16番ゲージも走らせないと!

 ~ROOM502 不定期日報

【動画】キハ110 100番台レイアウト走行シーン。

KATO キハ110 200番台の記事が出てきてますので…
前も云ってますけど…敢えての200 100番台の走行シーンを
動画にしてみました。

よろしかったら、どうぞ〜〜〜^^;




そして届いてます。KATO「スマートコントローラー」^^



発注しときました、て昨日の記事に書きましたが
翌日(6/11AM)に届いちゃったので
30近い予約投稿記事より優先させて、載せちゃいますね。
0609 223 11

KATO 22-019 スマートコントローラー(2A) 2018年リリース品
KATO 22-083 HO用ACアダプター(出力2.1A DC17V) とかです。

ステレオイヤホンやカーナビ他Bluetooth製品の初回コネクティングってのは
ちょっとした設定が絡みますが…
0611 22019 1
コントロールアプリは事前にapp storeから、
ほぼサブ機になってるiPhone5sにインストールしておいたんですけど
サウンドボックスとスマコンをセットして、アプリ起動しといて
電源ONしたら……


なんの手動設定もなく、
あっさりアプリがスマコンとサウンドボックスを認識!

0611 22019 3

レイアウトでの検証は1ヶ月後ってことになっちゃいますが
手元のフレキシブルレールx5本フロアに敷いてみての動力車検証では…
土日苦労させられた(てか悩んだ末なんも改善せずだったけど)動作の不完全さは、
このミニマムのシチュエーションに於いてですけど、完動。
ドアチャイムも、制動音も、走り出しのタイミング(慣れは必要)も。
さすがサウンドボックスに合わせて設計しただけありますね、親和性はバッチリ。
0611 22019 2
アナログ派にとって、とても楽でステキなディバイスですね!

TOMIX NS2CLは、放出…だなww
ワイヤレスコントローラーは、Nレイアウトの方で使おう^^
(Nレイアウトもバラしちゃおうかどうしようかって考えてたり…)

そうそう。この「スマコン」取説にもはっきり書いてました。
上の画像にもちらっと見えてますけど、拡大すると↓この通りの文言。
0611 22019 4

(自社の製品の)「KM1とは繋ぐな!」と^^;

あぶねえ〜〜〜!
サウンドボックス、壊れてしまう前でよかったです^^;
繋いでいて、そこそこ音も鳴ってそこそこ走ってたら
電子的知識0のあたくしなんざ、「なんだ、使えるじゃん」て使ってただろうて…。
考えるとコワい

まず取説読むってのは、大事よね^^;
土日悩んでいたアンサーが、あっさりココにあるんだもの^^;

22019.jpg
ちなみに…iPad airでもアプリ使えます。
スマホサイズの操作より、画面広い分速度微調整(スマホよりは)とか扱いやすいかもです。

※スマコン+サウンドボックス 動作確認動力車
tomix モハネ582+583 停車時点灯OK 走行感OK
tomix モハ454(室内灯装備無し) 動力車単体〜走行ヨシ
tomix E231-0 7連   停車時点灯OK 走行感OK
tomix 233-2000 4連 停車時点灯はするが…vol上げてくとブレーカー作動
   〃   動力車単体〜停車時点灯ヨシ 走行ヨシ
ここで考えられることは…動力車は必要ないとのことで入れてませんが
223トレーラーの室内灯だけは「ちらつき軽減チップコンデンサ」を入れてる、て事。

20171DEC.jpg
(+と-に渡してる、ちっこい茶色いのがソレ)

コンデンサを仕込んでない他形式ではどれも動作するので、それを鑑みると…
どうやらチップコンデンサが災ってるのかもしれない、と
いくら電気的知識が無いあたくしでも…気づきます。。。。

全軸集電でレール状態も良ければ、
223より後の加工のE231等では、このコンデンサ仕込みを省略してても
ちらつかない事が現認出来てるんで…
223トレーラーのこのコンデンサを外してみましょうか。

また、ご報告しますね^^;
(けど…KATOのショップサイトではなんちゃらキャンセラーてのも売ってたり…)

6/9-10 KATO サウンドボックス〜レイアウトでの検証



今回の走行会wでのメインEVENTは、
やっぱKATOサウンドボックスのレイアウトでの検証ですよねえ。

マンションに持ってきていたコントローラが
KATOのstandard Sだったんで、サウンドボックス繋げて
さぁ16番223-2000 4両を試走…と思ったのですが
Sのアンペア容量が足りなすぎ(多分)でブレーカー作動〜赤ランプ点灯_| ̄|○
特にこの、223-2000は電気的なギミックもアリだから消費電流大きめか。。。
(後に…223室内灯に問題があるのでは…と見当をつけ始めた自分…)

0609 223 20

実家レイアウトの現時点の制御方法は、下の画像の如くですが
4本中3本分が、KATO KM1(容量2Aで余裕)x2(=4A)+KC1x3で1本がtomix のワイヤレス。
KC1x3で3本を4Aで個別運転しても支障はありません。
そしてこのワイヤレスコントローラーは、確かにコントロール位置に縛られず
ソッチコッチ持ち歩いてスロットル動かせるので便利は便利になった。
過去記事でも利点を述べていますしね。

0609 231 26

けどね、このワイヤレスコントローラー、使っていきますと…
ブラス編成(8〜10両)では気にならなかったのですが…
プラ車で、2モーター+全車LED室内灯装備編成(7〜8両)だと
スケールスピード手前ぐらいで「頭打ち」になっちゃうことが判明してます。

動かせないことはないけれど、出力1.2Aで16番電車編成1本動かすに余裕が無い。
「電車編成」と記したのは、TOMIX ED75+10系+14ハ座では問題なかったから。

0610 Controller 1


サウンドボックス接続最初の検証は…KM1+KC1。
が…スロットルとサウンドが「あまりにも同調しない」ことが判明しました。
電源供給は2A以上ありますので容量的には足りてますが、
なんか相性良くない。。ブレーカーも走り出す前に落ちる。。
サウンドボックスに別途ACアダプターで電源供給してても、です。

WEBで調べましたら、同じKATOなのに「故障の原因になる」と。

なんだべ、それ…

初期のPWM制御だから??
電気の事は全く無知なもんで……
そぉいえば庄龍さんに訊きました時も、
「庄龍LED室内灯はKC1とは合わない」とおっしゃってた。。。
ハイパーDXでは問題ない、と。
室内灯にちらつき軽減コンデンサ挟めてても、と。

0609 223 22

ここは…
今の時代のパワーパックに替える時期かな、と。
なんせKM/KCは20年位前の設計。
だってね、サウンドボックスの音ファンクションで、
standard Sにつなげたときはちゃんと鳴ってた「ドアチャイム」は鳴らないし
「力行」もまともにシンクロしない始末…同じKATOなのにね。

0603 14PC 30

TOMIXワイヤレスコントローラーにサウンドボックス繋いで試すことも想定してたので
追加でケーブルを購入して、TOMIX⇔KATOを切りつないだのを作っといたんだけど…
ケーブル取り回しは楽になったけど、実はこれも「動作が大変不安定」に陥りました。

0609 223 21
いろいろ配線取り回しチェックとかしましたが間違ってない…
てことで残念ながら
KATO自ら「使うな」と言ってるKM/KCとの組み合わせは不可、
TOMIXワイヤレスコントローラーとの相性もよろしくない、という結論。
(あくまでうちのレイアウトサイズでの検証です。各所電圧降下もあるでしょうし)

てことで悩んで面白くない思いするよりも、と6/10に
サウンドボックス作動させるに一番相性がよさげな
KATO スマートコントローラ(容量2Aだし)を1セット発注しておきました。
レイアウトでの動作テストは7月の帰省時。


スマートコントローラー来たら、
KM1/KC1はスペックがかなり古いですが、
サウンドボックス咬ませなきゃ従来どおりなんら問題なく動かせるので
KM1/KC1はエンドレス2本分に充てがい、
1本はスマートコントローラー+サウンドボックスにしてみましょう。
そして、TOMIXワイヤレスコントローラーを
KATOハイパーDX(2A〜未購入だけど)に替えましょう。

0609 231 2

TOMIXの制御器の方が良い、という御仁も多く居られますが
16番での1エンドレス1.2Aではどうもチカラ不足なのです。

サウンドボックスをうまく使っていきたいし
パワーパックもある程度刷新してくには追加投資も必要…
とゆうことで、過剰装備となってるTOMIX NS2CLを売りに出しましょう。
生産終了品で、修理用の部品も無いみたいですが、
需要はあるようですから買い叩かれることはないでしょう^^

次の「各論」…スハネ16編。


0526 suhane16 1

こいつはスロ62の時より、屋根パーツに時間掛けました。
掛けたというかやり直しが生じたというか、ですな…
昔の自分の「せい」で(笑)。

ちなみに…このスハネ16屋根の銀もグレーに落ち着かせます。
0526 suhane16 2
わざと逆光にしてますが、ベンチレーターの並びが不揃いなのが先ず気になる…

ま。昔の自分なんですけどね…

ふたつのパーツを組み合わせて1つにするのですが…
"最近の自分"は少なからず「分かって」るのでスロ62では失敗してませんが
こいつでは見事に逆に使ってまして…浮いちゃったり斜めったり…
0526 suhane16 3

↓左がもともと、右のが修正取付後。
0526 suhane16 4
0526 suhane16 5
9ケ修正……手間喰ったぁ〜〜_| ̄|○

屋根着色はスロ62と同じような工程ですのでスキップしますが
じっくり乾燥させてる間に、AU14ルーバーに墨入れしたり。
クーラーキセは実車写真でもそぉなのですが、少し目立たせたかったので
ねずみ1号ではなく意図的に元色とし、代わりにがっつりつや消しクリアを吹きました。
0526 suhane16 7

このスハネでは、
屋根をねずみ1号+つや消し(アクリル)クリアで落ち着かせた後、
ハーフベンチレーターを取り付けし、ベンチレーターやクーラーからの
"水流れの跡"を表現してみました。
0526 suhane16 8
ちょっと暗いですね。


ウェザリングした下回りとボディ、組み上げ〜。
0526 suhane16 11
ベンチレーター側。

クーラー側。
0526 suhane16 12

TR50/60系統の台車と違い、TR47はウェザリングも割と目立つ台車。
てことで、デッキ周りも含めて、錆色を強調して現役感だしてみました。
0526 suhane16 10


2連あるトイレ窓のホワイト。
特急寝台ならばどちらもホワイト、でしょうけれど
なんせ改造車。実際エンドに近い側しか白くない車両がスハネは多見されるので
敢えて1窓だけ施してみました。
0526 suhane16 13
こぉなると……
B寝台車もう1両有ってもいいなぁ、なんて思っちゃいます。
客車地獄にハマりそう……


月曜日は通常は休載日としているんですけど、
UP予約投稿があぶれちゃってるもんで…
明日はレイアウトでのサウンドボックスのことを……

223系 難易度高い前面ドア窓への編成表示シール貼り……



RMMさんの作例では、触れていませんでしたが…
作例ではしっかり貼っつけております前面ドアガラスの編成表示シール。

0527 223 V30 1
ちっちゃくてやりづらそうで…無くてもわかんねーべぇ〜と思いつつ
その窓パーツだけ外せたのでやるしかね〜かぁ、と。

切り出して少し大きめのテープで位置決め〜貼り。
0527 223 V30 2
入れ隅部きっちりに貼らなきゃなので、爪楊枝を用いて根気良く弱めにコリコリ。


まぁ予備も入っていたので「失敗前提」なのでしょうね^^;
一発で決めたい!と進めましたが、なんとかキメれたかな。
0527 223 V30 3

貼って無きゃ貼ってないでわからなそうなシールなんですけど…
知ってしまえば「やらなきゃ」だし…
まぁ、そぉじゃなくても妻面の表記類は一切施さないあたくしですので
(連結してたら見えないもん)、お面だけでも手を入れなきゃですよね

で、次は「お遊び」ですけど、実は案外映える加工を。
これは、RMM作例でもやっていません。

運転士乗務です。しかも指差し確認喚呼中の!(笑)
KATO ブルトレ乗務員(デッドストックだった)のを流用ですが、まぁいいじゃない。
0527 223 1

ついでですが、関西系では割と見受ける「指導運転士添乗」というか
「見習いさん添乗」なのか、そのお姿も仕込んでみました。
窓が大きい223だからこそ効果あり!て処。
0527 223 3

おお。これはイイ^^
あと、室内灯が灯るわけですので、夜間走行で支障のないように
実車でもおやりになってる運転士さん後ろのカーテンね。
言わなきゃわかんないけど、前から見ると案外効果あります。
0527 223 2


運転士さん……
ずっと喚呼してます^^;
0527 223 4

え〜っと、銀ドアハンドルとワイパーはすごく取付け易かったです。
ランナーから離す時だけ注意だね。自分はニッパーではなくデザインナイフで
すぅ…とスライドして離しました。
マスコンブロックのJRシールは位置決めが難しかったですが…
まぁ、貼れました。治具作ってないので多分4両とも違う位置になるのでしょう(笑)。


223…次は……
今後の工程で、工作スキル上、大きいメリットとなることを発見したので、そのことを。


下回りが共通項とすれば…次は「各論」…オロネ10編。



下回りウェザリングは共通項で記述済。
上回りの施しは各々「手の加え度」に差があるので^^;、
まずは、あっさり目のオロネ10から。

スロ62はクリアの半光沢を吹いたのですが
10系列のオロネは、クルマで言えば?フラッグシップ形式。
屋根はシンプル過ぎて面白みに欠けるんですが、ボディはきれいに見せたい。

0526 orone10 1
てことで、こちらはMr.SUPER CLEARの「光沢」を使いました。

10系の前の段でも書きましたが
やっぱクリアはアクリル系の方が元色の発色というか、深みが出る気がします。

いわゆる水で貼る「デカール」は16番ではそうそう使わないので(てか、すげー苦手)、
水性TOP COATじゃなくてアクリルでいいかな、と。ウチの標準仕様としては。
0526 orone10 2

そう。いずれ455や583にも吹いていきたいもんで^^

屋根は、共通項でちらっと触れましたが、
色は吹き直しせず、その代わり思いっきりつや消し仕様としてます。
ボディはツヤツヤですけど、屋根のつや消しと下回りのウェザリングで
車両全体は現役感が醸せる、と思うのであります^^
0526 orone10 3

例によって、トイレ部にはハセガワのホワイトフィニッシュを裏から。
製品仕様ではこの白の表現は無いですからね、軽い個性盛り。
登場時は「すりガラス」だったようなのでこういう仕様にしたのかな?

マカボニー単色では濃淡出ないので、各車ウェザリングマスターで色添え。
台車ブレーキシューの辺りとか、台車や床下器具の下半分とか…
各車でその挿し方を変えると表情も違って見える、かと。。。。
0526 orone10 4
挿し方の加減で経年の差が現せるようで、面白いです。


一番手を入れたスハネ16も写ってますね




西武2000系 "ブツ4 "


0506 BUTSU4 2

実物ではおそらく「無い」シーンかと思いますが
(まぁ…そもそも2411Fツートンてのが存在しないわけですけど^^;)
模型ではこんな編成もできちゃいます。

0506 BUTSU4 1

2411Fは基本的に「付属編成」と割り切っているので
動力は仕込んでいません。
2001Fや、今回の新2000 2コテの動力にぶら下がりです。
平坦なレイアウトですので、10両2動力でも全く支障なし、ですな。

0506 BUTSU4 4

ブツ4となると本線というイメージではなくなりますが…
4パンタですし、こいつはこいつで絵になりますね。
過去には新宿線とかで401+401+401というブツ6(付属編成まとめて回送、みたいな)も
走っていたということですし…
0506 BUTSU4 6

向きは逆だったりしますけど…
なんたって2411Fにテールの装備がないもので…
いつだって「先頭」についてヘッドライトモード^^;

0506 BUTSU4 3

構内にて。
黄色電車が集うシーン。
0506 34

どーでもいいことでしょうけど、
追って2001F本線走行シーンも載せときたいなと思ってます。
もう少しお付き合いくださいませm(__)m

しばらく放置だった223系に手を加える。


今月のゾロ目記事は珍しく223系。
223系をいじるのはひっさしぶりでございます。
RMMさんの記事「さまさま」でございます。
それと、KATOのサウンドカード(223系)ですね。

今週末の実家での独り走行会では223系を走らせたい!と思いましてね。
せっかくSOUND BOXを手にしたのだし^^
0525 1

バラして…前面方向幕とか差し替えばいいのですが
庄龍さん室内灯仕込み以降、いわゆるユーザー取付パーツとかやってませんでした。
購入した頃から行先は決めては居たんですけどね、やらなかった自分。
スロ62じゃないけど、どうせバラすならバラした時に出来ることしたい。

てことで、とりあえずどんなものかと先頭となるクモハ1両だけ、やってみました。
ああ、しかも、前面だけ、です。側面やナンバリングは走ってりゃわかんないんで
いずれまたまとめて………(いつなんだろう)。

まずは、おでこ。
RMMさんの記事をガン見しつつ加工しましたw
0527 223 ODEKO 1
デフォは「姫路」行きになっていますが、当区の『ならわし』として
上り方面と下り方面はそれぞれ向かう行先にしています。

上り方は馴染みも有る「米原」もアリだったのだけど、ありきたりなので
ぐっとローカル色が濃くなる方面〜近江塩津行きにしたいな、と。
近江塩津行き設定にすれば4両だけでの運用も実際あるんじゃないっけか、と。
0527 223 ODEKO 2

RMMさんの作例では別パーツにステッカーを貼って仕立てられる、とありますが
運行番号にこだわりないし、「新快速」もそのまま使いたかったので
「姫路」だけ#1000ペーパー(割り箸先に貼っつけてる〜重宝してます〜これもRMM)で
貼る面斜めに削ってしまわないように少しずつしごいていくと…
予想通り、簡単にそこだけ透明プリズムになります。

運行番号にこだわらないお方なら、この手抜き手法(笑)でいんじゃない??
なんせ工数が1/3になるのだから^^
0527 223 ODEKO 4
作例と同様、黒ペン(相変わらずガンダムマーカーGM10)で漏光軽減。
あたくしは、導光プリズムも塗っておきました(屋根上に透けぬよう念の為、です^^;)。

いったんマウントして点灯試験。
0527 223 ODEKO 6
ちょっと中央寄りが暗いですがデフォもそぉなので「仕様だな」と気にしないことに。


平日の記事なのになんかオデコごときに長くなっちゃいました(〜続く〜)。



なにせ西武の本数が一番あるもので…m(_ _)m



GWに走らせました編成、まだALL UP出来てませんで…
黄色い西武電車はほぼ皆走らせたので、
こいつも載せとかないとゴネるかも…(笑)
0506 32

101N 4両編成239F。
ユートレさんの無塗装生地完品を特価で(記憶では…安かった)購入したものです。
あのめんどくさい屋根配管までプロ仕様で完了しているので
あとは、まぁ…当工場で塗装するだけ、というシロモノでした。

まぁ、手がかかってないっちゃぁかかってないです。
掛けてない、というか…
0505 seibu 18
生地完でしたので、電装も無ければ運転室仕切りすら無いです…
(パーツはあるのに…)
あ、でもこの編成の押しは「スカート付き」てことですねえ^^

運転の前に、こいつも同様にMPシステム他車軸車輪磨きを行い、
車輪は外側から銀メッキが見えぬよう、こちらもリム?まで塗りました。

同じくユートレ(過日もご紹介)のブツ2 101N。
リアルタイムでツートンに慣れ親しんだ世代なもので、こちらはツートン。
(てか、上記239Fは…塗り分けが面倒だったからイエローにしたに他ならない^^;)

0505 seibu 53
101Nのブツ2ツートン時代は短かったかもですが…
やっぱツートンが良いよね。
京急や小田急のようなインパクトのある色使いではない地味な新色でしたが…

0505 seibu 54

西武は「2コテ」設定多いですよね。他民鉄と比較すれば。
まぁ…他の大手民鉄は乗車人口が早々に急激に増えたから過渡的な2コテは
必要とされなかったのではないか、とも思ったりしますが…
'80年代ですら、西武新宿発急行でありながら2+4。
しかも2両は小平切り離しで拝島行き(いまや10両〜需要に見合ってるかは知らないけれど)
なんてやってた位ですから……。


ブツ2といえば……


TOMIX 10系客車4形式 まとめて作業

0526 10pc 6

オユ10の上回り/下回りにウェザリング等作業はしました。
おとといまでの記事で、スロ62の加工作業も記しましたね。

てことで、今回の土日(5/26〜27)作業は4両まとめての作業としました。
土曜日が「完全に晴れる」という予報を聴いたもので^^

0526 10pc 7
オユ10以外の下回りは艶のある黒(樹脂色そのまま〜)のまま、です。
オユ10で「上手くいった」と思い込んでいるやり方をこいつらにも踏襲します。

経年はかなりですが…離型剤は頑固なはずなので
下回りは台車ばらして、中性洗剤と歯ブラシでガシガシ油脂落としし、
拭き取り後天日乾燥し、塗装ベース(AMAZONのダンボールw)に固定し
愛用の「染めQミッチャクロンマルチ」スプレーで何度か重ね吹きし、乾燥。
0526 10pc 10
ここはもう、がっつり乾燥させて食いつかせました。


乾ききって、指先で触って「多少滑りが悪くなってること(いい意味で)」を確認してから
こちらも愛用のサーフェーサーマカボニー色でスプレー。
0526 10pc 16
下回りなので、まんべんなくということではなく、
多少地色(黒)が残ってても、かえって現役感は出るということをOJTで学んだので
気楽に。

サーフェーサーマカボニーは、サーフェーサーといえどもまだ艶は残ります。
ウチでは面積の小さいN車両では目立ちもしないのでやりませんでしたが、
16番車両に於いては、さらにつや消しスプレーを吹き重ねて、完全に艶を落としています。
0526 10pc 18
このつや消し作業はロネの屋根にも施したかったので、このときにロネの屋根も固定。
つや消しスプレーも、水性ではなくアクリル系の「Mr.SUPER CLEAR」を用いています。
水性といわれる「TOP COAT」より、どうやら粒子が細かく、仕上がりがイイと思ったり。


この工程で、殆ど艶はない状態まで持っていけます。
0526 10pc 19

それぞれの吹付け後の「乾燥に要している数時間」は
各形式の屋根パーツへの施しや、ボディのクリア吹き等を別場所で
並行して行っています。
ボディは1両1両クリアのノリ具合見ながら塗面をくるくる回しながらやるので
まとめ吹きはしていません。
0526 10pc 20

ボディのクリア吹き以外にも、忘れちゃならねえ…「車輪」も塗ってます。
N車のギンギラメッキ車輪は、ちっちぇえので黒染液を多用してましたけど…
下回りがマカボニー色ですのに車輪が「黒」では見た目ちょっと浮きます。。。

DC110やコキ他のグレー車輪ではガンダムマーカーGM12を用いてましたが
ガンダムマーカーに錆色系というか、は、無いし
ペン塗りの気軽さを覚えちゃうと…ビン塗料で筆塗りってのもかったるい………

はい。
なにを使ったでしょうか!!ww
0526 10pc 25



まぁ…もったいぶっても仕方ない話ですが、
tomixの錆色ペンアソートを使おう、と。
先般、レールに塗ってそのノリと効果を確認していたわけですが
これもガンダムマーカーと同じくアルコール成分だからなのか、
メッキ車輪にプライマー下塗りせずとも、はじかず、ノッてくれるんですねえ。

こんなに楽なことはない(こんなに嬉しいことはない〜byアムロ・レイ)」。

0525 7

いちいちマスキングして好みの錆色で吹いていく…という根気は
全くございませんもので……剥がれたら塗ればいいさ。
走らせるんだもの、いずれ剥がれるんだし(笑)

火曜以降、各形式の工程について、記してみますm(_ _)m
案外、個性が出せました^^
(私見)


前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ