16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TMS 通巻900号。TMSらしいっちゃぁらしいわぁ…

普段は立ち読みチェックで、
気に入った特集や記事が載っている時に購入するだけの
毎月の各鉄雑誌ですが…

今回のTMSは1970年代から愛読していましたし
とはいえ、しばらく買わないでおりましたが、
「出版からの歴史とか山崎主筆のこととかも書いてるかな」と
中身云々ではなく「キリ番だし」てことでamazonで予約していました。

tms900.jpg



ありゃりゃぁ〜800号んときより寂しいわい^^;
「らしいっちゃぁらしい」んですかね。
他の鉄道雑誌ですとキリ番や創刊○○周年なんてゆーとその特集したりしてますが…
900号に関連する記事(コラムでも)はほとんど記されてなかったです。
なんともそっけないというか…

ご本尊にとって、900号は単なる通過点なのか???

1970年代から読み始めておりましたが
あの頃からもしばらくは他に「鉄道模型書」てのはほぼ皆無でしたからね、
小学生には難解すぎる漢字や文章を何度も読んで読み解き、
思えばいろんな著名作家の小説や学校の教科書なんかより
TMSで『国語』を勉強してたかもしれませんww

Nゲージマガジンが「広告が集まらない」て理由から休刊(ま、廃刊でしょ)、
そういう目で見ると…TMS本尊も、久々に眺めてみて「寂しさ」は感じました。
TOMIXはモノクロで半ページだし、16番ONLYのエンドウすら半ページ、
RMMでは大々的な広告を入れるポポンデッタも「おつきあい」(?)で半ページ…
せいぜい広告料ご献上の上客は「芋(某巨大掲示板での呼称で^^)」。
各地の模型店の広告も随分減ったような……。

記事もNゲージマガジン廃刊をうけ、
本尊にいかばかりかでも載るかと思いきやNの記事はなし。
てかむしろデカい1/45しまかぜ製作記(興味深いが熟読まではしない)を
連載で載せてたり…
小林信夫さん(好きですけど^^)のフリーランス雑感には8ページも割き…
ちなみに今回の題材「フリーコンテナ電車」ですけど、
TMSに寄稿するならば、1970年前後?TMSに発表された
フリーコンテナ電車編成に触れてほしかったなぁと強く思った次第。


ん~~、なんだろ、
TMSは今後どこへ向かって歩むつもりなんだろう。
てか、続けられるんだろうか…

他誌のその広告の量(それはそれで情報ですよね)、
カラーページの量、軽工作やビギナー志向の記事…
諸々鑑みてもTMSは「喰われて」る気がしてなりません。。。
広告収入が減れば販売価格を上げざるを得ないし
高い割に中身が…と購買力が削がれれば…廃刊しかなくなる。

頑なすぎては生きていけない、と思う。。。

全く興味ないけれど余談で申すと、
「芋」の車掌車完成品ヨ5000?…
はちまんえん!て…買う人いるんだろね…。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。