が出来るまでは大した観光もありませんでしたので
市民は混雑に慣れてないんでございます(笑)。

てか、美術館北側の駐車場(ちょっとだけ離れてる)は狭いんだから、
美術館から同じような距離にある南側の文化センターの広い駐車場(50円高い)へ誘導する等
職員/誘導員は頭使わなきゃだめだな。生活道路が片面埋まったら通行もままならないでそ。
他県からいらっしゃる方々は誘導されるがままなんだから。不案内なんだから。
ちょっと離れるけどその官庁街通りの桜並木を散策しつつ美術館へ歩いてこさせる、て意味では
中央公園(公民館)前の駐車場だって使えたのに。見てみたら、ガラガラだったぞい。


十和田市はいまや、十和田バラ焼きも案外有名になってますが…
観光客が来年もリピーターとして来るかというと…来ねえな…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ