16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

クモハ422

四半世紀以上前に組んだアマミヤ製西武401系クモハ422です。
P1020401.jpg

421Fはブログでも何度か記事にしましたが、今回は足回りを少し「軟らかく」しました。
エンドウ製501とコンビを組んでいるのですが、密連のところに難があるのか…(首振りが固い)
ポイント等で追従できずに脱線してしまうんですな。
【“クモハ422”の続きを読む】

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

411系4コテ登場!?

HI3F00160001.jpg
701(6)+411(2)の8連をバラしました。
801製作のためにエンドウキット組の701を解剖して参考にしようという魂胆です。
で、4両を抜き取りましたら……
411(2)と701のモハユニット(おとうと312氏製のペーパースクラッチ!!)の4両がヤードに残った。


ふふふふふ。
図らずべくして、そして当たり前のようにその4連が本線に登場しました!!
思えば窓割りも同じで実車製造時期もほぼ同じ。451等のユニット窓タイプとは異なる4窓単独で両開きドア。
台車と床下器具の違いはあれど、なぁに編成にして走らせちまえば違和感なし。
HI3F00140002.jpg
HI3F00150001.jpg

実車では存在しなかった411系の4連固定編成登場と相成りました。
ほら、違和感ないでしょ。「西武なら」実際走っててもおかしくない感じですよね。
そして案外堂にいったお姿ではありませぬか。見た目2M2Tでそれもナチュラル。
当鉄道の本線を4両編成が走る姿は意外に少ないので、妙に新鮮でした。

マンション前を通過する4連、いいですねえ~~~~~~~~~~~
HI3F00170001.jpg

そっか、801が落成したら赤電が12両になるんだなぁ…
すれ違いとかもさせられるんだなぁ~~~~~

HI3F0018.jpg
そしてここんとこ、このヤード界隈をどぉにかしたいなあ…と方眼紙と睨めっこ中でつ

405F 試運転!!

昨夜は早速カメラカーとして蘇った405Fの試運転を行ないました。
走りとしてはまったく問題なし。昨日も書きましたがペーパー車2両に1Mは程よいです。
ラビットスタートも無しで調子いいですね。

画像のノイズもブラス車体の時より減っているようです。トンネル内では仕方がないとこもありますが…。
集電状態も良いようです。

ただ…問題は…S2CLとのシンクロですわ…
加速率・速度設定等調整用つまみも多いのですが…根本的に線路への電圧の強弱がだいぶ
コントロールを左右するようです。一定の電圧をかけているつもりでしたがそぉでもないようです。
編成でぐいぐい走らせている時はそれほど気にならなかったんですけどねぇ…
どうやらGWの作業は車両工作・ホーム部の抜本的ヤード線形変更ではなく、一定の電圧供給が一番の工事になりそう……

集電能力は劣ってないと思うので、やはり供給の方でしょうねえ。
フィーダの位置の見直しや、ポイントの位置も関与してくるのかもしれません。
地上ホーム周りの線路配置を、土台からやり直そうかと考えていたのですけどね…
それより全体の見直しが先決になってしまいました…

とはいうものの、車載カメラの映像はいいものですよ!!


画像:カメラカー405Fと2000Nの位置関係はこんな感じ。
P1010707.jpg
それが映像になりますと、こういう風に見えてきます。
P1010706.jpg


405Fをカメラカーに仕立てる

昨日の記事にありますように、本当に寒い日曜日でした。
こんなに寒いと、ぐっと工作に気が向きます。

本日はカメラカーの工作です。
まず1254に搭載していたカメラを外します。405Fは木製屋根ですがカメラは当たらないから大丈夫。
P1010696.jpg

405Fの406側にカメラを仕込みます。405の床板には過去にパワトラを搭載していたこん跡で
穴がぽっかり空いていますので、こちらにパワトラを仕込みました。
P1010697.jpgP1010704.jpg
新しいパワトラも昔の(二十うん年?)パワトラと構造は変わってないんですな。
昔のはもっとラビットスタートだった気がしますが…ギア比かなんか見直したのかしら…わからん。
ま、ペーパー車体2両に1Mは程よい感じですね。
勾配では厳しいかもしれませんが当鉄道本線は勾配0なのでヨシと。

パワトラはご存知のように単独でもぴゅんぴゅん動いちゃうシステムですがポイントやらギャップで
ピタンと止まることもございますな、今回はフクシマの集電シューを用いて全軸集電を試しました。
道具があるって便利ですね。時間は結構費やしましたがうまく行ったようです。

それと、ついでに密連も交換しました。カメラカーは今後基本的に他の車両と併結することもないので
引っ込み方がリアルなダミー密連にしました。

P1010700.jpgP1010702.jpg
本当は連結可の密連が付いてる各車ももっと引っ込ませたいのですが…
そこまではちょっと手が回っていません。連結面は狭いに越した事はありませぬ。


手前の406で405を映し出したのが、正面モニターに映っていますが、
ノイズも机上ではほぼ出ないようです…こいつがレイアウト上でどんくらいノイズをだすのかは未知数…
今日、試せればいいのだけどね。
P1010699.jpg


試運転がうまく行ったならいよいよ「運転席展望動画」を撮影したいですね。リアルサウンド音と共に

なによりね、この405Fは完全に休車状態だったんですよ…。
拙としては学生時代にすんごい一生懸命作った車両。他の車両と組むと脱線ばかりで…だだっこちゃんなんだけど
なんとか活かしたくてヤードの片隅に休車のように見せて置いてみたり。とにかく箱から出してあげていたくて。

なので今回の「抜擢」は、拙自身も「良かったね、活路があって」て気持ちでいっぱい。
出来はもうこんなんですけど、それだってその時の技量(今もかわらんか…)による出来だもの、
手を入れずそのままアニバーサリィ的な「想い」で現存させています。
なんかさ、そのときその時で想い出ってあるじゃない
だからあえてリニューアルはせず(出来ないしね)下回りのメンテくらいに留めていますの。
あ~かぎ外しは苦労したなぁ、とか、サッシはよくも紙から切り出したもんだなぁ、とか
当時からこだわりの抵抗器の「テーパー表現」してみたりブレーキ装置に色付けたり、ね。

なので……ずっと一緒さ

気分転換~405F~

今日は当鉄道に現存する(走行に耐えうる)唯一のペーパーキット組車両を持ち出してみたさ。
拙の前後の世代の方々ならきっと数点は手になさったり組んだりしたことのある、かのロコモデル謹製。

なぜか西武411系キット(2両編成ね)を購入したんだなぁ~~、特にすぐ組もうと思わなかったけど。
そしたら、いみじくも購入後、まるで「ソレ」にしなさいな、といわんばかりに『401系』が登場。
よ~~しとばかり、少々の改造をしつつ組んだのでした。
ロコモデルの特徴のアルミサッシの窓セルへの印刷表現はどうしてもいやだったので
ペーパーで切り出してます。よくもまぁやったもんですな(笑)。桟、結構細く切れましたよ

とはいえ後のブラス421F同様、ろくな工具もありませんでしたけど…。

で。
もう30年近くなわけですよ。こいつにも421F同様ドア靴摺を付けようかと出したのですが
その前に目に入ったのは、まぁこれもかねてから気にしてはいたのだけど…クーラー。
こいつは替えないわけにゃいかないですよねえ。見ての通りですでにボッコボコのガタガタ…
P1030336.jpgP1030345.jpg

今はTOMIXから造型も色も値段もグッドのAU-75Gが発売されていますものね。
901用のついでにこちらもたっぷり買い占めたのでさっそくちょこんと載せてみました。
P1030342.jpgP1030348.jpg

ペーパーですからボディの塗りなおしやら手直しはちょっと出来ないし、それよりも「あの当時の出来」
を保存しておくという意味では、むしろ手をあまり掛けないほうが、とも思っています。
あの貧乏学生時代もこの車両を見つめていると想い出せますよ、それもまた一興ですな

ま、そもそも「良くしよう」というほどいまだって技量はありませんしね。
なのでせめて「良く見える」ように、クーラーをパキッとしたものに替えたのでした。

これ、案外生きます!
明日早速走らせてみましょうか。


ちなみに…明日はレイアウト用の土台作り(スタイロフォーム切削/塗装)を職人さんと行います。

気分転換~421F~

今日は年賀状作成もせねばならなかったので工作室ではなくPC前で出来るようなことを。


これが学生時代の初ブラスキット組形式。
当時、お金がなかったからか売ってなかったのか、ドア靴摺りがついてませぬ。
何度も「付けてあげなきゃ」と気にはなってて…ずっとそのまま弐十うん年

901に付けるついでに、401以外にも取り付いていない車両がたーーくさんあるので最近買い貯めてた。
今夜はその「試し付け」も兼ねて、この車両を箱から出しました。
P1030285.jpgP1030287.jpg

使うのはKSさんの#923で、網無しのW1300用のクツズリ。
所定の位置につけりゃいいじゃんと安易に思ってましたがハマらない。

あ、塗膜の分クツズリを削んなきゃいけないかな?
国立車両工場長さまがおっしゃってたのはこのこと??

油目のヤスリで慎重にドア幅にはまるようコリコリ削り、ゴム系接着剤で取り付け。
P1030290.jpgP1030288.jpg

おおおおお~~~~
ほんのワンポイントですが、こりゃーーー画竜点睛とまではいかなくても
ずいぶん「しまる」もんですね。軽工作でだいぶよくなりましたわ。いやいやいや、いいもんだ
やっとドアらしくなったかも(汗)

金属工作に気が向かない時はこんな作業もいいものですね
がむしゃらに『作らなきゃ!!』てなっちゃうと、気持ちが逆にぶれちゃうかもしれないし(拙だけ?)
P1030333.jpg

ドリルはまだ届かないし、インテリアもやんなきゃだけど…たまに「黄色」拝んでないといけませんな。
床下器具、へんな角度だな、気づかなかった。この辺も修正しておこうか、この際。

それともストックの別形式でもちょっと組んじゃおうか……




09/19 501友の会番外編?(3代目)

拙も例の501系友の会に、エントリーさせて頂いているわけですが
拙の場合例外的に完成品での参加、でございまして。
けどデフォルト参加じゃぁあまりに芸が無いなので、いくつか変化をつけようと……
夕べ、ちょこっといじりました。


例によって、車輪は以前から塗ってはあったのですが、
P1020102.jpg
短時間で拙に出来る施しと言えば、バカの一つ覚えではありますがよごしでございます。
当鉄道の西武のブレーキ装置の赤&緑挿しは、401系の頃から標準です。目立つしね。
P1020105.jpgP1020111.jpg

よごし、ちょっと強いかなと思いましたが線路の上だとそんなに目立たないべと思い
この線でいいかな、と。だめだったらやり直せばいい。
床下器具全体もほとんど黒に近いグレーだったので塗り直しとかの芸当が出来ない拙は
ガンメタルとシルバーのパウダーで撫でてからベージュをかぶせてみましたが…

あとは、床下一番の特徴である「主抵抗器」ですな。
ユートレの101Nにも入線早々施しましたが、もう少し機器を下げようと考えています。
多少オーバースケールになっても、ここは主張しといてもいい機器ですからね。


で、線路においてみると…
P1020113.jpg
ギンギラ車輪ではないのでシックに、そして据わってる感がありますな。メッキのままだと
501(401も101もですけど)等はスカート装着車ではないので尚更模型チックに見えちゃう。
今後もこの工事は時間を見てちょっとずつ進めていこうと思います。

施工前と施工後の違いは、こんな感じ。
P1020125.jpg

全車輌にやってしまうと新旧取り混ぜ感がなくなっちゃうので
全検出場直後の(つまり完成品まんまの^^;)編成もよちろん残します。

例えば、E851でも、4本のうちE854だけは車輪だけ塗って、あとはよごさない、みたいな、ね^^
初期製品(E852 9/14記事参照)は既によごしいれてますが、
こいつにさらに「さび色」追加しましたが…わっかるかなぁ~……

TS390359.jpg



知る人ぞ知るナンバリング

昨日入線した西武701系2両にナンバリングをしました。
(411系もやってなかったんでついでに)
西武ではおなじみのナンバリングでして、所有の701黄色も101の6連も「ソレ」です^^

では、どうぞ~~^^
P1000459.jpg

P1000462.jpg


本当は701系の余りを使おうと思ったのですが、経年劣化?保存不良?で、まったく使えず。
やむなく、411系のをなんとか転用したのだ~~^^;
復活させるにはドライヤーであっためれば…いいのかしら……

P1000463.jpg

西武701系「赤」塗装!

当鉄道には以前より西武701系4連(赤/非冷房車)と411系が在籍しとりますが
この度、弟の「武蔵野車両工場」(たったいま勝手に名づけてみた^^;)から
701系中間車2両(ペーパー自作!!)が入線しました。
701系赤の6両固定編成は実際には存在しませんが何故かすご~く自然」でしょ?
P1000456.jpg


当時の西武の車両担当の人たちも
「ちょっと4両じゃ足りないしいちいち411くっつけるのもめんどいから6両固定も組んじゃう?」
てなノリでやっていそうな感じじゃありませんか!^^
これで411と合わせて8両編成だし、351のでこぼこ感(それも当時の西武の「味」でしたが)はなく
サイドビューも揃いました。色合いは微妙に違いますが、かえって「新造増備」な感じで良いです。

やっぱり彼は大したもんだ。
そんな彼の製作記は↓こちらから。
西武701系 製作記


え? 車番はどうなるって? 747Fですからね、決まってるじゃぁないですか!!

P1000448.jpg

P1000449.jpg

P1000450.jpg
前のページ

FC2Ad

まとめ