16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

デュアルキャブコントロールのパネル


16番ブログは書き出してから永く経つので
まぁ、重複する記事も出てきます^^;
今回は、1/28「転線」のところで触れたデュアルキャブコンの事を。

デュアルキャブコンのシステムそのものは専門書を読み、
理解頂くしかありませんが(16番やってる人は凡そ解ってる、かと^^; )…
ウチのコントロールパネルについてです。

0105 CONPANE 01
体裁のいいBOXとTOP面は自分では出来ませんので家具製作所への外注。
内部は「あの頃の自分」が全て配線結線ハンダ付けを行ってますが
今となってはおそらく自分でもわかんないっすね。
「なにがなんだか」ってくらい箱の中は煩雑^^;

TOP面には光を透過するタイプのアクリル板+カッティングシートを奢ったので、
内部に仕込んだテープLEDによって、実にかっこよく演出されます^^;
(後方/高架本線駅には魚の骨が居ます^^; )
0105 CONPANE 02
夜間の運転もなんだか気分がいいのですが…
しかしながらポイントスイッチの操作部分になんもしてないので
中途半端。いまはテープLEDも安価ですので、ここはテープLEDを設けてみました。

あと…カメラカーは今はSONYウエアラブルカメラHRD-AZ1ですのでとても高画質。
カメラとiPadがwifiで結ばれてるので、モニタリングも手軽になりました。

ただ小規模wifiですのでモニタリング映像はちょいちょい途切れます。
ちょっとストレスですね。
ただまぁカメラ本体で録画(microSD)が完結してるので
動画データが途切れることはないです。
(映像をトランスミッターで飛ばして〜トレインスコープとかね〜それをHDD録画するとひどく荒れる)

0105 CONPANE 03

それと…
スノウプラウの記事のコメント欄から
「なぜ当区だけの仕様なのか」というのを頂きました。
公開希望ではなかったのでコチラで記しますね。

高架本線も地上線も全く勾配がないのでレールに接触しないんです。
地上⇔高架線接続線には勾配もありますが、フレキシブルレールを用い
さらに、勾配起点と上がりきった点には緩和勾配区間も設けています。
クルマでも、緩和勾配ないとフロントエアロスポイラーとかガリったりするでしょ。
(いや…緩和勾配有っても下げ過ぎてればガリっちゃうけどね)
あんなイメージですかね。
うちは、システムレールの宿命のあの実感的ではない「ガクッと折れる」ようには
なってないので、当たらないのです。

あと、ポリシーとして(カメラカーで見た時グラグラなるのは気持ち悪いので)
敷設の際、地上線も高架本線も駅構内も「不陸」出ないようには結構留意しました。

てところでしょうか^^

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ